お知らせ

2015.1.11
第16回 木鶏会の報告
 1月10日に第16回木鶏会が行われました。テーマは「堅忍不抜」です。

 「どんな大成功の陰にも逆境に打ち勝つ苦労があり、いかに激しい情熱を傾けようと勝利を確実にするためには、時に絶望と闘わなければならない」という言葉のように自分の成長は他人や他の物事からもたらされるものではなく自らが掴み取りにいくものが重要であると実感しました。そして今回、今までの木鶏会の構成を変更し、新たに致知のテーマをサッカー部と関連させてサッカー部にどのように還元するかグループで討論しました。それぞれの部員がこれからのサッカー部のあり方や自身がサッカー部に貢献するにはどうあるべきか見つめ直す機会になったと思います。
 昨年、競技面で大きな飛躍を遂げました。これから多くの困難が立ちはだかるかと思いますが、木鶏会の目的の一つである大学サッカーを代表する集団、人間になるためにも人間力の向上を部員全員で継続して行いたいと思います。
3回生 荒井拓海
第16回
Copyright(c) 関西学院大学体育会サッカー部 All Rights Reserved.