部員ブログ

2019-5-22
女子チームのみんなへ(渡邉菜々)

今の私の大学生活は、高校生の時に思い描いていたものとすごく掛け離れている。
部活に入る気持ちは全くなかった。サークルにアルバイト、友達と遊んで、、、そんな大学生活になると思っていた。
入学してしばらくたち思っていたように友達もできず、毎日暇ばかりしていた私は、愛に誘われたためなんとなく部活の体験に行ってみた。暇つぶしのつもりで行き、もちろん入部する気なんてなかったが、当時の4回生にいきなり入部届を渡され、「明日までに持ってきて」と言われ、断ることができず成り行きで入部することになった。しかし、今では入部して良かったと心から思っている。

女子チームに入部し多くの経験をした。試合で全く勝てず毎週のように泣きじゃくったり、同期と喧嘩したり、先輩に文句を言っては怒られ、遅くまでミーティングをしたりと言いだしたらきりがないが、思い返すといい思い出ばかりではない。何度、部活を辞めようと考えたか。しかし、私を部活に引き止めたものがあった。それは女子チームみんなの笑顔だ。試合に勝った時のみんなの笑顔を見ることが私の幸せだった。その笑顔をもう一度見たいと思うと、どんなにきつくても辛くても、部活を辞めることができなかった。その笑顔が私の原動力となった。

今年の女子チームは、3シーズンぶりに1部リーグの舞台に戻ることができたが、1部リーグは私たちにとってものすごく高い壁である。その壁を乗り越えることができたなら、みんなの最高の笑顔が見られるだろう。しかし、その壁は1人では乗り越えることができない。女子チームみんなで支え合い、鼓舞し合い、乗り越えなければならない。
かつて私のようにアホで能天気な頼りない主将はいなかったと思うが、みんな私に力を貸してほしい。意地でも春季リーグで1部に残り、インカレに行こう!
そして、みんなで最高の笑顔を咲かせよう。

女子チーム 4回生 渡邉菜々

2019-5-12
全員で成し遂げる(谷本一星)

この大学サッカーで本気でサッカーをすることは最後になるかもしれない。関学サッカー部でどのような最期を迎えることができるのか。関学サッカー部に入ってよかったと思うためにも全力でやり遂げたい。

今までの人生はサッカー中心で、日常では経験することができない感情をたくさん学ぶことができた。嬉しさ、楽しさ、悔しさ、辛さなど、かけがえのない思い出ばかりである。
特に関学サッカー部での3年間はサッカー人生で1番濃密な時間だった。
私自身は、C1、C2、C3チームを経験した。ずっとCチームだった。自分の実力のなさを痛感し、過去最高に自分の下手さを思い知った。とても悔しく、そして苦しかった。
大学サッカーに挑戦するにあたって、高校では経験できなかった全国大会や日本一を目指したいという気持ちが強くあった。だが、大学サッカーのレベルは高く、今までのようにうまくいかなかった。
1年生の内から、AチームやIリーグで活躍する同期がうらやましくてまぶしかった。
自分はグラウンドを使えずに余白で練習をしたり、グラウンドが使えるのに走るだけの練習をしたり私にとってなかなかの挫折だった。
自分がサッカーをしている姿が大好きな両親にはかっこいい姿を見せられずに悔しかった。
初めての大怪我にも苦しんだ。大事な1年がリハビリで終わってしまった。
大学のサッカーは、悔しくて、苦しくて、達成できたことは何もなかった。
入部する前に、思い描いた大学サッカーとは程遠いものだった。
それでも、諦めずに前を向いて頑張れたのは、どんな状況であっても応援してくれる両親、大きな背中で引っ張ってくれた先輩、生意気だけど頼りになる後輩の存在があったからだ。特に、日本一を共に本気で目指し、いつも側にいる同期の仲間のおかげで自分も諦めることなく上を向き続けられた。
関学サッカー部は、毎年4回生の色があり、日本一の目標に向かって本気で取り組んでいる。日本一になる為には、何が必要なのかを学生主体で考えていろんなことに挑戦してきた。当事者意識の少ない自分を巻き込みながら引っ張ってくれた先輩方が居てくれて、サッカー部のことが、学年が上がるごとに好きになった。

私は関学サッカー部で、ラストイヤーを迎えられることに誇りを持っている。何よりもチームメイトが自分の尊敬できる仲間であるからだ。今年の4回生は人数が少ない。その分、ひとりひとりの影響力が必要で、それぞれの強みを生かしていかないといけない。だれよりも努力し、日本一のチームになることにすべてを懸ける主将の竹本。陰からチームを支え、なんでも任せることができる主務の実言。様々な役割でチームを支え続けるコンダクター、マネージャー。4回生は任された立場でピッチ外でも試行錯誤しながらチームのために新しいことに挑戦し続けている。1回生から続けているミーティングはお互いを知るきっかけにもなった。私は、この尊敬できる仲間が大好きだ。だからこそ、自分もサッカー部のために力になりたいし、最後は全員で喜びを分かち合いたいと心の底から願っている。

そのために今の自分がチームのためにできることは、CチームがIリーグで全国大会に進出することである。そして、Cチームの選手(自分自身も)からA、Bチームで活躍する選手が出てくるようなチームにならないといけない。現状のチーム状況では、到底達成することはできない。シーズンが始まって数カ月たったが、Cチームの主将としてチームをまとめ切れない自分の不甲斐なさ、無力さを嫌になる程感じている。頼りになるキャプテンにはなれていない。今までの自分は、本気で取り組んでいる人に憧れ、追いつこうとしてきた。だが、今度は自分が本気になる立場にならないといけない。本気じゃないやつに後輩はついてこない。自分ができることは、チームに本気で向き合い精一杯の力を尽くすことだ。私は、うまい選手じゃないからこそ、体を張り、声を荒げ、何が何でも勝ちたいと思う気持ちを前面に出していく。
Cチームには自分よりもうまい後輩はたくさんいる。そんな頼りになる後輩達を自分が巻き込んでいかないといけない。
関学サッカー部で過ごしてきた日々はうまくいかないことがほとんどだった。それでも、隣には共に戦う仲間の存在があった。だから、自分もここまで頑張ることができた。

私は、この仲間と大学サッカーで出会えてかけがえのない時間を過ごしてきた。
この仲間と日本一になるために、自分の出せる力全てを注ぎたい。そして、最後に全員で笑顔で喜び合おう。

男子チーム 4回生 谷本一星

2019-4-21
成岡敬章とサッカー

こんちはっ!!!
今回部員ブログを担当します、自称・Bチームキャプテン兼応援団長兼副将兼お笑い担当の成岡敬章です。

多くの選手がとても真面目で良い事、良い文を書こうとしすぎると感じています。(特に竹本、山本選手。)かっこいい事を言わなければいけない雰囲気を作っていると思うので、私はその風習をぶち壊していきたいと思います。私は、ありのままの姿でぶつかっていきたいと思います。是非、RT・いいねのほどよろしくお願いします。

簡単に自己紹介をさせてもらいます。
成岡敬章(ナルオカヨシアキ)
1997.8.7生 獅子座 A型
178cm 70kg 静岡県出身 
好きな女優 長澤まさみ
座右の銘 人生ネタ作り
彼女はいません。

このようないたって平凡な私ですが、小さい頃からプロサッカー選手になる事を夢見てきました。プロサッカー選手にならない自分など想像も出来ませんでした。どんな困難や失敗、辛いことが訪れても笑い立ち直ってきました。将来、情熱大陸に出た際に笑いながらこれらの失敗を話しているんだろうなと想像しながら、いいネタが出来たなと本気で思いながらサッカーに打ち込んできました。

小学6年で静岡県の県トレセンに入れなくなった時も、中3でブラジルに遠征に行き、今現在Jリーガーとなった選手たちに半分イジメられながら過ごした時も、高校で全く試合に出れなかった時も、10番くださいと言ったが「漫才じゃねえんだよ」と断られた時も、3年間選手権のメンバーに登録されながらも出場が3年間合計5分未満だった時も、どんな時も、どんな事があっても結局私はプロサッカー選手になるんだと、なれると自分を信じていました。いつだって私のサッカーをする1番の目的は自分がプロサッカー選手になる為でした。

しかし、関学サッカー部に入り今まで出会った事のない、とてつもなくサッカーが上手い人達に出会いました。特に、同期の岩本、山本、曽木、そして何と言っても宅野、こういう人達がプロに行くんだと、そしてAチームで活躍していた先輩達には自信という自信を打ち砕かれました。今までの私は何だったのだろうと思うくらいサッカーが上手でした。そんな人たちでも、プロになれない、なったとしてもプロの世界で苦労している姿を見た時私は自分の実力ではプロになれないと思いました。

プロサッカー選手になる為だけに関学サッカー部に入りました。しかし、今はプロサッカー選手という夢を諦めました。しかし、私はサッカーをしています。今までと変わらない熱量で、もしかしたら今までよりも燃えているかもしれません。それは、今までの夢、プロサッカー選手になる事と同じくらい、関学サッカー部で日本一になりたいと思っているからです。本気で日本一になりたいです。なります。その為に行動します。

日本一になって、関学サッカー部の仲間と喜びたいです。日本一になってカンピオーネではなく、もぐらの唄を歌いたいです。みんなで、「ヤガヤガヤガヤガヨー」って歌いたいです。(カンピオーネも歌いますが。)何だそれと思ったそこのあなたは是非関学の試合を見に来て下さい。勝った時に全員で肩組みながら勝利を喜び合う時の合言葉です。是非会場で私たちと勝利を喜び合いましょう。このブログを見てくださっているあなたはもうすでに関学サッカー部の仲間です。喜びを共有しましょう!

長くなりましたが最後に、私は関学サッカー部の日本一の為に残り約8ヶ月全力で駆け抜けていきます。日本一の為に全てのことを取り組みます。

イキリがちな同期、うるさい後輩、全員でやったろや!!!

シーズンが始まってまず2勝1分。
全員で最後に笑って終わろう。
なるぞ、日本一。

以上、自称・Bチームキャプテン兼応援団長兼副将兼お笑い担当の成岡敬章でした。

ありがとうございました。

男子チーム 4回生 成岡敬章

2019-4-10
大学サッカー×仲間(宅野海里)

サッカーを続けてきたことで、多くの人と出会うことが出来た。
これまで色々な出会いがあった中でも、大学サッカーでの出会いは自分の人生にとって一番大きな財産になると思う。
個性溢れる仲間との出会いで、視野や考える幅が広がったと感じている。
中学時代の恩師に、「人との出会いを大切に」と言われたことの意味がはっきりと分かった。

関学サッカー部に入って、仲間と共に過ごす中で、自分の人生についてたくさん考えさせてもらった。
ここで話すにはあまりにも多くの出来事があり、挫折があり、涙があった。
「なんで俺は大学でサッカーをしてるんだ?」
「なんのためにこんな苦しい思いをしてるんだ?」
悩み、苦しんだ。

大好きだったサッカーが嫌いになった。
試合に出られない、メンバーに選ばれない。自分はまだまだなのかと思う一方で、心のどこかで自分以外のところに原因を探している、そんな自分も嫌になった。
人生で初めてサッカーを嫌いになったことで、自分の人生について考える事が出来た。「サッカーがなくなったら何が残るんだ?」今まで考えもしなかった問いに直面し、自分には何もないことに気づいた。
しかし、ここで、関学サッカー部に入って初めて良かったと思えた。
ここには、何もなかった何かを創り出せる環境があり、仲間がいる。自分と同じような境遇でも頑張っている仲間や、こんな自分を助けてくれる仲間がいる。本当に良かった。
そして、自分のこれまでや、これからについて考えることで、新しいことにも取り組める。何かを創るには最高の環境だ。

サッカーが嫌いになっていた自分が今、サッカーをしているのは、苦しみながらも頑張り続けた先輩たちの姿や、バカみたいにミーティングして、話し合って、泣いて、笑い合った同期や、下級生なのにチームのこと考えて行動したり、がむしゃらにサッカーをする後輩がいたからである。おかげで大好きなサッカーを辞めずに済んだ。一度は嫌いになったサッカーで、もう一度、本気で日本一になろうと思えた。
サッカー部での活動を全て日本一に繋げるために考え、工夫し、活動してきた。

しかし、今の自分は、直接日本一を目指せる立場にはいない。
将太、悠樹、和希、友樹、英佑、今は任せたぞ。Aが勝たなきゃ意味がない。無責任なことを言ってるのは分かってるけど、今は託し、全力で応援する。それが今の俺に出来ることで、それしか方法はないから。
自分の情けなさに腹が立つけど、待っててな、俺も必ず這い上がってみせる。

人生には大きな決断をする時が何度かある。
1つの大きな決断である大学を関学にして良かった。
サッカー部での3年間で最高の先輩や同期、後輩に出会い、成長出来た。これからの人生においても欠かす事が出来ない経験が出来た。みんなありがとう。

シーズンが始まってまず1勝。
全員で最後に笑って終わろう。
なるぞ、日本一。

男子チーム4回生 宅野海里

2019-3-28
ラスト一年を迎えるにあたり。 (山本悠樹)

部員ブログは自分の考えを知ってもらうのと同時に、自分の考えを整理できる場だと思っている。誰かに向けてというよりも、自分自身をもう一度奮い立たせるために書きたい。もし何かを感じて もらえたら光栄である。

僕には自信がある。何かわからない不確かな自信がずっとある。何から得たのか、どこから得たのか分からないが、自分はまだまだやれるといつも思う。もっともっとやれると思う。自分にできないことなどないと、思うこともある。頭がおかしいと思われるかもしれないが、僕はこんな気持ちといつも一緒にいる。この不確かな自信と、僕はいつまで一緒にいるのだろうと時々思う。この不確かな自信を失った時、自分がどうなってしまうのかは想像がつかない。良くも悪くもこの自信と一緒にいた。この自信が僕の大部分を作り上げてきたことに違いはない。しかし、大学に入り自分に自信があったのはサッカーだけなのだと気付かされた。本当にサッカーだけしてきたなと痛感した。サッカーがなくなったら自分はどうなるのか。考えたこともなかった問題を突きつけられ、自分という人間を考えるようになった。

プロになるため。それだけが僕が関学に入学した理由だ。高校からプロにはなれなかった。あの挫折は自分にとって大きなものだった。失意のまま、逃げるように大学を選んだ。正直な話、それまで大学サッカーなんて考えたこともなかった。ただただ上手くなりたかった。見返してやりたかった。だから当時、大学で一番強かった関学を選んだ。強いところで揉まれまくらないとプロにはなれないと思っていた。自分がプロになるためのステップアップ。ただそれだけの理由で人間的成長なんて、どうでもよかった。

一年の時、海里に頼まれて学年リーダーを引き受けた。そこから何かが変わり始めた。高校では 経験しないミーティングの数々。みんなの前に立ってミーティングを進める。正直、リーダーと いう名前の優越感に浸っていた。お前ら考えろよ的なテンション。自分は優れていると思い込んでいた。しかし、ミーティングを通して仲間の色んな意見に触れ、色々な考えを知って行く中で違和感を覚えるようになった。それは、自分の素直な気持ちを発言できないこと。自分はこんなにも自分に自信が無かったのかと思うようになった。ありのままの自分を必死で隠す日々だった。サッカーをしている時はどれだけ自信満々でも、ピッチから出るだけでこんなにも僕は弱くなるのかと思った。サッカーという硬くて分厚い鎧の下の僕は、本当にか弱い人間だと知った。それからは必死だった。自分を変えたかった。少しずつ自分の意見を言えるようになった。伝えようとした。しかし同期から「悠樹の意見が知りたい」と言われることも少なからずあった。その度に自分はまだまだだなと痛感させられた。全ては自分を変えたいと望んだから。きっとそう思えなかったら今の自分はいないだろうし、存在するわけもない。

大学は色々な意味で分岐点だ。みんな各々の選択をしてきたのだろう。きっと誰も各々の選択は間違ってないし、否定する気も全くない。しかしその後どうするのかは自分次第だ。大学生活を楽しく遊び続ける時間にするのも、将来の夢を叶えるのも、何事にも代え難い4年間にするのも、全ては自分次第だ。サッカー部で自分が何をするのかも、サッカーがどれだけ上手くなるのかも、サッカー部の中のその他大勢でいるのも、サッカーを通して人としてどれだけ成長できるのかも、何もかも全部自分次第だ。一見無責任に見えて、いくらでも夢と可能性が詰まっている場所、それが大学だと思う。

この4年間を充実したものにしたいと僕は思うし、そう思う人は少なからずいると思う。ただなんとなく過ぎていく4年間では勿体無い。プロになるためだけの4年間では勿体無い。先程も述べたように、僕はプロになるためだけに関学に来た。プロになるための準備期間の4年間として、この大学を選んだ。しかし僕はまだまだ人間的に未熟だ。自分の意見をいついかなる時でも臆することなく伝えることはできないし、感情に流されることもあれば、組織マネジメントの難しさや言葉の与える影響力も知らなかった。それでも、大学生活で学んだことを挙げればキリがない。もっと得れるものがあるし、いくらでも成長できる。あんなに弱かった僕も、みんなにはどう写っているのか分からないが、本当に成長したと思う。それだけでも関学に来た意味はある。もしサッカーが できなくなったとしても、自分を好きでいたい。関学に来たからこそ出会えた、作り上げることのできた自分になろうと思う。

気づけば三年が経った。4年間なんてきっとすぐ終わる。だからこそ、ただなんとなく過ぎる時間は無駄だ。自分はどうなりたいのか、自分はどう変わりたいのか、自分は何をしなければいけないのかを常に求め続けたい。もがいてもがいてもがき続けるからこそ見える景色があって、手に入れることのできる何かがあるはずだ。そう信じている。本当に自分次第だと思う、行動を起こすのも変わろうとするのも。自分の人生は自分で決める。自分の人生だからこそ、最後に判断するのは自分以外の誰でもない。誰かの人生を僕が決めることはできないし、誰にもできるものじゃない。だから僕は、僕たち4回生は決断できるような、変わりたいと思えるような環境を作る。みんなが主体的に行動できるようなチームを作る。だからこそ本気で日本一を目指す。その過程にしか人間的成長は生まれないだろうし、したいと思わないだろうし、その過程の人間的成長だからこそ意味があるのだ。

大学も残すは1年もない。きついこととか苦しいことの方が多い気もする。でもそれで日本一が獲れるなら本望だ。プロになれるなら本望だ。この4年間を自分の揺るがぬ熱意と叶えたい何かを持って生きれたら、きっと人生は変わるだろうし自分も変えれる。全ては自分次第。この一年を素晴らしいものにするのもしないのも、本当に自分次第。この一年を素晴らしいものにするために、僕は必死に日本一を目指したい。そんな姿を見せ続けたい。

男子チーム 4回生 山本悠樹

Copyright(c) 関西学院大学体育会サッカー部 All Rights Reserved.