部員ブログ

2019-11-18
私の夢(上野弘成)

私の夢はプロサッカー選手になることである。両親の影響で5歳からサッカーを始めた私は、幼いながらにその夢を抱いていた。
小学校低学年の頃、サッカーがどんどん上手くなっていくのが楽しくて仕方なかった。芦屋という小さな街だったこともあり、試合に出ると、たいがい点を決めていた。プロには自然になれると思っていた。でも、4年生の時にヴィッセル神戸のスーパークラスに入り、自分より上手い奴がたくさんいる事を知った。6年時には、兵庫県トレセンから落ちた。
中学では西宮SSに入り、3年時のクラブユースでは関西大会に出場した。でも船越大夢、木村勇大、林幹太が所属するヴィッセル神戸U-15に負けるなどして、1分2敗で予選敗退。兵庫県トレセンに選ばれたが、そこでも目立った結果は出せなかった。
高校は兄の後を追い、福知山成美高校に進学した。3年間全国大会を目指してきたが、1番近づいた2年時の選手権では、山田剛綺が所属する京都橘高校に2-5でボコボコにされ、ベスト4で終わった。3年時はキャプテンを務めたにも関わらず、選手権直前に怪我。チーム自体も3回戦敗退。優勝したのは、倉貫直人が率いる東山高校だった。

こんな感じで、私のサッカー人生では目立った結果が出せず、しかも今年推薦組として入部した選手に負け続けてきた。だからそいつらが揃ってこの関学に入学してくると知った時、一緒にサッカーを出来るのが楽しみで仕方なかった。
そしてこの時、私は改めて夢についてちゃんと考えた。今まではなんとなくで、いつか結果を出せば叶うと思っていたけど、気づいたらあと4年しかない。だから今まで以上にがむしゃらに、必死に努力しなければいけないと。

しかし入部して半年が経った今、私は1番下のC2チームで活動している。学生リーグはおろか、Iリーグにも出場していない。入部してすぐにB派遣のチャンスを頂いたけど、怪我でそのチャンスを無駄にした。そこから4ヶ月間、怪我人としての日々が続いた。すごく悔しかった。自分が怪我をしている間に、推薦組や、一緒に入部した一般組の同期がどんどん活躍していく。ピッチで戦う同期を見て、勝ってほしいと思う一方、見れば見るほど「俺は今何をしてるんやろ」と思い、焦り、自分が嫌になる時もあった。
それでも、リハビリ組で一緒に活動する意識の高い先輩たちの姿に感化され、地道にトレーニングを積み、現在復帰している。

そんな私は今、何一つこのチームで結果を残せていない。このチームの中盤の選手は凄い人ばかりで、プロに行くような人もいる。 BやCの中盤の選手も高い技術があり、それぞれが長所を持っている。その中で、今C2の私がこれからAに上がって結果を残し、その先プロサッカー選手になれるなんて誰も思っていないだろう。
それでも夢を叶えたいのは、もちろん私が何よりサッカーが好きなのもあるが、今まで支えてくれた人たちに恩返しをしたいからである。小・中・高のコーチや先生、友達やサッカーを通じてお世話になった人たち。そして何より両親。4人兄弟という中で、一人一人がやりたい事を本当に自由にさせてもらってきた。でも、本当はめちゃくちゃ余裕があるわけじゃないし、実際に両親は共働きをしている。そんな中でも、しんどい顔一つ見せず毎日美味しいご飯を作ってくれる。時間があれば試合を見にきてくれる。私の夢を応援してくれる。そんな両親に最高の恩返しをしたい。
口で言うのは簡単だし、実際に取り組む姿勢、努力、日々の意識が足りていないから私は今C2にいる。まだまだ課題は山のようにある。
それでもこれが、私の夢です。

男子チーム 1回生 上野弘成

2019-11-13
充実感(鈴木茜)

中学では陸上部、高校ではハンドボール部に所属していて毎日走って跳んで投げていた。なのに大学でなぜサッカー部のマネージャーをやっているのか。最初は日本一を取りたいからとか、成長したいからとか全く思ってなくて、ただただサッカーに関わりたかった。入部してすぐ、天皇杯のガンバ大阪戦での勝利を目の当たりにして、関学サッカー部は日本一になれるチームなんだと感じて、自分が毎日普通に練習をこなすだけではもったいないと思った。
しかし去年の1年間は自分の存在意義を見出すことが出来なかった。女子の運動部で過ごしてきた自分にとっては、楽しそうに汗をかきながらサッカーをしてる選手を見て羨ましいとさえ思っていた。サッカーに関われてる充実感はあったが、マネージャーとしての充実感や楽しさをあまり感じなかったし、周りに男子しかいなくて自分を出すことも上手く話すことも出来なかった。グラウンドに上がってから下りるまで誰とも話すことがない日もあった。周りと比べちゃって嫌になったり、自分の強みが何なのかも分からなくなったりしたが、サッカーに関わっていけるなら頑張れる自信だけはあった。

今は毎日コーチやコンダクターが真剣に考えてくれたメニューの意図を汲み取って動くことを心がけている。練習がスムーズに進むように、無駄な時間が生まれないように組まれたメニューの中で、自分の仕事の効率が悪いがために次のメニューを遅らせてはいけないしミスをしてはいけない。そういったプレッシャーの中でやれて充実感がとてもある。また、人数が足りない時はビデオや副審を任せてもらうこともあって正直普通に楽しい。

また、今年はIリーグにつくことが出来て選手やコーチ、スタッフの本気を間近で感じることが出来た。PKを外す、雑なパスやクロス、暑いだるい言ってる選手を見るとイライラして不機嫌になってしまう自分がいた。スタッフである自分が不機嫌になることはあまり良くないのかもしれないが、その一方で自分も本気になれてるんだと少し実感した。そして最近思うことがある。それは自分はまだ2回生だから残りあと2年あるという気持ちでは絶対やりたくないということ。自分には残り2年あるとしても誰かにとってはラストイヤーであってラストチャンスだし、自分はまだ来年もあるなんて甘い考えを持ちたくない。本気でいま日本一を取りにいきたい。

最後に、家族には本当に感謝している。
いつも陽気でお酒好きだけどしっかり考えてくれている父親。ミーティング終わりの夜12時近くに電話してもちゃんと話を聞いてくれて相談に乗ってくれる母親。サッカーを好きになったきっかけである兄。明確な理由もなくただ関西に行きたかった私を家族はずっとサポートしてくれている。1年に2回ぐらいしか会えないからこそ成長した姿を見せたい。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

男子チーム 2回生 鈴木 茜

2019-11-10
努力は夢中に勝てない(伊佐将吾)

2018年10月13日。昨年度のIリーグ最終節を終えたと同時に、私の15年にも及ぶ長いサッカー人生にも終止符を打った。
サッカーをプレーすることは大学が最後だと考えていた私にとって、残り1年を残してプレイヤーを辞めることなど、到底考えが及ばなかった。

当時オーバートレーニング症候群になった私は、サッカー部を辞めることを想定するほど、この先どうしていくのか葛藤していた。
今までの人生において体感したことのないことだったため、どうすればいいのか分からない状況だった。そんな中でも、一番相談に乗ってくれた吉岡晟弥という男は真のイケメン(顔以外)だと思う。

そして現在に至るわけであるが、私はメディカルという立場で関学サッカー部に所属している。今年から始めた新たな取り組みであり、怪我人の復帰までのプロセスを手助けするトレーナーのようなものである。
はじめは、というか今もだが、必死だった。何の知識もない。テーピングも巻けない。ろくにトレーニングも指導できない。説得力もない。このような人間がメディカルと言えるのかと悩みまくった。
スポーツ推薦で入部したにも関わらず、プレイヤーを辞めたことで、私のことを悪く言う人がいたことも知っている。メディカルへの批判も多かった。なんとかして見返そうと思ったけど、今までそのための手段としても私の中に存在していたサッカーが出来ない以上、私はとても無力な人間だと感じた。

それからは、ただがむしゃらに取り組んできた。大学のトレーナー資格を取得したり、テーピングや練習メニューもほぼ独学で学んだりした。試験期間中に東京まで学びに行くこともあった。気付けば、トレーニング動画をSNSに投稿している。
メディカルになると決断したことも、もちろんこの組織のためにという想いもあったが、それ以上に自分がどうしたいかの意志を優先させたウェイトの方が高い。ただただ、サッカーがなくても自信を持てる自分でありたかったし、自分が後悔せずに大学4年間を終えるために必要なことだと考えた。かなり利己的な奴だと思う。
それでも、同じメディカルの清水拓真を筆頭に、キャプテンの将太、スタッフの実言、早川、陽菜、智也が常に助けてくれた。
折れることなくここまで続けてこれたのは、間違いなくみんなのおかげである。ありがとう。

このブログが投稿される頃には、おそらく残り2ヶ月あるかないかくらいだと思う。
長くなってしまったが、私が伝えたいことは「今を楽しめているか」である。

私は大好きだったサッカーを続けることが出来なくなった。自分のプレーで両親を喜ばせることも出来なければ、ドリブルで相手をいなす快感も味わえない。
竹本のぎこちないビルドアップに苦労することも、ポジショニングが下手くそな晟弥にクロスを上げることもない。緊張でガチガチな英佑を見ながら笑いを堪えてプレーすることもないし、頼りがいがない村西に試合中大声で怒鳴りつけることも、おそらくもうないだろう。ダービーで自分のミスで負けて号泣することなんかは絶対にもうない(神谷嫌い)。
書き出したらキリがないくらいにサッカーを楽しめていた。こんなにも楽しいスポーツを出来なくなったことがなんだか寂しい。

だけど、みんなにはまだサッカーを楽しむだけのチャンスが残されているはず。多くの感情を抱くことができるこのスポーツを、思いっきり楽しめるはずである。
監督やコーチから正当に評価されないかもしれない。自分の思うようなプレーが出来ないかもしれない。それでも、そんなことすらも忘れるほどに、サッカーを夢中になって楽しんでほしい。それが私の願いである。

残された期間、少しでも怪我でサッカーが出来ない選手を減らす。これからも復帰への手助けに尽力していく。見返したいなんて気持ちはどこかへ消えてしまった。それくらい、私は今を楽しんでいる。サッカー部を辞めなくてよかったと思う。

今シーズンが終わり日本一になった時には、全カテゴリーの怪我人を「0」にする。そして、胸を張ってしみちょろ(清水拓真の愛称)とご飯を食べに行くことにしようと思う。

男子チーム 4回生 伊佐将吾

2019-11-8
私の支え(山崎愛)

私は幼稚園の時、好きな男の子がサッカーをしていたからという理由でサッカーを始め、今日まで17年間サッカーを続けてきました。
小・中学校ではひたすらドリブルをするようなチームで男子の中に混ざり日々ボールを触っていました。

高校時代、頭の中はサッカーだらけで辞めるという選択肢はありませんでした。でも一度だけでサッカーを辞めようと思った時期がありました。
それは大学3回生に上がる前。サッカー以外に将来を見据え、他にやりたいことを見つけたから、とその当時は思っていましたが最近色んな人と話していく中であの時辞めたかった一番の理由は、違っていたのかなと思います。
私は、中学でも全国大会を何度か経験し、高校でも毎年全国大会に出場し、私たちの代では初のインターハイにも出場しました。ですが大学では中々結果が出ず、自分の無力感に気づかされ、またチームに対して何も貢献している実感がなく存在価値がない、私の代わりなんていくらでもいると感じ、その環境から逃げようとしていたのだと気づきました。それと同時に、存在価値を見出せるほど私は必死にサッカーやチームに向き合っていなかったことにも気づきました。
それでも親身になって話を聞いてくれた先輩方、必要としてくれた後輩、そして沢山迷惑をかけたのにずっとそばで支えてくれた同期。
私はもっと「今」を大事にしようと思いました。私の周りにはこんなに心強くて素敵な仲間がいる、私はこの人たちのためにもっと頑張ろう、もっと強くなろう、と思い今もサッカー部の活動に励んでいます。個性豊かでしっかりと自分を持っている、真面目で一生懸命で私にはないものをたくさん持っている仲間たちから日々刺激もらっています。この仲間がいてくれたから今もサッカーが出来ている。本当に感謝しかないです。
私は4年間でこんな素敵なメンバーに出逢い、一緒に大好きなサッカーが出来ています。

私は、この仲間のために最後まで全力で闘い抜きます。

女子チーム 4回生 山崎愛

2019-11-6
大器晩成(幸創也)

私は遅咲きだと信じている。現在C2チームに所属している私は、決して満足できる状況ではない。4月入部の同期が着々とステップアップしている中で、入部前に思い描いていた自分とのギャップに日々焦るばかりである。

タイトルの「大器晩成」だが、これは大物になるには時間が掛かるといった意味や、遅咲きの花という意味がある言葉だ。これまでのサッカー人生を振り返ると、早咲きと言える私がこの言葉を口にするのは、確信なのか希望なのか、それは私自身にもわからない。幼い頃からサッカーをしていた私は、小学生の頃、思い通りにプレーが出来ていた。県優勝や年間優秀選手、ナショナルトレセンなどを経験し、このままうまくいくと思っていた。しかし、中学生になり周りとの差が生まれ始めた。体の問題である。そこだけが理由ではないが体格に恵まれなかった私は、中学、高校と自分の思うような活躍や成績を残すことはできなかった。大学サッカーでも一番下のカテゴリーに所属し、公式戦がほとんどない中で、練習試合があっても呼ばれないことは多々ある。そんなうまくいかない現状を打開するために、誰にも負けない何かが必要であると強く感じた。自分のストロングポイントはボールコントロールとアジリティだと考えているが、もっとシンプルで明確なものがある。

それはサッカーが好きだという気持ちだ。

主将の竹本君と1on1ミーティングをしたときに、「昨日の自分よりもうまくなるために努力すること、サッカーがただ純粋に好きだという気持ちが大切だ。」とおっしゃっていた。私はこれまでサッカーを続けてきて、たくさん悔しくて辛い思いをしてきた。小学生の頃に一学年上の試合に呼ばれなかった時、中学三年生になってBチームに落とされた時、インターハイのベンチメンバーから外れた時、残り8分で二点差を追いつかれ、最後の選手権が終わった時、しかし私はどんなときもサッカーが好きだった。より深い戦術理解やチームワーク、個人の力、ハードワークなど様々な能力が求められる大学サッカーだからこそ、サッカーが好きだという強い気持ちでもう一度花を咲かせたい。

男子チーム 1回生 幸創也

1 / 212
Copyright(c) 関西学院大学体育会サッカー部 All Rights Reserved.