お知らせ

2017.09.24
第46回 木鶏会の報告
 9/16に第46回木鶏会が行われました。
 今回のテーマは「閃き」でした。
 閃きとは新しいアイデアが降りてくる瞬間です。閃きのきっかけは、とにかく考え続けることから始まります。「アイデアが浮かばないとすれば、それは熱意が足りないことにほかならない」と記事にあった、まさにその通りだと思いました。
 私は関学サッカー部で、多くの閃きに出会ってきました。この組織の価値観に挙げられている学生の主体性が部員一人一人の考える力を養い、閃きへと繋がっていると感じています。チームは前期が終わり、思うような結果が出ない苦しい状況にあります。こういう時にこそ、部員一人一人が熱意を持って、組織への貢献を考え続ける必要があると思います。
4回生 小川原一輝
第46回 第46回
Copyright(c) 関西学院大学体育会サッカー部 All Rights Reserved.