部員ブログ

2017-11-23
決意表明 (石井 佑樹)

今年のKGリーグで3回生コンダクター・西田健人率いるニシヤンホワイト主将の石井佑樹です。今回は、KGリーグ最終戦に対する決意表明をします。

 今年C1チームは「Iリーグ決勝トーナメント進出」という目標を掲げていながら、目標達成はおろか、なかなか勝てずA・B・C2チームにほとんど刺激を与えることができなかったと思っています。特に自分は、全ての試合に出させてもらっていながら、チームを勝利に結びつけられず、不甲斐なさを感じています。

 これまでを振り返ってみると、今年のC1チームに1番足りなかったものは「勝負強さ」だと私は考えます。「後1歩足を伸ばせば」「後1m走っていれば」「後もう少し頑張っていれば」という「後ちょっと」という練習での日々の甘さが積もりに積もって、Iリーグやダービーなど勝負の懸かった試合で勝てなかったことに繋がっているのだと思います。

 KGリーグが始まって西田に主将を任せられた時に、私は全てにおいて勝負にこだわることを決意し、メンバーに対しても厳しく言ってきました。今シーズンの限られた時間でも、とにかく勝負にこだわることで、1日1日成長することはできると思っています。

 私にはこのKGリーグで果たしたい目標が2つあります。それは、「全勝優勝」と「西田コンダクターを優勝させる」ことです。今年1月26日、西田はプレイヤーからコンダクターという立場に変わりました。KGリーグが始まり、1つのチームを見ることは初めての経験で不安も大きいと思います。その不安を少しでも小さくし、西田に来年、大きな自信を持ってチームを引っ張っていってもらうためにも私が優勝に導くしかありません。

 最終戦。相手はC1井上コンダクター率いる、4回生中心のチームです。今年はほとんど4回生の力になることができなかった分、最後に勝負にこだわる姿勢を見せつけ、勝利することで恩返しをします。

男子チーム3回生 石井佑樹

2017-11-22
旅はまだ途中 (満田 翔)

今シーズンも残りわずかとなった。今季を振り返ると、自分としてもチームとしてもあまり満足のいく結果が出ていない。

そんな中、今年もKGリーグ(関学Cチーム内で行われる部内戦)が始まった。私が所属するターキーレッグスは初戦で惨敗を喫し、チームとして最悪のスタートを切った。応援に駆けつけてくれた人達にも申し訳なく思ったし、チームの雰囲気はかなり落ち込み、個人的にも唯一の三回生でありもっとやれたのではないかと責任を感じた。

四回生が多くいるこのチームで私に何ができるのか。そう考えた時、チームがどんな状況でも戦い続けることだし、声を出し続けることであると思った。リーダーシップがさほどない私だからこそ、プレーや気持ちの部分でチームを支えなければいけないと感じた。

しかし、私の力だけでは足りない。どんなに一人が尽力しても組織を動かすことは難しい。皆が同じモチベーションで挑むことで大きな力になる。一人の百歩より百人の一歩。KGリーグのグループリーグでは皆の気持ちの部分が表に現れ、全員の力で一位・二位決定戦に駒を進めることができた。

人には必ず、得手不得手があり、人それぞれに活躍できる場所がある。今年の目的に「一体感の可能性」という言葉が記されてあるが、まさにそこだと思う。私はKGリーグ最終戦にこれらの意志を持って挑む。それが、関学サッカー部の力になると確信しているから。関学サッカー部を一つの船と考えるなら、私たち一人ひとりはその船のクルーである。それぞれの役割が違えど、全員の指針が一緒ならば船は前に進む。

全国大会を控えるBチーム。目指す場所は全て同じであるはずだ。全ては笑って終えるために。
今年の関学はまだ終わらない。
だって旅はまだ途中だから。

男子チーム3回生 満田 翔

2017-11-10
下を向いている場合じゃない (中大路 健)

望みのポジションでやらせてもらえなかった。メンバー外になった。スタメンから外れた。そして、怪我をして関西選手権と総理大臣杯に出られなかった。一言でいえば今年は災難な一年です。
それでも下を向いてる場合じゃない。私の大学サッカーの終わりは刻一刻と迫っています。愚痴を言えるほど贅沢な時間なんて私には残されていません。それに、他の体育会で頑張ってきた仲間の引退や、Iリーグで負けてしまったチームメイト、個人的に一番思い入れのあるKGリーグの終わりを思うとすぐそこまで引退が迫ってきていることを本気で痛感します。寂しいとかやり足りないとかそんな次元の感情ではなく、正直怖いです。

今年のチームは関西選手権の決勝で敗れ、リーグ戦でも連敗が続いており、思うような結果が出ていません。このままだとインカレ出場さえ危うい。勝負所でことごとく負けてきたチームをただスタンドから眺めることしかできない自分に嫌気がさしていたし、悔しくてたまりませんでした。それでも下を向いている場合じゃない。残りのリーグ戦全てに勝てば、インカレ出場は見えてくる。勝てばいい。点を取って必死で守り抜けばいい。一番難しいことだけど、凄くシンプルだ。

他力本願でインカレに出場するのは御免だ。必ず自分達でインカレの切符を取る。前だけを真っ直ぐ見て、目の前の全ての勝負に本気で立ち向かい、勝ち続けるしかない!
幸いにも上岡一輝をはじめとするスタッフやチームメイト、応援してくれる人達の手厚いサポートのお蔭で、私はなんとか今週から試合に出られるまでの状態に戻ってくることができました。だから私は全てを賭け、感謝を体現するために、必ずゴールという形で感動や喜びを与えます。

最後に
応援席から声を枯らして一緒に応援してきたチームメイトへ。
連続失点をしようが、どんなに期待外れな内容であろうが、関学の勝敗はピッチにいる選手にかかっています。みんながどんな思いで試合を観ているのかよくわかります。でも愚痴や不満を言っても仕方がないんです。下を向いている場合じゃない。勝つために、一人ひとりがピッチに向かって思いを込めて選手を鼓舞するしかないんです。力を貸してください。

Aチームのみんな
どれだけ厳しい状況にあろうが、関学サッカー部の最前線で戦う俺たちは絶対に前を向いて全員を引っ張っていかないといけない。下を向いてちゃいけない。関学の為に、応援してくれるたくさんの周りの人たちの為に、何としてでも自分たちの手でインカレ出場を掴み取ろう。一体感は俺達が生み出すしかない。

男子チーム4回生 中大路 健

2017-11-8
原動力 (中村 未波)

6月24日。あの日の絶望感は鮮明に心に残っている。
春リーグ入替戦に負け、2部降格が決まり、2017年度女子チームで掲げていた、“インカレ初出場”という目標が早くも途絶えてしまった。それと同時に、私たち4回生が4年間思い描いたインカレ出場は、叶わぬ夢となってしまった。

小さい頃からインカレという大会に憧れを持ち続け、3年半前の春、”この4年間で必ずインカレに出場してやる”という想いを胸に関学サッカー部に入部した…はずだった。
しかし、この長年の夢を絶たれたときの感情は、自身の悲願が叶わなかったときの悲しさとは違っていた。
降格が決まった瞬間、泣き崩れ落ちる仲間の姿、4年間の夢を絶たれ、時間が経っても人目を忍び涙を流し続ける同期の姿。決して変えることのできない現実に苦しむ、仲間たちの姿を見ることがただただ悲しかった。申し訳ない気持ちでいっぱいだった。
この時、今の私の原動力となっているのは、自分自身の感情ではなく、仲間の存在なのだと気がついた。
このチームで勝ちたい。仲間を喜ばせたい。それだけだった。

入替戦で負け、その2週間後には兵庫県選手権が迫っていた。しかし、重い雰囲気を拭いきることができず、立て続けの敗戦となってしまった。
その後、いつまでたっても込み上げてくる、前期の悔しさを胸に試行錯誤を重ねてきた。
夏休み期間中、練習してきたことが形にならず、なかなか試合に勝てない苦しい時期もあった。
それでも、秋リーグ全勝優勝という目標に向かって進み続けた。

逆境に立ち向かい、這い上がれるメンタリティを身に付けることができたのではないか、とさえ思っている。
しかし、どれだけ努力を語ろうと、勝たなければ意味がない。悔しさを噛み締め、地を這って積み重ねてきた私たちの努力を、意味のあるものにするためにも、私たちは何が何でも勝たなければいけない。全勝優勝を成し遂げなければならない。

これまで見てきた仲間たちの悔し涙を嬉し涙に変えたい。嬉しそうな顔が見たい。喜びを皆で分かち合いたい。
今でも変わらず私の原動力は仲間。
最高な仲間たちと共に戦える、残り少ない時間を噛み締め、今年度で一番いい仲間の顔を見られる瞬間を迎えたい。

女子チーム4回生 中村 未波

2017-10-25
As much as we can (高田 慧)

拝啓 親愛なる皆様へ

桜が咲き乱れたと思えばセミが鳴きわめき、木の葉がだんだん紅く色づき始める季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、季節の挨拶が書けるまでに成長した僕ですが、そんなこんなで大学生活も大詰めを迎えている。
時の流れは本当にはやい。

最近ふと考える。この大学生活で何が変わったのかと。
英語を話せるようになった?都会に染まった?様々な教育問題に鋭いメスを入れることができるようになった?(だめだ、どれもできてない)

一番大きく変わったのは、「自分の考えに軸ができたこと」だ。

まだ地元にスタバではなくスナバしかなかった、高校3年生の春。遠征で訪れた関西学生リーグの試合を見て、大学でサッカーをしたいと思った。
人口の最も少ない某田舎県の、サッカーでは全く無名な高校で私はプレーしていた。毎年、東大・京大合わせて10人ほど進学するような、いわゆる田舎の進学校だった。練習時間も短く、部活が終わって家に帰っても、ドラえもんをオープニングの曲から観られるような時刻であった。

練習環境はというと、グラウンドはサッカーコート半面もとれない広さで、照明もなく、もちろん土。
全国大会出場、日本一など目標にするには程遠い、そんなチームだった。なので、某有名なサッカー総合サイトすら知らなかった。

そんな僕が、関学サッカー部に入って衝撃を受けずにいられるだろうか。

1年生の時は、練習についていくこと、プレースピードになれていくことに必死だったのを、今でもよく覚えている。
そして一番驚いたのは、すべての試合における勝負へのこだわりと、その勝率の高さだ。公式戦はもちろん、練習試合でさえ勝利には妥協しない。そして、結果を残す。
優秀な選手を集めたり、環境を十分に整えたりする大学も多い中、それらを凌駕するほどの結果を毎年のように残す、そんな組織はいかにして機能しているのか。

僕はこの4年間で、その答えは次のように凝縮されるという結論に至った。
「できる人ほど必死に頑張っている」

こう書くと、なんか流行りのビジネス書みたいに聞こえるが、ここでの”頑張る”は、「努力すること」とは少し違う。当たり前のことができていたり、信頼されていたりする人ほど、泥臭くチームのために身体を張り、時間と労力を惜しまず取り組む、ということである。
Aチームの公式戦においても、上回生がピッチで一番声を出し体を張っていたり、技術レベルが高い選手ほどハードワークしたりする光景がよく見られる。今年のチームも例にもれない。

また、チームで与えられている役割・役職に対して、4回生が率先して行動している点もあげられる。俺は4回生なんだぞ〜とか、俺はサッカーが上手いんだぞ〜と誇示する選手が少なく、チームの中心となったり、学年が上がったりするにつれて、物事への取り組みの必死さが増しているように感じられる。そういう姿勢や気持ちがチーム全体に伝染し、まさに今年のキーワードである「一体感」につながっているのだろう。
関学の強さの秘訣はここにある。

この考えに至ってから、僕は何事にも出し惜しみすることをやめた。できることをできる時にとにかくできるだけやろう、と決めた。関学の強さの秘訣が、僕の中にひとつの大きな軸を作るヒントを与えてくれたのだ。

いよいよ、Iリーグのトーナメント決勝。出し惜しみすることなく、全ての力をぶつけたい。そして、Bチームの目標の1つを達成して、全国への勢いをつけたい。

…と、ここで終わるのが文章としてはかっこいいはずだが、あえて言わせてほしい。

僕は、今まで全国大会を経験したことがない。

県大会の決勝、地方大会には出場したことはあるが、大学4回生の今になって、初めて全国大会への出場が決まり、関西での決勝を迎えた。今まで経験したことのない舞台だ。こんなに嬉しく、楽しみな試合はない。
今まで緊張しすぎて、Iリーグ前日はほぼ毎回睡眠不足に陥っていたが、今回は大丈夫そうだ。
土曜日が待ち遠しい。

関学Bチームの特徴を活かしたサッカーを、Iリーグトーナメントの決勝で、思う存分表現したいと思います。
みなさん応援してください!

男子チーム4回生 高田慧

Copyright(c) 関西学院大学体育会サッカー部 All Rights Reserved.