部員ブログ

2017-4-12
挑戦 (魚里 直哉)

4月9日に行われた天皇杯兵庫県予選決勝。1点ビハインドで試合が終盤まで進められ、後半アディショナルタイム、ラストワンプレーで関学は同点に追いついたが、PK戦の末バンディオンセ加古川に敗れた。この試合で、今年はチーム力を武器に勝負していかないといけないということを改めて感じさせられた。あのゴールは最後まで声を出し続けてくれた応援の後押しがあったからこそ追いつけたと思うし、選手、スタッフを含めチーム全員で決めた得点であった。

この敗戦によって、Jリーグチーム撃破という私たちが掲げる目標の一つを達成することが出来なくなった。悔しすぎてたまらないし、もうこんなに悔しい思いはしたくない。もう一度、強い関学を全員で築いていきたい。このように、痛感した大会だった。

今週末、2017シーズンの関西学生リーグが開幕する。今年の関学のメンバーを見て、優勝は厳しいだろう、無理だろうと感じている人がいると思う。しかし、私たちは本気で優勝を目指す。昨年以上に難しいことなんかわかっている。昨年の何倍、何十倍も死に物狂いで努力をしないといけないことも誰もが分かっている。それでもチーム全員で優勝を取りに行く。このチームならできると心の底からそう思う。

関学サッカー部は全部員が本気でサッカーに向き合い、本気でぶつかり合い、本気で日本一を目指している集団であり、全部員がチームにとって必要な存在である。
試合で活躍し、チームの勝利に貢献しているAチーム。Iリーグで観ている人の心を動すような最高のゲームをし、Aチームに常に刺激を与えてくれているBチーム。他のカテゴリーより環境が悪い中、誰1人腐らず、なにひとつ文句を言わずひたむきに毎日のトレーニングに取り組み、チームの底上げをしてくれているCチーム。自分たちの時間を削ってまで応援に足を運んでくれる女子チーム。

大好きなサッカーを辞めてまでも、チームのためにスタッフにまわってくれたコンダクター、主務。選手のために重たい水を何回も何回も往復し運んできてくれるマネージャー。
ぶっ倒れそうなくらい暑い夏の日も、凍えるくらい寒い冬の日も、声を枯らして本気で応援してくれるチームメイト。練習を休んでまでもAチームの為に相手チームの偵察に行ってくれる選手。
ここには書ききれないくらい全部員がチームの目標・目的を達成する為に考え行動し、Aチームが勝つために本気でサポートしてくれている。そんなチームメイトに感謝してもしきれない。

私は幸いにもAチームとして試合に出させてもらっている。だから、私はチームメイトへの感謝をピッチ内で示すしかない。誰よりもひたむきに、がむしゃらに闘い、最高の勝利を届ける。チーム全員で成長しながら勝ちを積み重ねていく。そして必ず優勝し、全員で喜びを爆発させる。難しいことなんか百も承知。苦しいことだらけなことも分かっている。だけどこのチームなら挑戦する価値はある。

俺たちなら必ずできる。
真の一体感をみせつけてやろう。

4回生 魚里 直哉

2017-4-5
貢献 (西田 健人)

「このチームに貢献しろ!」
「このチームのためにお前は何ができる?」
100人以上の部員を抱える関学サッカー部では、一人ひとりの存在意義について問うこの言葉がいつも付きまとう。私はこの言葉にずっと引っかかっていた。チームへの貢献、それはチームのために自分は何ができるのかを考え、それを行動に移すことだ。つまり、チームのために頑張る、ということである。言葉にするのは簡単だが、これはとても難しいことだと思う。
 
大学でサッカー部に入部する理由は様々である。プロになるため、より高いレベルでサッカーをするため、高校時代の悔しさを晴らすためなどである。関学サッカー部に貢献したいと思い、入部してきた人はほとんどいないだろう。しかし、入部すると、チームへの貢献が求められる。その矛盾に私はずっと引っかかっていた。しかし、ある一つの出来事が私に、その問いの答えをくれた。
 
関学サッカー部は学生主体の理念のもと、コンダクターという役職が設けられている。(コンダクターとは、学生コーチやトレーナーとしての役割を持つ学生スタッフのことである。)私たちの学年は、コンダクターを選出するために、嫌というほどミーティングを繰り返した。去年の10月頃から始まり、今年の1月は、テスト期間にも関わらず、ほぼ毎日、夜の9時から11時まで学年全員で話し合った。時には、夜中の2時近くまで話し合うこともあった。
その中で、自分の時間を削ってまで話し合いの内容を考えてくれた人、チームのために本気で仲間に怒ってミーティング中に出て行ってしまう人、討論が終わってからも熱く話し合う人、文字通り単位を捨ててまでチームのために時間を費やしてくれた人、チームのために涙を流す人が多く存在した。
 
意見をぶつけ合ううちに、一緒に入部した仲間たちの本音に触れ、そんな仲間のことがどんどん好きになり、そんな仲間がいる関学サッカー部という集団のことが大好きになった。そして、このチームのために自分ができる精一杯のことをして、貢献したいと心から感じることができた。
 
この経験を通して、貢献とは、強制されるものではなく、自分から好んでしたいと思うものであるということが分かった。好きではない集団のために、自分ができることを精一杯考え、行動することはできない。例え、貢献しようと思っても、それは、ただただ、しんどいものであり、やらされているものでしかない。どれだけチームのために頑張れるかは、どれだけそのチームのことが好きかで決まると思う。
 
私は、今年の2月から、コンダクターとしての活動を始めた。今までと異なる立場からチーム全体を見るようになった今、私は、チームのことがより好きになっている。目標に向かって、こつこつと努力を続ける人、壁にぶつかっても、逃げずに挑み続ける人、自分の弱さと正面から向き合っている人、物事を俯瞰で観ることができる人、スタッフとしてチームを客観的に見たとき、関学サッカー部には、素晴らしい仲間がたくさんいることに改めて気付くことができた。
 
チームへの貢献の仕方は人それぞれだ。大切なことは、個人がチームのためにできることを考え、それに全力を尽くすことである。コンダクターとしての私の仕事は、このチームをみんなが大好きになるような集団にしていくことだ。関学サッカー部には、素晴らしい仲間が集まっている。私は、関学サッカー部が、もっと凄いチーム、一人ひとりがもっとチームを好きになれるような組織になるための手助けをする。あと2年、この大好きなチームのために自分の出来ることを全力でしていきたい。

三回生 西田 健人

2017-4-5
チームのために (津石 尚子)

「自分がチームのためにできることは何か。」

これは、入部当時に主将をされていた荒川愛恵コーチが「チームのために」ということをずっとおっしゃっていて、私が考えるようになったことである。

女子チームには素晴らしい人がたくさんいて、新しい発見や刺激を与えられてばかりの毎日である。私はサッカーを幼い頃からしていた訳ではないので、皆に助けてもらうことが多い。私にとってチームメイトの存在はとても大きく、私から何か与えることができているだろうかと悩むこともある。
選手である以上、サッカーで頑張ることは当たり前であるが、他の面でも役に立ちたい。そこで私は、新しい役職を決めるにあたり、副務に立候補し、務めさせていただくことになった。副務は、部を円滑に運営するためのサポート役で、主務のサポートと遠征や練習試合を組むことなどが主な仕事である。

私は、この3月にあった鹿児島遠征を担当した。私自身足りないものだらけであるとこの遠征で気付かされた。先頭に立って人を動かすことの難しさ。周りの状況を見て、起こりうることを予測し行動する、臨機応変な対応力。まだまだチーム全体を見ることができておらず、自分のことで精一杯。そんな自分の不甲斐なさに悔しさが残る遠征となった。しかし、課題が見えたことは私にとってプラスであり、この経験を自分自身の成長と次の夏の遠征に活かしていく。

女子チームは、指導者が練習時に常にいるわけではなく、4回生が中心となって、また男子の方にもサポートしていただきながら、学生主体で活動を行っている。大変なことも多いが、1人1人が自分の良さや強みを活かし、活躍・輝ける場があることが良い所ではないかと私は考える。頑張れば頑張った分、成長に繋がる。自分たちで考えて行動を起こすことで、新しいものを創り出せる。1人1人がチームを形成する大切な存在であり、チームのために力を出し合い、それが合わされば大きな力になる。
男子と同じ組織になった今、男女の力を合わせれば、さらに大きな力を生み出すことができるのではないか。可能性は無限大だろう。

私は、この3回生の1年間で成長し、チームを支え、また引っ張っていける存在になる。
そして、関学サッカー部の力になりたい。

3回生 津石尚子

2017-3-29
「関学」として(山本 悠樹)

私は去年、多くの試合を経験した。前期は怪我により棒に振ってしまったが、後期では何度も重要な試合に出場させてもらった。そして、多くのものを得たと思っている。それだけ濃い一年であった。もし今、「去年の試合の中で、印象に残っている試合は何ですか?」と聞かれたら、私は「インカレの日本体育大学戦です」と答えるだろう。初めてのインカレで、全国で勝つこと、個人として結果を残すことの難しさを感じた。何より去年のチームでの最後の試合になったからだ。
そして、もう1試合、強く心に残っているゲームを選ぶならば、迷うことなく挙げる一戦がある。それは天皇杯のアルビレックス新潟戦だ。

結果は皆が知っているように3-5で敗北を喫した。勝てた試合だったのかもしれない、そう思う人も少なからずいただろう。しかし、私は力の差を感じずにはいられなかった。延長戦までもつれ込んだものの、勝ち切る勝負強さ、リードした際の巧みな試合運び、技術、フィジカル、落ち着き。これがプロと呼ばれる人達なのだと痛感した。

では何故、関学はあれだけの試合ができたのだろうか。あそこまで追い込めたのだろうか。それはうまく表現できないが、「関学」だったからということなのだと思う。ピッチに立つ全員が「関学」として戦っていた。スタンドで応援してくれていた全ての人が「関学」として戦っていた。新潟の地にいた全員が「関学」として戦っていたからだと思う。

勝利を諦めている人など1人としていなかった。点を取るために必死でボールを奪い、丁寧に繋いで、ゴールに向かう。点を取れば喜んでくれる仲間がいて、スタンドを見れば必死に応援してくれる仲間がいる。逆転されてもスタンドにいる人の声が、私達の原動力となる。仲間の声が私達の体を足を心を動かし、勝利を目指す。どれだけきつくともしんどくとも、私達は「関学」だったから誰も戦うことをやめなかった。
あのまとまりこそが「関学」であり、「関学」の強さである。私は初めて、ピッチの上でこの一体感を経験した。「関学」が私達の背中を押したことで、あれだけ相手を追い込むことができたのだ。だからこそ私達は勝たないといけなかった。私達の一体感を証明する必要があったと、今でも強く思う。

今年の天皇杯は予選を勝ち抜かなければ、去年のピッチには立てない。今年は兵庫県代表を背負って天皇杯に参戦する。去年成し遂げられなかったことを私達は1つ1つ越えていく。まずは天皇杯。あの一体感をもってしても勝てなかったからこそ挑戦する価値がある。去年感じた一体感を、今年は私から発信していかなければならない。追い込まれたとしても、あの一体感と共に私達は戦う、全員が、「関学」になって戦う。

去年の延長戦前に新潟の地に響いていたあの声を、私は絶対忘れない。一体感という言葉で片付けてしまうにはあまりにもったいないくらい一つになっていた。今年もきっと一つになる。私達の一体感を見せつける。私達は兵庫県予選もプロ相手でも「関学」として勝つ。今から楽しみで仕方ない。

新二回生 山本悠樹

2017-3-22
ありがとう(長澤 幸大)

「ありがとう。」この言葉に重みを感じる。
大学サッカーをやるために人生の全てをかけて浪人し、受験勉強を必死に頑張り、やっとの思いでサッカーをやる環境に巡り会うことができた。私の想いを汲み取っていつも側で応援し続けてくれたのは家族であり、家族の存在がなければ今の自分はないと思う。
ありがとう。17年間ボールを蹴ることが中心の生活で、サッカーを通じて友達を作り、考える力が付き、自分と向き合えるようになった。サッカーの魅力に圧倒される日々だった。

しかし、関学サッカー部に入部してみると自分の主張をうまく相手に伝えられる選手、ストイックに自らのレベルアップに努める選手、オンとオフのメリハリが凄い選手など自分に足りないものを持ってる仲間と出逢えた。

そして入部して2年が経ち、後に私のサッカー生活の転機とも言えたコンダクター(学生コーチ)を選出する時期を迎えた。
(関学サッカー部では、3回生になる時期にミーティングを行い、コンダクターを決定する。選手を辞め、学生として選手を指揮する役割を担う役職をコンダクターと呼びます。)

本当の意味で初めて心の底から自分と向き合う機会を得た。今までの私は自分を良く見せようとし、偽ることで弱い自分と向き合うことを避けていた。しかし、そんな自分を変えてくれる最高の仲間に出逢うことができた。私の魅力に気付きその魅力を引き出そうと、面と向かって本音で話してくれた仲間がいた。自分を偽っていたことに情けなさを感じ、私はその時変わらなければならないと強く思い、何日も悩み続けた。正直、浪人生活よりも辛い日々だった。

悩み続けた結果、私は自分を偽ることをやめて、周りの目を気にせず自分に自信を持てる人間になりたいと思った。その想いが私が考えるコンダクターの像とズレることなく重なり、残りの大学サッカー生活をコンダクターとして全力で取り組みたいと決断した。

私はかけがえのない唯一無二の仲間を持つことができたと心から感じた。私がどんな人間か分かっていて多くを語らず涙を流して気持ちを伝えてくれた人、嫌われることを恐れず本音をぶつけてくれた人、そしてコンダクターになることを受け入れ、本気で私と向き合ってくれた38人にお礼を言わせてほしい。
ありがとう。

部員全員の想いを背負って前に立つ。コンダクターとして選手に一隅を照らす人であり続けたい。私は2年後になりたい自分の理想像に近づくと共に、関学サッカー部のために全てを捧げたい。「ありがとう」を体現していきたい。私は日本一になることが「ありがとう」の体現であると思う。
最後は互いに笑顔で「ありがとう」を言い合えるようになりたい。

3回生 長澤 幸大

Copyright(c) 関西学院大学体育会サッカー部 All Rights Reserved.