部員ブログ

2019-4-10
大学サッカー×仲間(宅野海里)

サッカーを続けてきたことで、多くの人と出会うことが出来た。
これまで色々な出会いがあった中でも、大学サッカーでの出会いは自分の人生にとって一番大きな財産になると思う。
個性溢れる仲間との出会いで、視野や考える幅が広がったと感じている。
中学時代の恩師に、「人との出会いを大切に」と言われたことの意味がはっきりと分かった。

関学サッカー部に入って、仲間と共に過ごす中で、自分の人生についてたくさん考えさせてもらった。
ここで話すにはあまりにも多くの出来事があり、挫折があり、涙があった。
「なんで俺は大学でサッカーをしてるんだ?」
「なんのためにこんな苦しい思いをしてるんだ?」
悩み、苦しんだ。

大好きだったサッカーが嫌いになった。
試合に出られない、メンバーに選ばれない。自分はまだまだなのかと思う一方で、心のどこかで自分以外のところに原因を探している、そんな自分も嫌になった。
人生で初めてサッカーを嫌いになったことで、自分の人生について考える事が出来た。「サッカーがなくなったら何が残るんだ?」今まで考えもしなかった問いに直面し、自分には何もないことに気づいた。
しかし、ここで、関学サッカー部に入って初めて良かったと思えた。
ここには、何もなかった何かを創り出せる環境があり、仲間がいる。自分と同じような境遇でも頑張っている仲間や、こんな自分を助けてくれる仲間がいる。本当に良かった。
そして、自分のこれまでや、これからについて考えることで、新しいことにも取り組める。何かを創るには最高の環境だ。

サッカーが嫌いになっていた自分が今、サッカーをしているのは、苦しみながらも頑張り続けた先輩たちの姿や、バカみたいにミーティングして、話し合って、泣いて、笑い合った同期や、下級生なのにチームのこと考えて行動したり、がむしゃらにサッカーをする後輩がいたからである。おかげで大好きなサッカーを辞めずに済んだ。一度は嫌いになったサッカーで、もう一度、本気で日本一になろうと思えた。
サッカー部での活動を全て日本一に繋げるために考え、工夫し、活動してきた。

しかし、今の自分は、直接日本一を目指せる立場にはいない。
将太、悠樹、和希、友樹、英佑、今は任せたぞ。Aが勝たなきゃ意味がない。無責任なことを言ってるのは分かってるけど、今は託し、全力で応援する。それが今の俺に出来ることで、それしか方法はないから。
自分の情けなさに腹が立つけど、待っててな、俺も必ず這い上がってみせる。

人生には大きな決断をする時が何度かある。
1つの大きな決断である大学を関学にして良かった。
サッカー部での3年間で最高の先輩や同期、後輩に出会い、成長出来た。これからの人生においても欠かす事が出来ない経験が出来た。みんなありがとう。

シーズンが始まってまず1勝。
全員で最後に笑って終わろう。
なるぞ、日本一。

男子チーム4回生 宅野海里

Copyright(c) 関西学院大学体育会サッカー部 All Rights Reserved.