部員ブログ

2019-12-17
一人の闘うメンバーとしてここに居たい(植陽菜)

関西学院大学に入学が決まり、以前からサッカー部のことは姉からよく聞いていて、マネージャーをすることは大変だと周りからは言われたが、それが私にとっては楽しそうだとしか感じなかった。
入部説明会の日、1人で足を運んだときのことを思い出した。緊張で周りにいた人は誰一人覚えていないが、そこにいた当時4回生のマネージャーの人を見て、今までの私の中でのマネージャーに対するイメージが変わった。
日本一を本気で目指すチームで、そのサポートができたらきっとやりがいを感じられるだろうとただ漠然と考えていたが、その人を見て日本一になるために、一人の闘うメンバーとして対等にそこにいるんだと思った。そして、日本一のチームにただいるだけのマネージャーは必要ないんだと。

しかしマネージャーとして入部し、すぐには行動に移せなかった。こんな人になりたいなと憧れはあったが、何をすればいいのかも分からず、ただ言われたことするだけ。今振り返ると、私はこれまで当たり障りのない位置にいて、真顔でいると何か考えているように見えるみたいだが、何も考えていない時のが多い。人と必要以上にあまり関わってこなかったが、それでも何故か、植ちゃんは真面目だから大丈夫、頼りになると言われることがよくあった。2年目まではそれが普通に嬉しかったし、自分は得してるなとも思っていた。3年の終わり、当時同じカテゴリーを見ていたマネージャーの樹さんが引退する日が近づいてきたとき、私は怖くなった。間違いなく私にはないものを多く持っていた人で、先を見越した準備があれほど完璧な人は初めてで、一緒に活動させてもらった2年間は、私をこんなにもプレッシャーで潰してくるかと軽く嫉妬したくらいだ。こんな私が最高学年になり、本当にミスなくできるだろうか、スタッフの、マネージャーの信頼がなくなってしまうんじゃないか、ビビりにビビって怖くて仕方なかった。けど意地とか強がりとか、とにかく不安で情けない姿だけは後輩に見せたくなくて、なんでも出来ると頑張った。
私が関学で出会ったマネージャーは選手が150人くらいいる中で毎年6,7人くらい。決して多いほうではないが、すごく頼りになる背中ばかりで、時には私の駄目なところを伝えてくれて、自分はちゃんと見てもらえてるんだと感じることができた。私はそんなマネージャーになれているだろうか。

これからの関学サッカー部を担うマネージャーへ、私は少しは皆んなの頼りになれたかな。責任感は強いほうだけど、1人で突っ走ってなかったかな。きっと気を遣わせてしまったこともあったよね。私ら4回生が決めたことに必死でついてきてくれて、本当にありがとう。皆んなから学ぶことや気づかせてもらうことも沢山あって、皆んなと出会えて良かったよ。そしてこれからもっと、一人ひとりがチームに欠かせない存在になっていくことを楽しみにしています。

最後に同期に向けて、本当にここでは書ききれないくらい色んなことがあって、何度も悩んで、嫌いになることもあって、自分たちにはもう少しだけ、ぶつかり合える勇気があればって思ったりもした。
コンダクターが決まった日、泣きながら笑っている同期を見て、私はここに来てよかったと実感したと同時に、自分はコンダクターになる覚悟を決めた3人のためにも、同期らのサッカーが好きだという思いを壊さないためにも、マネージャーとして自分が出来ること全部、しんどいと分かっていたとしても、それよりも全部したいと思うようになった。それが私の原動力になってた。同期が皆んなだったから、今の私がいて、本当に感謝してる。

私たちの最後の大会を迎えた今、こんなにも誰かのために闘う、誰かのために本気になれる、誰かのために犠牲にだってなれる。こんなにも優しいチームはないと思います。
4回生という責任はしっかり果たそう。私らの背中を見て後輩が何かを感じ、育っていく。そうやって、関学は成長していく。
これからの関学を引き継ぐ者へ、まだまだ頼りないところがあったかと思います。それでも最後まで信じてついて来てくれてありがとう。そんな皆んなと、私は日本一の景色を横で見てみたい。

男子チーム 4回生 植陽菜

2019-12-15
最後に(高見英佑)

ついに私のサッカー人生も残り僅かとなってしまった。5歳から現在まで私の生活には常にサッカーがあった。そんな生活もあと少しで終わりを告げる。この約17年間のサッカー人生で多くの仲間が出来た。小学生や中学生で1度別れた仲間も高校生や大学生で再会することも多く、長くサッカーというスポーツを続けてきて良かったなと思う。そんな約17年間のサッカー人生の最後の4年間は1番充実した時間を過ごせたと感じる。もちろんレベルの高い環境でやれたことも大きかったが同期に常に刺激を受けながら過ごすことが出来たのが1番だと思う。これまでも小、中、高と同期はいたし、お互いに高め合っていた。でもここまで刺激を受けた同期に出会ったのは初めてだった。
幸運なことに私は4年間で同期全員と同じカテゴリーでプレーすることが出来た。その分多くの、様々な刺激を受けた。同じカテゴリーの同期に刺激を受けるのはもちろんのこと違うカテゴリーにいる同期からも刺激を受けていた。Aチームでみんなの想いを背負い、堂々とプレーする姿、Bチームで歯を食いしばりながらキツい練習に取り組む姿、Cチームで下級生の時は上のカテゴリーに上がろうとがむしゃらに、上級生になるとがむしゃらさに加え後輩が多い中、様々な工夫をしてチームの底上げを図ろうとする姿、度重なる怪我を乗り越えようと必死にリハビリに取り組む姿、スタッフとしてチームを第一に考え、行動する姿などを見て、俺も負けてられない、今のままではいけない。そう思えた。サッカーに関することだけではない。数多くの学年ミーティングをこなし、学年の方向性や今年のチームビジョンなどの話し合いもしてきた。その中で自分とは違う様々な意見に触れ、考え方の面でも多くの刺激を受けた。

同期だけではなく先輩や後輩など関学サッカー部に入って、こんなにサッカーに本気になれる人に初めて出会った。こんなにチームのために本気になれる人に初めて出会った。こんなに自分にも他人にも本気になれる人に初めて出会った。
こんなに何事にも本気に取り組む人が周りにいるサッカー生活はこれまでなかった。自分がどれだけ甘かったか痛感させられた。それだけでも大学までサッカーを続けてきて本当に良かった。関学に入って良かったと思える。そんな仲間に毎日刺激を受けた、このままではいけない。そう思えた。行動を起こした。習慣化させた。おかげでプレー面もこの4年間がサッカー人生で1番成長したと思う。

関学サッカー部には人が成長出来るだけの環境があった。来年からは社会人としてまた違う環境に身を置くことになる。どこも成長出来る場所とは限らない。刺激を与えてくれる同期がいるかも分からない。全ては自分次第であり私自身がどうするかが重要になる。大学では刺激を受けたことにより頑張ろうと思えた。しかし、社会に出れば自ら刺激を求め、自ら行動を起こすことがより一層必要となる。大学4年間で行動を起こすことの大切さ、行動を習慣化させることの大切さを学んだ。自分の思い通りにいかないことや理不尽なこともあるだろう。そういう時にこそ私自身が成長したのかどうかが試されるはずだ。成長したと実感し、大学までサッカーをやって良かったと思えるようにしたい。

こんなにも私に成長する環境を与えてくれた関学サッカー部での活動もインカレだけとなってしまった。簡単な試合など1試合もないだろう。これまで私に刺激を与え続けてくれた同期や後輩のみんなはそれぞれの立場で全力を尽くすに違いない。私も最後まで全力で闘う。そして、勝ち続ける。
12月22日、サッカー人生の最期にみんなと喜び合い、最高の笑顔で優勝杯を掲げるその日まで。

男子チーム 4回生 高見英佑

2019-12-14
「”覚悟”とは”犠牲の心”ではなく”生き様”である」

あの日から683日が経った。
2018年2月1日。僕が正式にプレーヤーをやめた日だ。

約2年前、『”覚悟”とは”犠牲”の心ではない』という部員ブログを書き、この言葉を胸に刻んでコンダクターとして活動した。最初は想像とはかけ離れていて、不安に包まれもがき苦しんだ。しかし、同期の活躍する姿に感化され、自分に出来ることを必死に探し続け、夏休みが明ける頃に、ぼんやりとだがイメージをつかむことができた。そして、ようやく自分の存在価値を見出し、チームに還元しようとしたが結果は散々だった。僕は”覚悟”を示さなければならなかったが、昨年の4回生と同期の”覚悟”を感じただけで、結果として何も残すことができなかった。情けなくて悔しかった。2018年が終わった。

2019年を迎え、新チームの集合写真を撮った時、”覚悟”をより一層感じたことを今でも覚えている。それから、主務として1年間活動してきた。おそらく主務の仕事は誰にでもできる。こんな適当な人間でもやってこれたのだもの。だから僕は主務として、仕事以外で昨年の経験を活かし森本実言を体現してきた。とは言いつつ、正直辛いことの方が多かった。それでもこのチームのために、勝つために、”覚悟”を示すために、自分にできることをしてきた。点は取れないし、アシストもできないし、失点も防げない。地味で泥臭くて、無駄なことの方が多かったかもしれない。だけれども、「日本一」になりたいという気持ちだけが僕を動かしてきた。「日本一」になって同じ感情を同じ熱量で抱きたいという気持ちだけが僕を動かしてきた。

僕の”覚悟”を証明する683日間の闘いが始まって、もうすぐ終わりを迎えようとしている。
今、「日本一」への道の途中に立っている。
僕はこの1年間、「日本一」に向けて闘えただろうか。
僕はこの1年間、「日本一」を想い続けられただろうか。
そんなことを考えても今は分からない。だから明日も選手と変わらない気持ちで一緒に闘う。
あの日、「日本一」になるために決断したから。

舟征、剛綺、勇大
「いつも呼び捨てで呼んできて、生意気で先輩として見られている気はしなかった。でも、試合になると逞しくて頼りになる存在で、そんなお前達を見ているといつも元気をもらってた。ありがとう。あと3試合、お前らの力を貸して欲しい。日本一になって、一緒に喜ぼうな。」

遥、貫太、英祐、山見、やまりょう、ナベ、豪太、修雅、洵
「偉そうには言えないけれど、この1年間本当に成長したと思う。シーズン当初から比べると顔つきが変わって、気づけばチームの中心で欠かせない存在になっていた。と同時に、関学の未来を担う存在でもある。だからこそ、一つだけお願いしたい。お前達の力で、チームを勝たせて欲しい。一緒に闘って欲しい。日本一の景色を一緒に見よう。」

天、敦仁、光星、晃己、駿、晃輔、大成、佳祐、マサ、馬場
「頼りない4回生で色々と迷惑をかけたと思うし、不満とかいっぱいあったと思う。申し訳ない。それでも、上回生としてチームのために貢献してくれていた。その姿に後輩とか関係なく、一人の人間として尊敬していた。本当にありがとう。一個下のみんなが大好きです。日本一になって飯でも食いながら語ろう。」

みわ
「何回も泣かしたけど、その度に強くなっていったな。負けず嫌いやけど素直な心で成長しようとする所がみわの良い所。あと3試合、4回学生スタッフに力を貸してください。」

大輝
「生意気やけどやる時はやる大輝は年下のスタッフながら心強かった。最後もう一度、大輝の力を貸してくれ。日本一になろう。」

しみちょろ(清水拓真)
「いつもいつも俺の自己満足のためにチャンスをくれてありがとう。日本一になって最高の笑顔の#しみちょろの介護を見せてくれ。」

和希
「和希の天才的なボールタッチにいつも魅了されて楽しませてもらってた。そして、ゼミ長ありがとう。最後お互いやり切って最高の終わり方をしよう。」

友樹
「4年間、何があっても変わらずに接してくれた友樹。友樹に何回も助けられた。本当にありがとう。また一緒に闘おう。」

英佑
「英佑、7年間ありがとう。実は尊敬してる事もいっぱいあるんやで。これまでの悪戯も全て忘れるくらい、最後は笑って終わろか。」

晟弥
「中学から同じチームで、かれこれ10年目の付き合いか。晟弥が大学でサッカーするって言うたから、俺も大学でサッカーしようと決めた。本当にありがとう。どんな時があっても晟弥は支えてくれたよな。最高の形で引退しよう。」

家族へ
「最後に、関学サッカー部での”生き様”を見て欲しい。」

あの日から690日目を迎えると決勝戦である。691日目の朝はどんな気持ちで迎えるだろうか。

”覚悟”とは”犠牲の心”ではなく”生き様”である。

男子チーム 4回生 森本実言

2019-11-28
門間友貴という男について

初めまして。ステータス人間代表の門間友貴です。V神戸U-15→星稜高校(国体)→関西学院大学と出身校で言えばまぁプロコースですよね。そんなエリート街道を歩んできた僕ですが何一つ結果を残していません。全くサッカー上手くありません。笑(笑えん笑えん) 足遅いです。高校時代、親友のめっちゃデブのバスケ部に50メートル走負けました。
友達やめようとおもいました。

そんな感じでいじられることも多い僕ですが、大学サッカーをするにあたって、何で自分はサッカーを続けてるんやろう?って21歳になった今でも考える時があります。大学生活を過ごしていると周りの環境がガラッと変わります。サークルで毎日楽しそうに過ごす人。趣味のためにバイトを頑張っている人。将来のために部活をやめて勉強や就活を頑張ってる人。選手をやめてコーチになる人。未来が見えず今を苦しんでる人。何が言いたいかと言うと、不安に思っていたんですよね…自分がしている事は将来のためになっているのかと。でも、考えて行き着く場所は、幼稚園の頃から約16年間本気でサッカーをやってきた僕からするとサッカーにはそれだけ熱くなれる価値があるというところなんです。だって今の自分があるのは、これまでのチームメイトのおかげで、強いて言えばサッカーのおかげなんですから。

みんなが持ってる僕へのイメージは、コミュ力があって、リーダーシップがあって、ムードメーカーみたいな感じだと思います。(大正解) 正直それは、みんなが僕にくれたモノで、本当の自分は臆病者です。思ってることがあっても言えません。行動に移せません。でも、その殻を破ってくれたのは大切な仲間の存在なんです。このチームのためなら自分を犠牲にできるな!バカやって盛り上がりたいな!時間を犠牲にしてまでも日本一を取りたいな!って思わせてくれるから自分も行動に移せるんです。しかも、そうやって全力を尽くしてきたからこそ最後に涙を流せる、感動できる、みんなで笑い合えるって最高じゃないですか?笑 そうやって人は他人と関わることで成長していけると僕は思います。人生一人じゃ生きていけないでしょ。何かしら他人と関わって、時間を共有して、いろんなことを感じて、喜びを分かち合うんです。サッカーにはその全てが詰まってると思うし、大学サッカーを選んだことを正解だと卒業すらしてないのに確信しています。
 
最後になりますが、来年4回生になる自分が今からできることは『思いを体現すること』言いたくないこともあると思います。やりたくないことも出てくると思います。でもやります。未来を想像したって正解かなんて分からないんです。そんな漠然としたもののためではなく確実にある今を全力で生きる。大切な仲間、大好きな関学サッカー部で最高の1年を過ごすために僕は行動することをここに誓います。それが自分の将来に繋がると信じて。
令和元年11月28日

男子チーム 3回生 門間友貴

2019-11-21
関学の漢(清水拓真)

周りくどい冒頭のあいさつは好きだけど今回はなしで、おそらく最後であろう部員ブログに向き合いたいと思う。

今年1年、4回生としてのシーズンは難しいことの連続だった。
人数が少ない中で各カテゴリーをかつての先輩方のように引っ張っていくことの難しさを痛感したし、学年としての溝が深まった時期や辞めていった仲間もいた。
個人としてもメディカルという立場からチームに対して何ができるのかと毎日葛藤していた。伊佐が言ってたように最初はまぁボロカス言われたよな笑(伊佐の覚悟はいつも伝わっていました。)
それでも、”日本一のために”という想いは一度もブレなかった。
それは4回生としての自覚がようやく芽生えたことも大きいと思うが、自分自身チームの力になれているという手応えを少しずつ感じていたからだろう。

なにより、ピッチの脇で羨ましそうにチームメイトのプレーを見つめながらそれでも辛抱強くリハビリに取り組む姿勢、リハビリ内で声をかけあって高め合う空気感、復帰した選手がピッチ上で活躍する姿、これらがどれだけ自分の原動力になったか。
復帰するとき、よく「ありがとうございました」とラインをくれるが(長文くれる人も)こちらこそです、本当にありがとう。

サッカー部に所属していると、評価されないと葛藤したり、自分の存在意義に悩んだり、楽しいことよりも思い悩んで眠れない夜の方が多いかもしれない。
「Aチームで活躍するためには」「日本一になるためには」と高い目標に対して自分を鼓舞し続けることが難しい時もあるだろう。
そんな時こそ、チームメイトを見て欲しい。
どんな境遇でも歯を食いしばって必死に闘う姿や、目立たないところでサポートしているスタッフの姿など、関学サッカー部は特に、見渡せば原動力に満ちているから。

そして、特に4回生を見てほしい。

勝負所で結果を出す4回生、チームが苦しい時こそひたむきに行動する4回生、プレーや姿勢でこの人のためにと思わしてくれる4回生。
そんな「関学の漢」たる4回生がチームを引っ張っているはずだ。

今シーズン残りは本当にあとわずか。サッカー人生を振り返って感情に浸っている場合ではない。このチームで日本一を獲りたい。そして同じ熱量で喜び合いたい。
(4回生のみんな、ただそれだけを目指してラストスパート走り抜けよう。)

男子チーム 4回生 清水拓真

Copyright(c) 関西学院大学体育会サッカー部 All Rights Reserved.