お知らせ

2014.02.03
第6回 木鶏会の報告
 今回で第6回目となる木鶏会ですが、前回から致知係りが司会進行を務めています。普段することのない司会を経験することで、人前で堂々と話すことができるように、また会を仕切る難しさを知り、人間力向上につなげていく為に行っています。
 さて、2月号の致知は『一意専心』という特集が組まれていました。この言葉は、『ひたすら一つのことに集中して取り組む』という意味です。部員の誰もが幼少期からサッカーを続けているので、今回の特集は個人自らの経験と照らし合わせ、そこから得られることも多かったのではと思います。その中でひとつのことに取り組み、成功を収めた方々の経験や知恵から学ぶことも多く、特に囲碁名人と将棋名人の方の対談はその道一筋で生きてきた方にしか得ることができない誇りや新しい価値観を感じることができました。
 新チームとしての始動が近づいている今、私たち一人一人が『一意専心』の気持ちでサッカーに取り組むことは個人そしてチームにとっても重要なことだと思います。今シーズンを占うこの時期にしっかりと共通意識を持ち、誰もが日本一という目標の為に取り組んでいきます。
第6回 第6回
Copyright(c) 関西学院大学体育会サッカー部 All Rights Reserved.