部員ブログ

2015-12-17
KWANGAKU is No. 1(森 信太朗)

ついに学生サッカー生活、ラスト1試合となりました。長かったようで短かった4年間、そして長かったようで短かったサッカー人生のラスト1試合。思い出に残る大事なゲームにしたいです。

振り返ってみると、様々な思い出が蘇ります。私達の学年はすごく生意気で、むちゃくちゃで、やりたい放題で、先輩達やスタッフの方々には本当に迷惑をかけてきたと思います。私達が先輩だったらブチ切れてたことだと思います。そんな寛大な、コーチや先輩達から「お前達の学年は絶対弱い。まとまりがないから。」と厳しい言葉を言われたことが何回かあります。
確かに僕達の学年は問題をたくさん起こしてきたし(私はその中心にいました)、まとまりも全くない個性派集団でした。ですが、どの大学よりも、今までの関学サッカー部のどの代よりも、一番学び、一番サッカーに懸け、一番成長してきました。これは慢心でも過信でもなく、事実です!!
強くなる為には何をどうしたらいいかを常に考えてきたし、行動に起こしてきました。サッカーのことはもちろん、サッカー以外の部分でも勝つ為に、強くなる為に、成長する為に、行動を起こしてきました。

試合や練習の前に朝早くから集まり、木鶏会や講演会をする大学があるでしょうか?
リーグ優勝を決めた次の日の早朝に、神社のトイレを素手で磨く大学があるでしょうか?
常に試合でのプレイ成功率や、何回ボールを触ったかなどを表にして出す大学があるでしょうか?
わざわざオフの日に、サッカー部全員で集まってBBQをしたり、ボーリング大会を開催する大学があるでしょうか?
試合後の補食を持ってこいということを、毎回試合前にメーリスで送る大学があるでしょうか?
遠征などで完成度の高いしおりを作り、それに沿ってミーティングや活動をする大学があるでしょうか?

関学サッカー部だけです。
だから私達は証明しなければなりません。
これだけのことをやってきた意味があったことを。これだけのことをして、成長したことを。そのためにもこのインカレは必ず優勝しなければなりません。

そしてついにここまできました。
流経も倒し、明治も倒しました。
全てのタイトルを獲って、今年1年を関学の年にしよう!絶対日本一!!

4回生 森 信太朗

2015-12-16
学生サッカーを先導する(安達 大樹)

8月16日、関学は総理大臣杯優勝のタイトルを獲得し、悲願の日本一を達成した。僕自身、スタンドで応援していたのだが、スタンドの部員も歓喜の輪をつくり、日本一の瞬間を喜んだ。

しかし、喜びはその日までだった。
日本一になったとしても、今まで通り普通の次の日がやってきたし、何か自分が変わったこともなかった。優勝したのはトップチームの選手で、自分はどこか他人事のような、そんな気持ちになっていた。
なぜ?日本一になったのに、心から喜ぶことができなかったのか。

それは僕自身が本当の意味で関学サッカー部の一員になりきれてなかったからだ。
チームが日本一になってはじめてそのことに気づいたし、「もったいないことをしたな」心からそう思った。

では本当の意味での関学サッカー部員とはなんなのか?

各々の立場、役割、責任がある中で、それぞれがその姿を見つけていかなければならない。

関学サッカー部は部の運営や活動、チームづくりまで様々な場面で学生の主体性が試される。例えば、雑誌『致知』の感想文を発表し合う「木鶏会」や、カテゴリーや学年の溝をなくし、縦と横の繋がりを強めるためのファミリー活動など、部員独自の活動をあげればキリがない。サッカー以外でも輝ける場所が部員の誰しもにある。そして、そういった活動の正当性を証明し、大学サッカー界を代表するチームになるために関学は勝たなくてはいけない。人間的成長を追求し、真摯にサッカーに取り組む本気の集団であること、これが関学サッカー部の強みである。僕はそういった部分に関学サッカー部員としての価値を見出した。

そして、今年でサッカー選手としての自分にケリをつけ、来年は関学サッカー部の主務となる決断をした。この本気の集団の可能性をどこまで引き出せるのか、そこに自分のすべてを懸けたいと思ったからである。

日本一になってもなお、チームは成長を続けてきた。「サッカーが強いだけじゃいけない。学生サッカーの可能性に挑戦する。」井筒主将がよく口にする言葉である。井筒主将と黒川主務が作り上げてきたこの主体性溢れるチームを本当に誇りに思う。この4回生の下で1年を過ごせていなければ、僕が主務になる決断なんて到底できなかっただろう。部員ひとりひとりが胸を張ってチームに貢献したと言える、そんな組織づくりに全力を尽くしたい。来年、4冠(今年おそらくするだろう)というプレッシャーの下で仕事ができることに本当に感謝している。

そして、「俺がお前のサッカー人生を背負うから」と言ってくれた米原(来季主将)と何が何でも日本一を獲りたい。

3回生 安達 大樹

2015-12-15
明日は気持ちや!!(福冨 孝也)

「今日は気持ちや」
試合前のミーティングで徳永はいつも最初にこう言います。試合が始まると、徳永は小さいのに、言葉の通り「気持ち」を前面に出したプレーをし、私はそれを横で見て「もっとファイトしないとな」という気にいつもさせられています。

私は中学3年生の頃、ある大きな経験をしました。所属チームで全く試合に出場できなくなり、ベンチから試合を見守るのが当たり前、試合に出場したくてたまらない日々が続きました。こんなにも出場できないほど、私と出場している選手たちとの実力差は大きくない、そんなに実力差ないんじゃないかというのが本音でした。
ある大事な試合で、同じポジションの選手が開始早々に負傷し、やっと出場できると準備しようとしたとき、監督とコーチの会話が聞こえてしまいました。コーチは私の名前を出してくれましたが、監督からは「あいつは戦えない。ダメ。」という言葉でした。(結局、ポジションの違う選手が強行出場。)

当時の私は、なぜ戦えないだけで出場させてもらえないのか、得点に絡める選手が出場したほうがいいのではないか、じゃあ私はなんで今ベンチにいるのか、何もかもよくわかりませんでした。中学時代は、そのまま試合に出場することなく(最後、ほぼ負けが決まった試合で10分だけ記念出場)、また、最も大事なことに気づくことなく退団してしまいました。

4年間、関学サッカー部でサッカーをさせてもらい、ようやく気づいた気がします。最も大事なことは上手い下手よりも勝ちたい「気持ち」だということを。この「気持ち」はサッカーだけでなく、他のことでも必要になる。と、この4年間で学ぶことができました。私たち4回生が関学でサッカーするのも残り2試合となりました。ここまできたら実力差なんてほとんどありません。最後に差がつくのは試合に勝ちたい「気持ち」です。

私は、勝ちたい「気持ち」を前面に出し、残り2試合戦います。
こんなにも重要なことを学ばせてくれた関学サッカー部に必ず結果で恩返しします。
インカレで必ず優勝します。

結局最後は「気持ち!!!」

4回生 福冨 孝也

2015-12-14
関学サッカー部としての私、学連としての私(栗山 泰輔)

私は高校でサッカーをやめました。初めは好きであったはずのサッカーが次第に重荷になり、それが嫌で逃げ出したのです。

大学入学当初、新鮮で縛りのない環境に開放的な気分になりました。しかし一年が過ぎた頃、虚無感と不安感に襲われました。充実感も見出せず、このまま自分は大学四年間を棒に振るとまで思いました。

そんな自分を救ってくれたのが、関学サッカー部、関西学生サッカー連盟(学連)という役職でした。一度逃げたにも関わらず違う形ではあるが再びサッカーに携わるということを何かの縁だと感じ、またサッカーに対し真剣に向き合おうと思いました。
関学サッカー部を見て一番思うことは、部員全員が何事にも本気で取り組んでいることです。
サッカー以外でもその姿勢は変わりません。
そういった姿勢は一度スポーツから離れ、たるんでいた私の気持ちを一気に引き締めました。
このきっかけを与えてくれた関学サッカー部にはとても感謝しています。

学連という役職は、サッカー部の学生スタッフであり、大学サッカー全体を運営する連盟の役員でもあります。途中から入部した私の事を知っている人は少ないと思います。しかしこの役職は、両者を繋ぐ重要なポジションだ、と考えています。
こういった責任感の中で自分が成長できることはとても幸せであると思います。
成長させてもらった関学サッカー部と学連へ感謝の意を示すためには、関学サッカー部の日本一という目標達成を通じ、関西学生サッカーをもっと盛り上げていくことだと思います。
そのために私はサッカー部と学連を繋ぐ、錆びて水漏れしない図太いパイプ(例えが下手)としてチームに対してできること、関西学生サッカーに対して出来ることを真剣に取り組みたいと思います。

3回生 栗山泰輔

2015-12-13
倍返しだ(小野 晃弘)

去年の流経とのインカレ決勝、自分は確かにスタメンでピッチに立っていた。インカレメンバーに入るか入らないかの立ち位置であったであろう自分が。決勝まで1秒も出場していなかった自分が。この事をインカレが始まる前に想定した人がいただろうか…、多分いないと思う。自分自身も考えられていなかった。試合に出られるチャンスを与えてもらって、もちろん気合いが入ったし、準備もした。

試合は0ー1負け

こんな付け焼き刃の準備で取れるほど日本一になる事は、甘くはなかった。怪我人・出場停止者がいなければ結果が変わっていたかもと考える人もいるだろう。悔しいし、自分がすごく情けなかったし、去年の4回生に申し訳ないと思う。

インカレ決勝で敗れたところからスタートした今年のチーム。

キャプテンの井筒がよく言っていることがある。
『総理大臣杯を優勝した時も、他人事のように感じている部員や心の底から応援できていない部員がいたんじゃないか。部員全員が日本一に本気で貢献したと、胸張って言える関学サッカー部を作りたい』

そんな想いで、井筒・黒川が中心になって、そこからチームを変えてきた。チームを引っ張ってきたこの2人の想いを体現したい。
そのためには、部員全員の力がいるはずだ。

体現するラストチャンスのインカレ。

今日、準々決勝・流経戦

最高の準備ができた。

がんばろう。

4回生 小野晃弘

Copyright(c) 関西学院大学体育会サッカー部 All Rights Reserved.