講演会

2017.06.06
神川明彦さん講演会の報告
6月4日に今年度の第1回講演会を行いました。
講師としてお招きしたのは、明治大学附属明治高等学校・中学校サッカー部総監督の神川明彦さんです。

今回は「大学サッカーと自分の可能性を発見し、これからの活動に還元する」という目的のもと『大学サッカーの可能性について』というテーマでご講演していただきました。

神川総監督は、明治大学、ユニバーシアード代表、J3・グルージャ盛岡の監督を歴任され、明治大学の監督を務めておられる時は、長友選手や室屋選手など多くのプロ選手を輩出してこられました。

私が印象に残ったのは、「勝つ組織・集団は『個々の強みを活かす組織』でチーム全員に役割や責任があり、『誰一人として欠けてはいけない』」という箇所です。これが「一体感の可能性」という今年の関学サッカー部の目的につながると感じ、部員一人ひとりがこのことを自覚して行動していく必要があると思いました。
また、大学サッカーの魅力や可能性については、「大学サッカーは、入学と卒業があり、来年、同じチームで試合をすることはない。だから、毎日を大切にする必要がある」と話されていました。リーグ戦やIリーグが1試合ずつ終わっていく中、私も限られた大学サッカーの時間を大切にし、毎日活動していきたいと改めて感じることができました。

最後になりましたが、お忙しい中、素晴らしい講演をしていただいた神川明彦総監督に感謝申し上げます。ありがとうございました。
4回生 川田立希
講演会 講演会
Copyright(c) 関西学院大学体育会サッカー部 All Rights Reserved.