部員ブログ

2016-3-4
これから(上岡一輝)

いつもサッカーが生活の中心で、サッカーから多くのことを学んできた。これからも生活の中心にはサッカーがあり、死ぬまでサッカーが大好きなことに変わりはない。だけどその大好きなサッカーを今年やめる決断をした。

今シーズンからプレイヤーをやめ、コンダクターとなった。幼稚園からしてきたサッカーをやめ、選手を支える立場となることを決意した。人生で一番悩んだ選択だった。C1チームを指導し始めて約1ヶ月が経つが、今でもサッカーがしたくてたまらないし、仲間と必死にボールを追いかける夢を見ることもある。この選択が正しかったことなのかを考え過ぎて眠れない夜もある。サッカーに未練がないなんて言ったら嘘になる。それくらいサッカーが大好きだ。

だけど私はあと2年ある大学サッカーにプレイヤーとしてではなく、コンダクターとして貢献することを決めた。この選択が正しいことなのかは今でもわからないが、ひとつだけ言えることがある。それは関学サッカー部が私にこの決断をさせてくれたということだ。関学サッカー部が尊敬できる大好きなチームだからこそ、「このチームのためにプレイヤーをやめてでも貢献したい」と思った。このチームの一員でいられることに感謝しているからこそ、「このチームをもう一度日本一にしたい」「部員全員が日本一になったとき心から喜べる組織にしたい」「四冠を成し遂げた去年のチームをも越える一体感を持つチームにしたい」と思った。

そのために自分はチームにどう貢献すべきか。自分と向き合ったとき、出た結論がコンダクターになることだった。コンダクターとして下のカテゴリーの選手の環境を良くし、チームの底上げをする。関学は下のカテゴリーの選手がいるからこそ強いと思われるチームにする。そして部員全員の力で日本一を達成する。それをコンダクターとして先導することが私の使命だと思った。だから大好きなサッカーをやめることもできた。新たな自分の使命を見出だし、自分の進むべき道を見つけることができた。関学サッカー部だからこの決断ができた。

これからの未来を切り開くのは自分次第だ。だが、新たな道を選択する勇気はなかなか持てない。もちろん最後の最後で決めるのは自分自身だ。しかし、その過程のなかで決意するきっかけを与えてくれる組織や人に出会えるかが大切ではないだろうか。私には悩んだときに決意するきっかけを与えてくれた仲間とチームがあった。だからこそ、自分の決断に責任をもって生きていけるし、日本一を達成するために突き進める。関学サッカー部が導いてくれたコンダクターという道が正しい道であったことを必ず結果で証明してみせる。

あと2年。長いようで短い大学サッカー。今年の最後に4回生を笑顔で送り出すために。来年の最後に笑顔で大学サッカーとお別れをするために。やるべきことは山積みだ。まずは今年、もう一度日本一を達成しよう。そして2年後、私はコンダクターとして関学サッカー部に大きな物を残して社会に飛び出していく。私の大学サッカーはまだまだこれからだ。

新3回生 上岡一輝

2016-3-2
日本一の組織になるために (石井 力)

私は、2月1日のスタートミーティングより選手という立場から、コンダクターという立場になった。16年続けてきたサッカーをやめた。プレーする側から支える側になった。この決断はとても難しいものであった。
 
今の気持ちを少しだけ書きたいと思う。
 
コンダクターになって約1か月が経った。慣れないことだらけの生活で頭がパンクしそうになっている。やはり、大変なことばかりが続くとサッカーがしたいと思うようになる。練習を見てるだけだと物足りない気がする。グラウンドをぶっ倒れるまで走りたい。点を取りたい。アシストをしたい。試合がしたい。こんなことばかり思っている。正直言って、この1か月コンダクターになってよかったと思えることはない。16年続けてきたサッカーをやめてまでやることが正解だったのかとも思う。これが今の正直な気持ちである。

しかし、こんなことを思っていても意味はない。分かってはいるものの、なかなかこれらの思いを取り除くのは難しい。では、なぜコンダクターになったのか。こんなにサッカーがやりたいと思っているのになぜ選手をやめたのか。

関学サッカー部は、とても素晴らしい組織であり、その組織には最高の仲間たちがいる。部員一人ひとりが100%の力を発揮することができれば、日本一の組織になれると思っている。ただ、100%の力を発揮することは簡単ではない。力を出しやすい環境を作り出し、選手の長所をのばし、短所を補う。ストレスのない状態でサッカーをする。これらの環境を作り出す人が必要である。それが、関学でいうコンダクターだと思っている。

私は、コンダクターになり部員全員が100%の力を出せる舞台を作りたいと思っている。誰かが作らなければいけない。そう思ったときに、自分が一番適任であると思った。私ならできると思った。この自信に根拠はない。ただ、「俺がやらなきゃいけない」と思った。サッカーをやめて、関学サッカー部の仲間のためにより良い舞台を作りたいと思えた。それは関学サッカー部だから思えたことであり、最高の仲間のためだから決断できたことだと思う。

関学に貢献したい。関学を日本一の組織にしたい。社会から注目されるような学生組織になりたい。これは私が目標にしていることである。これを成し遂げるためにも最高の舞台を用意することが必要である。そのために、選手同様100%の力を出し続け、結果的にコンダクターになったことがベストな選択だったと思えるように、そして選手と共に笑って今シーズンを終えられるようにコンダクターとしての役目を果たしたい。日本一の組織へと導いていきたい。

新3回生 石井力

2016-3-1
能瀬泰行のオーストラリア留学日記No.3

こんにちは、最近日焼けのせいか現地で外国人と間違えられ日本人に英語で話しかけられる能瀬 泰行です。
留学生活も3週間が過ぎ、残り2週間となりました。
さて、今回は私がお世話になっているホストファミリーを紹介したいと思います。
まずは、デビー(マザー)です。彼女はいつも美味しいご飯を作ってくれます!また、食後には手作りのデザートを食べさせてくれます。
しかし、私がお土産として持って行ったチキンラーメンはなぜか茹でられた素麺のまま提供され、少し残念でした。笑

続いては、スティーブ(ファザー)です。彼の趣味は筋トレ。ご覧の通り素晴らしい胸筋の持ち主です。週末には自宅のジムで追い込み、常にストイックさを見せつけられています。自家製プロテインを飲んでるときが1番幸せそうです。

最後に子供たちを紹介したいところですが、最初にホストマザーから言われた通り彼らはもの凄くシャイらしく未だハローくらいしか話したことがありません。ほとんどの時間を自分の部屋にこもって過ごしいます。まさか初対面で嫌われているのかと思いましたが、、、一緒にホームステイしているドイツ人の留学生も話したことがないらしいので嫌われているわけではないので安心です。帰国するまでには良い関係を築きあげたいですね。笑

というわけで、環境にも恵まれながら留学生活を送っています。残り少ない留学生活をより良いものにしたいと思います。

無題

2016-3-1
北村明信レスター滞在記3

おはようございます!
レスターの生活にも慣れ、2週間が経ちました。この2週間の間でさらに、多くのことを経験することができました!

イギリスでは公園にストリートサッカー専用のコートがあり、イギリス人に混ぜてもらい、3対3をしたりしています。レスター大学の練習は、急に中止になったり、学校の授業の関係で、あまり参加できていません。しかし、近くにキングパワースタジアムがあるので、ランニングできたりもするので、サッカーの環境はとても整っています。今週もレスター大学にいってサッカーできる機会があるので、多くのことをまた吸収したいと思っています。

ただ、いいことばかりではありません。生活面では、お風呂はシャワーの温度がぬるく困っていたり、食事の面では、あまり自分の口に合わないし、器具も日本のように便利ではないので、大変苦労しています。日本の技術は本当に優れているんだなと、日に日に実感しています。

しかし、こんな経験をできていることは本当に幸せなことなので、苦労なことも乗り越えていこうと思います。この2週間は初めてのことが多く、環境に慣れるのが精一杯だったのですが、残りの2週間は、これまでのリアクションの反省から、生活面でも、サッカー面でも、アクションを自分から起こしていこうと思っています!
コンディションをさらにあげるためのトレーニングや、栄養やスタミナのある食事を考えて摂っていこうと思います!

この時期に留学ということで、複雑な気持ちはたくさんありますが、この経験が力になると信じ、また、イギリスで培った力を帰ってから、関学サッカー部で活かせるように残りの日々を大事にしていきたいと思います!

写真は土曜日にプレミアリーグのレスターvsノリッジの試合を観戦したのと、日曜日にキャピタルワン杯の決勝のリバプールvsマンCの試合を観戦した時の写真です!!

imageimageimageimageimageimage

 

新3回生 北村明信

2016-2-24
エピソード2(高橋 諒)

2016年1月29日、私は現役をやめてコンダクターになった。コンダクターになるにあたって自分の人生を振り返り自分でも驚くぐらいに悩んだ。それはそうだ。6歳からサッカーをはじめて15年間ほとんどの時間をサッカーに捧げてきた。初めて本気で目指した夢もプロサッカー選手だった。サッカーは自分の人生そのものだった。サッカーを中心に生活をし、進路もサッカーを第一に考えて決断してきた。一言では表しきれないほど自分にとってサッカーという存在が大きいものであったと、現役をやめるかもしれないと悩んだときに改めて痛感した。

自分は現役を引退することに躊躇していた。一人のプレイヤーとして日本一のピッチに立ったわけでもなく、Iリーグ全国制覇という結果を残せたわけでもない。中学、高校だって自分の満足いく結果なんて残せていない。そもそも大学サッカーをはじめるときもピッチに立っている自分しか想像していなかった。現役としてのサッカー人生に未練があったのだ。また、今まで自分のサッカーを支えてきてくれた両親をはじめとする、多くの方々に対して大学サッカーラストイヤーで泥臭くても、たとえトップで試合に出場できなくて下のカテゴリーだとしても、ピッチに立ちサッカーで感謝を表現することが一番の恩返しになると考えていたし、サッカー人生で結果を残せていないことも申し訳なく思った。こんなことを考えながら決断するまでの期間を過ごしていた。

コンダクターを決めるにあたって何度も学年ミーティングを重ね、毎日のように頭を悩ませた。みんなやっぱりサッカーが大好きで、サッカーを続けたいというのが全員の意見であった。ましてや人生の中で真剣にサッカーができるのは最後かもしれないとなったらそれはそうなるだろう、みんな同じ考えだろうと思った。もちろん自分もその一人であった。

しかし、それよりも大事なことは四冠をとった去年のチーム以上に結果、内容ともに上回ること、大学生はこれだけすごいことが出来るということを証明することだと思った。それについて考えることが関学サッカー部に在籍しているうえでの責任だと感じた。

そのために自分がやるべきことはなにかを考えた。関学サッカー部は「大学サッカーの正当性を証明する」という柱のもとに、
・人間的成長を遂げ学生サッカーの可能性を広げる。
・観る人すべてに感動を与え共有する。
・仲間や支えてくれた人への感謝を体現する。
という目的があり、それらを達成する手段として日本一という目標を掲げている。本気でこの目的、目標を達成するためには自分のすべきことは明確だった。サッカー部には自分よりサッカーが上手い人が何人もいる。そして、その人たちと同等かそれ以上の貢献で関学サッカー部を発展させるためには、チームをマネジメントすることだった。もちろんサッカーで貢献出来ない悔しさや歯がゆさ、むなしさは感じた。

だが、自分のすべきことが分かっているにもかかわらず、勇気もなく黙っているだけの人間にはなにも出来やしない。何もしないことは恐ろしいことだと思ったし、何もしないことに慣れきったらおしまいだと思った。

そして、本気で自分がこのチームを日本一の集団にしたい。去年以上のチームを作りたいと覚悟を持って決断が出来た。また、この決断をしてこれから一年間コンダクターとしてチームに貢献することが、入学した当初は悪がきだった自分をここまで考えさせてくれるようにしてくれた関学サッカー部への恩返しになるとも思った。これが自分と向き合って出した答えであった。

みんなにはもう一度、自分がどのようにしたら関学サッカー部のために動くことができるのか考えてほしい。特にトップチームではない下のカテゴリーに所属している多数の人は、自分が本当に関学サッカー部の一員なのかどうかわからなくなる時があるかもしれない。トップチームが勝っても他人事のようになってしまう時もあるかもしれない。実際かつての自分もそうだった。帰属意識など微塵もなかった。

ただ、そう思ったとしても間違いなく関学サッカー部のエンブレムを背負って戦っている以上は、関学サッカー部の一員なのだ。サッカー部の一員であるからには、自分が組織の中でどういう立ち位置で、その現状を理解したうえで自分の弱さに目を背けずに、自分がチームのためにできる最高のパフォーマンスは何なのか考え続けなければいけない。

関学サッカー部の一員として活動している中で、成長できる機会が至るところに転がっていると最近になってようやく気付けた。だからこそみんなにはもっともっと考えてほしい。必ず今までとは違った次元で、サッカーに向き合えるはずだと自信をもって言える。それがチームのためになるし、結果として自分の成長につながり、自分の存在価値の証明となると信じている。

コンダクターをはじめてもうすぐ一か月が経つが、サッカーって本当に素晴らしいなと感じている。コーチ業というのは初めての経験で模索し壁にぶつかり、苦労もしながら毎日を過ごしているが、新しい視点からサッカーを捉えることで改めてサッカーが楽しくて、さらにサッカーが好きになった。ただ、「高橋諒のサッカー人生第2章」は始まったばかりだ。まだまだこのチームは強くなれる、まだまだ関学サッカー部は成長できると信じてこの一年間やっていきたい。サッカーを通してみんなと成長していきたい。

そして今年、関学サッカー部は大学サッカーの正当性を証明し、世界、日本全体を巻き込む集団になる。地元の友達にも二度と「かんさいがくいん」とは言わせない。そのために出し惜しみはしない。みんな今年一年頑張ろう。

最後に両親には自分の決断を一番に尊重してくれたことに感謝したい。

新4回生 高橋 諒

Copyright(c) 関西学院大学体育会サッカー部 All Rights Reserved.