お知らせ

2016.12.08
第39回 木鶏会の報告
 12/4に第39回木鶏会が行われました。
 今回のテーマは「人を育てる」でした。
 痛みを伴ってでも課題を解決させることを選手に徹底し、結果を出した人の話を読んで、課題を与えて育ててくれる人に対しては主体的に向き合うことを忘れてはいけないと学びました。
 木鶏会についても同じことが言えます。39回目を迎えて分かったのは、自分自身を成長させようとする主体性の大切さです。チームの活動として行っている木鶏会ですが、そこで何を得るのか、なぜ参加するのかはそれぞれがまず考えることです。自分と向き合い、考える力そのものが人間力と言えるのではないでしょうか。
 今回で今年の木鶏会は終了になりますが、これまでの積み重ねが正しかったと証明するために、残りの期間もチーム全員で闘っていきます。
4回生 築坂裕太
第39回 第39回
Copyright(c) 関西学院大学体育会サッカー部 All Rights Reserved.