部員ブログ

2018-12-15
いつも通り(藤田大輝)

この4年間はあっという間だった。入部2週間でCチームからBチームに上がれたこと、2回生の春にサイドバックにコンバートされたこと、リーグデビューがほぼノーアップだったこと、人生初の長期離脱に数々の体調不良。全てが最近のことに感じるほど、あっという間だった。

そうこうしているうちに、大学サッカーも残すところ、あと1週間で終わってしまう。

この少ない残りの期間で、自分は何ができるだろうか。それはいつも通りを貫くことだけだ。周りが少しでも楽になれるようにその分、自分が苦しいことをする。これが自分にとってのいつも通りであり、同時にこれまで関学サッカー部で実践してきたものだ。今までの、マイペースで自分のペースを乱さないという性格に加え、自分の状況や感情よりも周りの要求に優先して応える。そうして自分をコントロールできるようになった。

面倒臭いと思うような頼み事も嫌がらず引き受ける、何されても嫌な顔しない、周りが楽できるよう自分の体力を削ってドリブルでボールを運ぶ、悠樹に囮に使われるとわかっていながら、オーバーラップをする。誰でもできるがしたくないプレーの積み重ねで、自分より勝利に直接的な貢献ができる人の余力を残し、チームを勝利に導いてもらう。それが自分にできることである。樹のようにチームを引っ張ったり、克哉のように得点を決めてチームを勝たせたりすることに比べると、ちっぽけかもしれない。しかし、貢献度の問題ではなく、関学サッカー部のために何ができるかを考え、行動することが大事だと思う。

このチームを勝たせたいというより、このチームで勝ちたい。そのために遂に 始まったインカレでもいつも通り自分らしくプレーする。そして必ず日本一を獲る。

男子チーム4回生 藤田大輝

2018-12-14
最後のチャンス(妻鹿寛史)

私は高校時代を、島根の立正大学淞南高校で過ごした。お世辞にもとても素晴らしい3年間だったとは言えない。1、2年の頃は試合に出られず、常に応援の日々を過ごし、「妻鹿くんにキーパーはできない」とまで監督に言われ、フィールドプレイヤーをしていた時期もあった。

精神的に幼かった私は、「フィールドができる。ゴールを決められる。」と喜んでいた。紅白戦でFWとして出場し、ボレーシュートを決めたことは、今でも忘れられない。今、考えればただのバカでしかない。

2年生の冬の選手権に負けて、当時の3年生が引退し、新チームが始動した。もちろん、私はAチームでスタートできるわけもなく、1番下のチームだった。そこからなんとか這い上がり、3年生ではトップチームの試合に出続けることができた。

当時の私は、関学サッカー部に入るどころか、高校でサッカーを辞めようと考えていた。そのため、進路希望表は全て指定校で提出していた。しかし、同期の仲間が関学のセレクションを受けることになったので、それにくっつくように私もセレクションを受けに行った。
その時は、地元に帰省できるし、ついでに大学のサッカーのレベル見てきたろ、という程度に考えていた。

しかし結果は、本命で狙っていた仲間は落ち、あろうことか、私が受かってしまったのだ。こうして私は関学サッカー部に入部することができた。

入部してからは、B→C2→C1→B2→B1→A→B1→Aという波乱の4年間を送って来た。カテゴリーが上がった時は、日頃の練習が評価されたというより(そういう面ももちろんあるのだろうが)、怪我人が出て、その穴埋めで上がるか、ダービーで上がるかのどちらかしかなかった。強運の持ち主なのか、と自分でも思うぐらい運良く進んできた。

4回生になり、卒業後はプロになりたいと思っている。最初は、自分は運が良いからなんとかプロにもなれるだろうと考えていた。しかし、プロはそんなに甘い世界ではなかった。運だけで生きてきた私は、本当にちっぽけな人間だと思い知らされた。もっと早く現実と向き合い、自分に矢印を向けていれば、この段階でプロが決まっていたかもしれない、違う形の幸運が転がってきたかもしれない、と後悔している。

ただ、幸運なことにまだ後悔を取り返せるチャンスが残っている。

今シーズン、関学は全員の力でインカレ出場権を獲得できた。インカレでは後悔するつもりはない。そしていつも必死に応援してくれている人に恩返したい。

今まで、ミスをしても負けてもやってくることができたのは、どんな時もみんなが応援してくれたからだ。どんな時でも声をかけて支えてくれ、時には厳しい指摘もしてくれた。本当にみんなには感謝している。

インカレはそんな最高の仲間と一緒に戦える最後の舞台だ。みんながいてくれるだけで、負ける気がしない。インカレは、思い出作りでも運任せでもなく、今まで支えてくれた全ての人に、日本一という最高の結果で恩返しをする。そのために死ぬ気で戦う。

関学全員の力で必ず日本一を獲る。

男子チーム4回生 妻鹿寛史

2018-12-13
ただ、ありがとうを伝えたくて(石井佑樹)

通算4回目の部員ブログ。何を書こうか、非常に迷ったが、最後にこの場を借りて同期のみんなに感謝の気持ちを伝えたい。少々お付き合いください。

まずは萌実、いけやん、彩、莉沙、ゆか、つーちゃん、苦しい1年もみんなの力で乗り越えての1部昇格、ありがとう。女子チームの明るさとサッカーに対するひたむきさで、男子チームにサッカーの楽しさを思い出させてくれてありがとう!

好光、3年間学連での仕事お疲れ様。学連の方々が運営してくださって初めて、僕たちは大好きなサッカーをすることが出来ています。特にこの1年身に染みて実感しました。関学の代表として引き受けてくれてありがとう!

夢、テニス一筋の子がサッカーの世界に挑戦するなんてどんだけ凄いねん。夢の行動力とコミュニケーション能力は尊敬してる。関学サッカー部に入部してくれてありがとう!

いつき、あなたほど仕事に対して完璧な女性は見たことがない。困ったときはいつも助けてくれたな。ありがとう!

うえら、今年1年一緒に同じカテゴリーでサポートできて良かった。いつも助けてもらってたわ。ありがとう!うえらの勝利へのこだわりには驚かされた。最後一緒に喜ぼう。

健人、幸大、2年間コンダクターとしてCチームを率いてくれてありがとう。2人がいたからCチームの存在は偉大だったし、いつも刺激を貰えていた。ありがとう!

安木、竜一、薫、ヨネ、レイ、駿斗、この1年C2、C3を引っ張ってくれたことに感謝してる。ありがとう。みんなが後輩を巻き込んだからこそ、素晴らしいチームになったと思う。ありがとう!

えーき、陸、祐輔、宇野、Bチームの中で数少ない4回生がこのメンバーで良かった。4人がいつもBチームのことを考え、より良くする為に努力している姿に感銘を受けた。しんどい時期もみんなの底力で乗り越えてくれてありがとう!

皓大、ヒョグン、悠太、涼、マンちゃん、ノブ、学生サッカーの可能性を示してくれてありがとう!あの勢いは、4回の雰囲気が生み出したもの。いつもC1の試合、楽しませてもらってた。ありがとう!

ウツ、ダイ、彦太、ツカ、妻鹿、華典、克哉、泰志、瑠、みんながAチームに欠かせない存在。いつも大きな責任とプレッシャーが付き纏い、そんな中でも、サッカーに対して熱く、楽しく、時にふざけ、みんなとしんどい時も嬉しい時もこの1年全ての瞬間を共有出来て本当に良かった。ありがとう!ラスト4回生の底力見せてやろう。

潤也、ナジ、まさか大学でも一緒にプレー出来るなんて思わなかった。昔と変わらず頼ってくる感じが俺は嬉しかった。ありがとう!最後一緒に日本一獲ろう。

裕豪、今年のAチームに1番欠かせない存在やったと俺は思ってる。どんな時も一切手を抜いているとこを見たことがない。裕豪がいたからチームはここまで来れた。本当にありがとう!最後一緒に嬉し泣きしよう。

詢、高校から7年間漫才出来て、あ、サッカーが出来てめっちゃ楽しかった。主務になる決断も受け入れてくれたことが嬉しかったし、俺の勘違いかもしれんけど、いつも俺の為にサッカー頑張っているのが伝わってきた。嬉しかったで。ありがとう!

たつき、4年間ありがとう!たつきがキャプテンで俺が主務を出来て本当に良かった。真剣な話もふざけた話も全てたつきにはしたと思う。どんなにしんどくても自主練するし、他を犠牲にしてまでもチームのことを考える姿勢を見て、俺はお前を支えたいと思った。それが少しでもたつきの力になれていたのなら、俺は幸せです。これまでの努力が最後、実を結ぶことを願っています。

タカ、7年間ありがとう!高3から毎日LINEしてるな。ほぼ彼女やん。笑笑
タカの存在はみんなにとっても、俺にとっても大きかった。タカが怪我でチームを離れた時は正直不安しかなかった。それでも、毎日ふざけたLINEで元気をもらったし、相談にも全て乗ってくれた。本当に感謝しかありません。
俺が主務になる決断が出来たのも、タカの存在が1番大きかった。今年チームをサポートするという立場で一緒に活動出来て、めっちゃ幸せでした。公式戦で勝っても一切タカを抱きしめに行ってないけど、最後駒場で抱きしめさせてくれ!

同期44人と一緒にサッカーが出来て俺は最高の4年間を過ごせた。心の底からありがとう。

感謝しかないけど、もう一つ最後俺のわがままを叶えさせてください。
「日本一のチームの主務にしてください。」

さあ、行くぞ。インカレ。待ってろ駒場。

男子チーム4回生主務 石井佑樹

2018-12-12
愛する関学サッカー部様へ(藤本裕豪)

ついこの間、部員ブログで大学生活を振り返ったが、今の想いを伝えてほしいとのことなので、正直に思いを書く。

いよいよ、無我夢中で走り続けたサッカー人生が、終わりを迎えようとしている。

しかし、この1年は辛いことばかりだった。

やっとの思いでトップチームにあがり、最上回生にもなり、今年こそはトップチームで活躍してやる。そのような思いでシーズンを迎えた。

だが、現状はメンバーに入ったのはリーグ戦2試合、天皇杯1試合のみ。怪我などもあったが、私の実力不足でこのような結果になっている。

この4年間「貢献」というワードを耳にタコができるほど聞き、頭がおかしくなるくらい考え続けた。そして副将になったが、本当に自分がチームに貢献できているのか全く分からなくなった。

シーズンの途中には、Bチームへと落ちていく選手もいた。そんな彼らを間近でみてきて、本当に心が痛く苦しかった。

4回生が公式戦にも出場していない。それなら、下級生がトップチームで経験を積んだ方がいいのではないか。何度も葛藤した。また、Iリーグで活躍するみんなが羨ましくも思えた。

もちろん、このままではいけない。そんなことは分かっていた。

4回生として、副将として、もう一度この関学サッカー部に貢献できることは何か。

私にできるのは、やはり関学サッカー部の勝利のために、自らが行うべきことをやるだけである。関学が勝てばいい。ただそれだけだった。

そのためにやるべきは毎日の練習、毎週の応援、サテ戦を必死に取り組むことだった。出てないやつが必死にやれば、出ているやつの刺激になる。そして、試合出場にも近づく。

この考えが正解かどうかも分からないが、ただ信じて、必死にやるしかなかった。

今年はみんなから、IリーグやKGリーグなどで多くの刺激をもらい、何度も挫けそうになった私を元気付けてくれた。ありがとう。

最後に、同期のみんなへ。
4回生のみんなには、1番感謝している。本当にありがとう。だからこそ、みんなで笑って終わろう。みんなで、必ず日本一になろう。

もう少しだけ力を貸してください。
がんばろう。

男子チーム4回生 藤本裕豪

2018-12-11
原動力(海口彦太)

  遂に、明日が第4フィールドでの最後の練習になった。みんなと夢中になってボールを追いかけた日々が無くなるのは、正直辛い。あのグラウンドまでの、狭くて険しい山道を登るのも最後だと思うと少し名残惜しい。(いや、もう登りたくない)

「関学に来て良かった。関学サッカー部に入って良かった。」

4年間を振り返ってみると、素直にこう思う。なぜなら、常にサッカーに対して本気な同期の存在が隣にあったからだ。特に今年は、IリーグやKGリーグ、女子リーグから刺激を受けたのは勿論の事、日々の生活から自分はまだまだ甘いと触発され続けた。自分の時間を割いて、チームの為に夜遅くまで仕事をする同期の姿や、自分の置かれた立場がどんな状況であってもチームの為に声を出し闘う同期の姿、そのような同期の存在が、自分にとっての大きな原動力であった。

そしてそんな最高な同期とサッカーをするのは多くても残り4試合しかない。ランテストから始まった同期との関わりが、ここまで深いものになるとは思いもしなかった。学年ミーティングやコンダクターミーティング、理念決めなどを通して色々な事を話し合い、時には衝突して、試行錯誤を繰り返して進んだ日々はかけがえのない大切なものになった。

そのかけがえのない時間を最高の形で終わらす為、そして今度は自分がみんなの原動力になる為に全力を尽くす。

以前の学年ミーティングで、みんなの前で言い放った「日本一になりたいじゃなくて、なる。」最後にこの言葉を自分のゴールで回収しに行こうと思う。

男子チーム4回生 海口彦太

1 / 212
Copyright(c) 関西学院大学体育会サッカー部 All Rights Reserved.