部員ブログ

2016-12-11
これ以上ない幸せのために(山内 馨介)

インカレの決勝を初めてこの目で見たのは2年前。負けてしまったが、その時の4回生達の姿を鮮明に覚えている。来年はどうなるのだろう、再来年になった時、こんなにも素晴らしい4回生のようになれているのだろうか、そう思ったのを覚えている。2年連続で駒を進めた去年のインカレ決勝。優勝という素晴らしい形で終わり、当時の4回生の凄まじいパワーを目の当たりにした。そして、自分達の代である今年。待ちに待っていたはずなのに、力が入り過ぎていたのか、目には見えないプレッシャーなのか、はたまたこれが今年の実力なのか、ここにくるまで思うようにはいかなかった。

同じ相手に2度負けて逃した関西選手権。昨年王者にも関わらず出場権すら得られなかった総理大臣杯。関西リーグ制覇もできなかった。

はたして、今の後輩達の目には、現在の自分達はどのような姿として写っているのだろうか。過去の自分が先輩達を見てきたような目で、今の4回生を見てくれているのだろうか。勝てない、今年は弱い、去年がすごかった、そう思っているのではないだろうか。そう考えるたびに焦り、悩んだ。

現時点でBチームとCチームの4回生は公式戦がなく、自分もその中の1人である。自分は4回生になっても公式戦に出る機会は少なく、最後はスタンドで応援という形で終わった。情けないことに、高校時代より最後の試合終了のホイッスルを聞く距離は遠くなってしまった。やり切った、もう後悔はないと思いたかったが、やっぱり悔しかったし、情けないし、虚しいし、なによりさみしかった。考えれば考えるほど、後悔は出てきた。今までのサッカー人生の節目で毎回と言っていいほど出てくる感情である。

しかし、今までの節目とは異なることがある。それは、自分にはまだまだ応援したい仲間がいる、やってくれると期待できる仲間がいる、こいつらなら託せると信じられる仲間がいる、そして、何かを残してやりたいと思える後輩がいるということだ。

Cチーム最後の公式戦、4回生よりも声をあげて泣いてくれた1回生。試合中に「4回生の為にやるしかないぞ」と檄を飛ばしていた2回生。Bチームの4回生の引退が決まった瞬間、ほぼ全員が泣き崩れる中、「最後まで4回生の世話になるな、最後くらい自分で立て、甘えるな」と悔しさを押し殺して声をかけていた3回生。そして、最後の最後まで諦めず闘い抜いた4回生。嬉し泣きではないけれど、みんなが流す涙はとても綺麗で、嫉妬するほどカッコよかった。

ピッチ上ではなく、ピッチ外にいた自分だからこそ気づいた発見だった。自分自身が手本となり、引っ張っていくはずだったのに、実際はこんなにも心強い後輩達に支えられて、こんなにも頼もしい同期達に囲まれていたのだと強く感じた。親でもないのに、この一年でひと回りもふた回りも成長していた後輩や同期の姿に、喜び、感動している自分がいた。

自分勝手な意見になってしまうが、他の人の目にどう写るかより、自分の目に素晴らしい後輩や誇れる同期を焼き付けて引退できることが幸せでならない。これにインカレ優勝がついたら、これ以上ない幸せである。

そんな素晴らしい後輩達だからこそ、「やっぱり関学は強い」と思って来年を迎えてほしい。大好きな同期達とともに、Aチームの4回生がインカレで活躍する姿を少しでも長く見ていたい。憧れで、誇りで、自慢のAチームのサッカーを全国に見せつけてやりたい。自分にできることなんて微々たるものかもしれない。だが、正真正銘の最後まで、その想いを胸に一緒に闘いたい。

去年はああだったとか、今年はどうだったとか、そんなことはもうどうでもいい。辛い思いは嫌というほど味わった。ここからが本当のオレ達の番。すべてをかけて闘う。関学らしく、部員全員で勝ちに行く。インカレを獲るのは関学だ。

あと3回、みんなで勝利のマーチを歌おう。これ以上ない幸せのために、オレは死ぬ気で歌い飛び跳ねる。

4回生 山内馨介

2016-12-10
決意表明(小川原一輝)

あれから1年。

去年はわけがわからないまま、とにかく先輩方に付いていくのに必死で、気づけば四冠達成。正直、夢か幻かと思うような経験だった。

そして重圧からスタートした今期。強い気持ちでスタートしたが『四冠の関学』として見られていることに対して、無意識の中で慢心があったと思う。今年も偉大な先輩が大勢いるという安心感もあった。そんな自分を見透かされ、この秋スタメンから外された。何かを変えなければならない。しかし、何を変えればいいのか思いつかない。悩んでいた丁度その頃、Iリーグ全国大会出場を決めたBチームの同期の存在が、私の道標となってくれた。

今年のBチームは4回生が少ない中、その分3回生も主体性を持って、4回生と共にリーダーシップを発揮し、チームを動かしていた。ゲーム中、学年の垣根を越えてチームを鼓舞するかけ声、ここぞという時に決める責任感のあるプレーなど、同期の姿はどれもかっこよく輝かしかった。それこそが、今の自分に足りないものだと気づいた。

今日はインカレ初戦。

1年前は、ただ、連れていってもらったインカレだったが今年のインカレは自分が牽引力となる!
夢や幻でなく、勝利を実感するインカレにする!

そして、駒場で勝つ!!

3回生 小川原一輝

2016-12-9
男らしさ(塩谷 知哉)

「サッカーは上手いんだけど、なんかナヨナヨしてるし、いざという時に頼りない」
昨年の関東遠征で4回生のコメントとして井筒主将から頂いたものだ。自分はみんなにこう思われているのかとショックを受けたと同時に、自分を変えるチャンスだと思った。男らしさが足りないんだと解釈し、堂々と自信を持ってプレーしようと努めた。

今年に入り、スタメンを勝ち取ろうと当然意気込んでいた矢先、「塩谷は使いづらい。男らしくないから。」といったニュアンスのことを成山監督が言っていたと小耳に挟んだ。監督の言う男らしさと、私の考えていた男らしさは、少し異なるのではないかと思った。

チーム立ち上げ当初、4回生は私以外全員スタメンだったため、私は自動的にAサブ戦のゲームキャプテンを担うことになった。ゲームキャプテンを務めて、初めて気づいたことがある。それは、私が今まで人に頼りきりでサッカーに取り組んでいたということだ。そして、この時初めての感情が生まれた。俺がチームを勝利に導く。他力本願はやめて、頼られる存在になる。男らしさとは、こういうことなのではないかと、なんとなく答えが見つかった気がした。

Aサブ戦は練習試合だが、相手がセレッソ大阪だろうと、早稲田大学のスタメンだろうと、関学の名を背負う限り負けてはいけない。私がゲームキャンプテンを務めたならば、負けたらそれは私の責任だ。誰よりも責任感、緊張感を持って試合に臨み、誰よりも声を張り、誰よりも気持ちを前面に出して男らしく戦った自信がある。

その自信は結果にも現れた。それまでは、スタメン組としてプレーしても、周りに合わせてしまい、思うようにプレーできないことが多かった。しかし、夏を過ぎた頃、ようやく臆することなく、サブ戦と同じくらいの気持ちで公式戦に臨めるようになった(遅すぎる)。同時に、サブ戦とは比べ物にならないプレッシャーの中、一年を通して男らしく戦ってきた米原をはじめとする仲間達を、本当に凄いと思った。

この仲間達に出会えて良かった。この4年間で成長できた。家族に感謝している。これらの想いをプレーで伝えたい。男らしく戦い、俺が点を取ってチームを勝たせる。

4回生 塩谷知哉

2016-12-8
恩に報いる(武田侑也)

今年を振り返ったときに『思うような結果を出せなかった。』『苦しい時期を乗り越えたから今がある。』などとは言いたくない。男なら、いや、関学の選手なら苦しいときや辛いときこそ『今に見てろよ。』とぐっとこらえ、その想いを爆発させるべきだ。何かひとつ成し遂げた後もこれまでと変わることなく、次へ次へと向かっていく姿。これこそが本当の見返し方だと思う。自分にとってはこれが理想だ。

とはいっても、今年のチーム、そして僕は何も成し遂げられていない。大事な試合で結果を出せず、足を引っ張り散々負けてきた。時には自信をなくし、サッカーへの限界を感じることもあった。でも次の日朝起きると、すぐにサッカーがしたくなった。あのボールタッチ、ドリブル、勝利してみんなと喜びを分かち合う瞬間が忘れられなかった。みんなとサッカーをする時間が楽しくて仕方がなかった。だからこそ、少しでも長くサッカーをしたい。

インカレで勝つことは簡単ではない。勝つために何が必要なのかも正直分からない。だけれども勝つ自信はある。これまで勝負が掛かった戦いでは、どうしても逃げ腰になりがちだった。前期は全国を賭けた試合や首位を争う試合で強気なプレーができず、終わってから後悔しか残らなかった。もう後悔を残さない為にも負けることを恐れずプレーする。さらに関学は4回生のチームと耳が痛いほど聞いてきた。去年も4回生が導いてくれた。今年は俺たちが見せてやろう。

今年のAチームは、B.Cチームに凄く支えられた。勝てないとき、Iリーグチームが勝ってプレッシャーを与えてくれたり、時には面と向かって罵倒してくれたりした。だからこそ、必ず結果で恩返ししたい。Bチームの借りは、必ず返す。崩れそうなときは、Cチームの底力を思い出す。苦しいときは、スタンドを見る。勝ったら、みんなで喜ぶ。こんなことを考えるだけで凄く楽しみになる。情けない姿しか見せられなかったAチームだったけれど、最後の最後までみんなの力を貸してください。

そして12月18日、日本の頂点に立とう。苦労した分、去年よりも素晴らしい景色が広がっているはずだ。その為にもまず初戦。最初から全てをぶつけて戦います。

4回生 武田侑也

2016-11-29
理由(中西 康太)

ここまで本当にあっという間だった。色々なことが自分にとっての最後となって、ようやく自分のサッカー人生の終わりが近いことを実感してきた。ただ、これまでサッカーを中心に生活してきた私にとって、サッカーのない生活というのは全く想像がつかない。サッカーは私にとって、それくらい欠かせないものとなっていた。

小学一年生の時、兄がサッカーをしていたから、私も何と無くサッカーを習い始めた。中学も何と無くで兄と同じ強豪校を選んだ。高校はエスカレーターで中学と同じ学校の高等部に進んだ。中高の6年間、引退した後であっても毎日のようにボールを蹴っていた。ただ、なんでそこまでサッカーに拘るのか、自分でも分からずにいた。目先に目指すものはあっても、そこに理由はなかったように思う。

「お前はクール過ぎる、もっと感情を出せ。」
高校時代、恩師によく言われた言葉だ。今思えば、何にでも理由を求めてしまう自分、理由を見つけられていないままの自分を見透かされていたのだろう。理由が分からないモヤモヤ、そこから感じる後ろめたさ。それらが邪魔をして、一歩を踏み込めずにいた。そんな自分を誤魔化して、熱い自分を取り繕っていた。その分を練習量でカバーしようと躍起になっていた。

でも、高校最後の試合は、やはりそんな私の所為で負けてしまった。試合終了直後、涙を流して悔しがっている人、「お前の失敗なら許せるよ」といってくれる人、スタンドで声を枯らして応援してくれていた人、そんな人たちを見て、中途半端だった自分が許せなくて、後悔して、涙が溢れて止まらなかった。自分の事に精一杯で周りが見えていなかった。「二度と同じ後悔はしない」。そう心に誓った。

あれから4年、私のサッカー人生のクライマックスが遂にやって来た。

大学生になっても、私は理由を求め続けていた。大学生ともなれば、自分の限界も分かってくる。頑張ってもプロには届かないと気付く。それでもサッカーを続けようと思った理由はなんだろうか。そんなことをずっと考えていた。そしてその答えは、私にとっては本気でサッカーをする最後の年に、ようやく見つけられた。

今年、新チームが始まったばかりの頃は、去年よりもレベルが高いとはお世辞にも言えず、正直かなり不安だった。でも、本気でチームを良くしようとするみんなを見て、本気でサッカーに打ち込むみんなを見て、このチームは強くなると確信した。周りを見れば、いつも隣で支えてくれる同期がいて、自分を慕ってくれる後輩がいて、信頼して任せてくれるコーチがいて。その人たちの為に全てを懸けて闘おうとすぐに決心できた。自然と熱い想いが込み上げてきた。

コーチに勝利をプレゼントしたい。みんなに笑顔になってもらいたい。そして、この大好きなメンバーと共に最高の気分を味わいたい。こんな想いがしたかったからサッカーを続けてきたのだと、ようやく気付いた。そして、高校の頃は気付けなかったこの想いが、関学サッカー部だからこそ気付けたこの想いが、私の闘う理由になった。

本当にいろいろなことがある年だった。悔しくて地面を叩いたり、嬉しくて抱き合ったり、興奮して痛みを忘れてはしゃいだり、ホッとして緊張の糸が切れて涙を流したり。こんなに感情を爆発させた年は後にも先にもないだろう。何年先になってもこの一年間のことは鮮明に覚えていて、またあの日に戻りたい、またみんなと一緒にサッカーがしたい、と感傷に浸るのだろう。そして、この全国大会が終わり、今年のBチームとしての活動も終わりとなるときも、きっと私はまともに喋れない程度に号泣する。それはどういう感情なのか、多分、言葉では言い表せないくらいのものに違いない。

ただ一つ、それに悔しさが混じるのか、嬉しさか混じるのか。それだけは自分たち次第だ。思いつくことは全部やった。やり残したことは一つもない。あとは全国制覇するだけだ。

身体の限界が来ても力が湧いてくる。頼もしく、誇らしい仲間がいるからだ。この身体が動かなくなろうとも、一生サッカーが出来なくなろうとも、私は闘い抜く。闘う理由があるからだ。そして必ず掴み取る。全国の頂点を。

4回生 中西康太

Copyright(c) 関西学院大学体育会サッカー部 All Rights Reserved.