お知らせ

2013.12.12
第4回 木鶏会の報告
 12月8日、今年最後の木鶏会が行われました。
 9月から始まり、今回で4回目となった木鶏会ですが12月号の致知では「活路を見出す」ということを主題として取り上げていました。
 また今回から、グループに同じ学年が偏らないように考慮してグループ分けも行いました。やはり回数を重ねる毎に、みんな深く考えることができていて、良い意見の交換ができていたように思います。たとえ、グループ内で同じテーマを読んだ人がいても、違った考えをお互いに出し合い、そこでまた新しい観点から、その話について考えることができました。
 インカレを控えている今、私たちに何ができるのかを1人1人しっかりと考えて行動することが大切です。手登根さんの言葉の中にもあった「失敗しようが行動しないと活路は開けない」と言うように、自分が正しいと信じてやろうとしたことは途中でやめてはいけないのです。活路を見出すことができれば、結果もついてくるはずです。
 来年も1人1人が成長できる時間となるように取り組んでいきたいと思います。
第4回 第4回
Copyright(c) 関西学院大学体育会サッカー部 All Rights Reserved.