部員ブログ

2019-9-15
がむしゃらに(竹村健汰)

私は関西学院大学に入学してから4ヶ月が経ったが、「日本一になる」という目標を立てたチームのレベルの高さをとても感じている。それはサッカーは勿論、サッカー以外の所でも感じている。

私は去年まで近江高校に在籍していた。近江高校は私たちが一年生の時に学校の強化指定クラブになった。強化されるということで今までいた先輩達は辞めていき、入学時に先輩は4人で同学年には60人ほどいたので、一年生主体のチームとなり色々なことを経験させてもらい、一年生の時にはキャプテン、二年生と三年生時には副キャプテンを務めてさせてもらっていた。そのこともあり色々なことを考えて三年間を過ごしていた。先輩がほとんどいないため、一年生がよくある先輩についていくだけということはなかった。だから、考えることには慣れているつもりだったが、その考える質が違った。
私は小学生、中学生、高校生とサッカーをしてきて、高校生の時、全国大会に出場したことはあるが「日本一になる」という目標を立てたことがなかったしあまり考えたことがなかった。

しかし今、本気で日本一を目指すチームの一員として活動している。そして、このチームは日本一を目指すだけの実力、チーム力があると思う。なぜなら、一人一人が自分の仕事を持ちチームのために動いているからだ。学年や試合に出ているか出ていないかは関係ない。それは「同じ感情を同じ熱量で抱きたいから」という所にあると思う。では、そこで自分に何が出来るかを考えると、正直まだチームをより良くするための新しい具体的なアイデアなどは見つかっていないし、チーム全体を動かすことも出来ていない。だからこそ、今自分に出来ること精一杯して、がむしゃらにサッカーをしていき、その姿を先輩達に見せる。そして「一回生でもなかなかやるな」と思わせて危機感を与えてチームの士気を高めることが一回生に出来ることだと考える。だからピッチ外ではやれることはやるが、いい意味で先輩についていき、ピッチ内では一回生にしか出来ないことを表現していきたい。

男子チーム 1回生 竹村健汰

2019-9-13
再挑戦(落合亮太)

今回ブログを書くにあたって何を書くか正直迷ったが、私がなぜ大学でサッカーを続けているのかということについて述べていく。拙い文章ではありますが、私の「再挑戦」について是非最後まで読んで頂けたら幸いです。

私は高等部から大学に上がる際、最初は部活に入るつもりはなかった。大学ではサークルでサッカーをして他の事に力を入れようと正直考えていた。しかし、その考えが高校の冬の選手権で一瞬にして変わった。冬の選手権ではベンチ入りしたものの、決勝までは一試合も出場出来ずベンチから戦う事になった。正直、それまでの人生で一番悔しかった。しかし、決勝の滝川第二高校との試合で途中交代で出場し、喜んだのはつかの間。試合は延長戦を迎え、対角から私の元へ飛んできたボールを相手の10番がトラップして僕の股とキーパーの股を抜いて決められて負けてしまい、私の高校生活のサッカーが終わってしまった。今までの人生でこれほど悔しいと思った瞬間はなかった。そして、自分のせいで負けたということを考えれば考えるほどみんなに顔を向けることが出来なかった。その時、この悔しさを大学で忘れずに本気でサッカーに取り組むと覚悟を決めた。そして、今の私がいる。

大学に入学して2回目の夏を迎え約一年半が経とうとしている。今私はあの時の悔しさを胸にサッカーに取り組めているか。その答えは「No」だ。まだまだ、自分に甘く何かあると言い訳にして逃げている部分がある。日頃の練習に対して、こなしているだけの自分がいる。このままではあの時の悔しさを持って大学サッカーに挑戦した意味が無いと思う。もっと、一日一日サッカーに対して深く考えることが必要である。高校サッカーから比べると考える機会がとても増えたのは事実であり、周りの選手から良い影響を受けることもとても多い。しかし、その影響は良い影響だけではなくもちろん悪い影響というものもある。私は現在C2チームに所属している。一番下のチームである私たちがサッカーについて常に考えて、刺激しあって上のチームに良い影響を与えることで関学サッカー部の底上げにもなり日本一のチームに繋がる大事な部分であると思う。それこそ、私たちが出来る貢献であると考える。

大学サッカーも残り2年半となった今、C2という立場でありどのようにサッカーに取り組むかが大事になっている。私は自分の最大の欠点がメンタルの弱さだと自覚している。大事な試合においても、緊張でダメになってしまう。まずはこの課題を克服するため日頃の練習から自信をつけていく必要がある。そのために残りの大学サッカーにおいて常に考えてサッカーに取り組み人間としても選手としても成長し、大学サッカーに本気で取り組み続け、「再挑戦」を果たしたいと考える。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

男子チーム 2回生 落合亮太

2019-9-10
これからの大学生活を送るにあたって(玉置裕一郎)

僕は小学1年生の時から今まで、サッカーを通して生きてきた。その中で、1つ大切にしていることがあって、これからも大切にしていこうと思っていることがある。それは、「今、出来ることを全力ですること」だ。これは、僕が小学生の時に所属していたチームの監督がよく言っていた言葉である。物事に取り組むにあたって大前提のことだと思うが、それが何よりも大切なことだと感じる。常に全力で取り組むことで自分の課題が見つかり、その課題に全力で取り組む。この繰り返しを積み重ねることによって人は少しずつ成長していくのだと思う。そしてそれによって大きな結果として伴えばそれはそれでいいと思う。もしそれで目標を達成できなかったり、いい結果が出なかったとしても続けること自体に意味があるのだと思う。

「今、出来ることを全力ですること」が大切だと述べた。しかし、何か目標があるからこそ、そこに向かって全力で取り組むことができるし、「自分はどうなりたいか」を明確にすることが何よりも大切であると思う。そこを見失ってはいけない。僕は、自分のためにサッカーをしている。決して人のためにサッカーをしているわけではない。自分のためにサッカーをして、その結果、関学サッカー部の「日本一」にC2という立場から貢献することが出来ればいいなと思っている。

もうすぐ大学に入ってから2回目の夏が終わる。ここまであっという間だった。それは大学生活がとても充実しているからだと思う。でも、もっともっと成長したい。いろんな人の話を聞いて、物事に対する考え方などを学んで自分のものにしていきたい。僕はまだまだ考えが狭く浅いし、考える量や質が低い。もっと広く深い考え方が出来れば、もっと成長出来ると思うし「なりたい自分」に近づくことが出来ると思う。口で言うことは簡単だ。もう一度自分の行動を見直して、自分に厳しくしていきたい。いい結果が出なくても頑張り続けることに意味があると述べた。でも、やはり目に見える結果で示したいし、結果にこだわりたい。「なりたい自分」になりたいと思う。サッカー面・サッカー以外の面の全てにおいても同じことが言える。自分のために頑張りたい。この先どうなるかは誰にも分からない。自分次第だと思う。だから、今出来ることに全力で取り組んでその積み重ねによって成長し、いい結果を出すことが出来ればいいなと思う。そして、その結果によって今までサッカーを続けさせてくれた両親や、今まで関わった人たちに恩返しが出来るようにしたいと思う。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

男子チーム 2回生 玉置裕一郎

2019-9-6
僕の大学サッカー(北村万宙)

二回の北村です。
今回僕はこの部員ブログになんで大学でもサッカーをやろうと思ったのかを書かせて頂きたいと思います。

僕は双子なのですが、その双子の弟が母にサッカーをやりたいと言って、じゃあ一緒にやりなと僕もついでに始めさせられました。小学生5年ぐらいでした。
その後中学、高校とサッカーをなんとなく続けてきました。別にそこまで本気だったわけでも無いのですが、普通に考えて、今までいろんな物を犠牲にしてサッカーに時間を費やしてきたのに、辞めたらもったいないと思っていました。

それは大学に入る時も同じでした。サッカーを続けるのが前提で大学を選びました。ただ、大学のサッカーはなんとなくで続けるほどそんなに甘くないと親や顧問の先生、友達など様々な人に言われました。なのでとても不安を感じていました。しかしその反面で、どうせなら中学や高校の時に全く手の届かなかった全国レベルのプレイヤー達と一緒にやってみたいという期待もありました。

今僕はこの関西学院大学のサッカー部に入り、サッカーを続けていますが、正直周りのレベルに全然ついていけず、日々の練習でもついていくのがやっとでとても刺激を受けています。しかし、後悔は全くしていません。むしろこの環境で出来ることを嬉しく思います。いつか、「お前は大学じゃ通用しないよ。」と言った友達を見返せるような選手になりたいです。以上です。ありがとうございました。

余談ですが、双子のもう片方は全く似ていません。背も10センチほど僕より高いです。

男子チーム 2回生 北村万宙

2019-9-4
置かれた場所で咲く(太田晃輔)

大学サッカーに挑戦してから2年半が過ぎた今、これまでの経験からその時の考えや心情を踏まえてどのように考えが変わったのか書いていこうと思う。

1年目。指定校推薦で入学した私は、ランテストに合格してC2チームからスタートした。徐々にカテゴリーを上げてもらい、夏以降はbチームで活動した。B2チームでIリーグ、関西の決勝トーナメント、BチームとしてIリーグ全国大会、さらにはIリーグ全国優勝まで経験させてもらい、凄く学びが多かった。Iリーグ全国では、グループリーグ3試合は出場なし、準決勝だけフル出場、決勝戦はベンチ外でスタンドから見ていた。人生で初めて全国優勝を経験した。先輩方や試合に絡んでいた同期などは涙を流しながら、喜んでいた。しかし、私は全く喜ぶことが出来ず、悔しさや自分はスタンドで何をしているんだろうという気持ちが自分の感情を埋め尽くしていた。他のカテゴリーの人達や学校の友達からも「おめでとう」などの祝福の言葉をかけてもらったが、素直に受け入れることは出来なかった。

しかし、大会期間中に同部屋のある先輩からの言葉に救われ、気持ちを元に戻し、この悔しさを自分のこれからの原動力に変えてくれた。その言葉を紹介する。
「『置かれた場所で咲きなさい』という本があります。私はこの本に色んな時に助けられました。怪我や試合に出られず、扱いが酷いと感じる時もあると思います。しかし、絶対に腐ってはいけません。腐るとこれまでの努力が水の泡になります。自分自身、腐らずやってきたつもりです。それでも、今思うと、もっと必死になっていればよかったと思う時があります。晃輔は、素直な心を持っていると思います。その心を忘れず、置かれた場所で咲いてください。これまでありがとう。」
この先輩は今一番チームのために考えてくれて、動いてくれている。その時はこの先輩が選手を辞めると決意し、この言葉を書いてくれたことを思うとこの先輩が日々必死にプレーしている姿を思い出した。このままじゃだめだ、もっとやらないといけないと心を突き動かされた。

2年目。この1年間はBチームで活動した。春先、Aチームに上げてもらったが1週間で落とされた。さらに、夏に足首の靭帯を4本も切ってしまう怪我もしてしまった。このような小さな挫折を経験しながら、年間を通して私はB2チームでIリーグを戦った。チームとしてIリーグ全国大会“連覇”を目標に掲げながら、関西のグループリーグさえも突破することが出来ずに目標達成とはならなかった。その後は地獄の走りや厳しい練習の日々だった。

3年目。やっとの思いでAチームで活動させてもらっている。プレシーズンでは、練習試合でもスタメンで使ってもらうことは一度もなく、今年もリーグ戦に出場するのは厳しいと感じた時もあった。自分の実力の無さをわかっていながら、自分以外のせいにして、言い訳をして、自分以外に理由も求めていた。この期間に色々考えた。そこでこの組織でよく耳にする「自分にベクトルを向ける」、「周りを変えるのではなく、自分を変える」という言葉を実践すべきだと考えるようになった。これまでは、人のせいや自分のせいでなければいいやと思って、やっていた部分があったように感じられる。これこそが成長の妨げとなっていた。このことに気づいてからは、試合で使ってもらえないのなら、使わざるを得ないくらい結果を出そうと自分に目を向けることができた。このような思いで練習に取り組んでいたことで神様がチャンスを下さったと思っている。神様は努力している者にチャンスを与えるとよく言うが、神様が見てくれているというよりはその努力している姿を1番見ているのは他でもない自分自身である。だからこそ、自分に自信が生まれ、結果を出せるようになるのではないかと思っている。そして、リーグ戦や天皇杯、関西選手権など多くの試合に出させてもらった。しかし、求めていた結果を出すことが出来なかった。私が試合に出させてもらうようになってから、失点が増えるたびに「お前が出たら、また失点する」、「また勝てないな」など言われることもあり、もの凄く悔しい上にそれだけ自分の実力がないことに対して、本当に情けなかった。大事な試合で負けたのはすべて私のせいである。リーグ戦も天皇杯も関西選手権も。応援してくれている人達には、本当に申し訳ないと思っている。

神様は乗り越えられない試練は与えない。そのようにして、これまでの結果を通して自分達が強くなるために、成長するためのきっかけを与えてくれている。これらの負けがあったからこそ、日本一になれたと言えるようにやっていかなければならない。これまでのサッカー人生や大学サッカーを振り返ってみても、その9.9割は辛く苦しいことで残りの0.1割で結果が出て喜びや幸せを感じる瞬間だったと感じている。関学サッカー部は日本一を目指している。そのために日本一を目指す過程でそのほとんどがきつく、辛いことであっても日本一を目指す覚悟を持っているだろうか。やり続ける意思を持っているだろうか。これからも自問自答していく必要があるし、部員全員がその覚悟を持つべきであると思っている。

まずは日本一になるためにすべきことをやる。そして、Iリーグ全国で感じた思いをしないでいいように、日本一になった時に私は必ずピッチに立っている。

部員ブログを書く機会を与えていただきありがとうございます。上手くまとまらなかったので、長くなってしまいました。最後まで読んでくださってありがとうございます。

男子チーム 3回生 太田晃輔

1 / 212
Copyright(c) 関西学院大学体育会サッカー部 All Rights Reserved.