お知らせ

2017.06.28
第44回 木鶏会の報告
 6/23に第44回木鶏会が行われました。
 6月のテーマは「寧静致遠」でした。その意味は、穏やかな心で誠実な努力を積み重ねなければ、遠くの目的地に達することは出来ないということです。
 今月の木鶏会ではこれまでとは少し異なり、事前に指定された推薦記事を読むのではなく、自らが推薦記事を決めることに試みました。感想発表の際に用いられる記事が、以前より多種多様なため、これまでより幅の広い考え方や価値観を共有することが出来ました。木鶏会はサッカー部の目標・目的達成に欠かすことが出来ない要素の一つです。目標を定めた際に、少しでも早く近づきたい、達成したいという欲求から、過程において理に合わないことを行動しがちです。しかしそのような時こそ、今月のテーマの意味が示すように、自らの足元を見つめ直し小さなことの積み重ねを大事にしていく重要性を再認識することが出来ました。
 また人生において目標・目的を持ち続けていくことは必要不可欠です。例え現状の自分では達成が困難なラインに立っていたとしても、私は可能性を信じて一歩一歩前に進んで行こうと思います。
2回生 早川大登
第44回 第44回
Copyright(c) 関西学院大学体育会サッカー部 All Rights Reserved.