部員ブログ

2015-4-15
期待と責任を背負って(呉屋大翔)

今年僕は副将という役職を与えられ、幹部になりました。「呉屋が副将になった」というのを聞いた過去の先輩たちや知り合いの人はみんな驚いたと思います。自分自身今まで生きてきた中で一番責任のある仕事を任されました。「あいつにできるのか?」という言葉もたくさん聞きました。でもそんなことを言われるのは当然のことでした。

下級生の頃の僕は練習に全力で取り組まなかったり、先輩にファールばかりして成山監督に帰れと言われたり、同期のやつと喧嘩をして成山監督に帰れと言われたり、とにかく自分勝手な行動ばかりで成山監督に怒られてばかりでした。「試合に出て、点を取って活躍して、チームを勝たせたらいいんでしょ?」僕の心の中は三年間ずっとこんな感じでした。

しかし四回生になり幹部になってようやくもっと大事なことに気付きました。関学サッカー部にはメンバーに入れず悔しい思いをしてもスタンドから必死に応援してくれる部員がいて、大人のコーチがいなくて学生だけで練習をしなければいけない選手もいて、グラウンドをフルで使える練習が週に数回しかない部員もいます。そのような状況に置かれてもなお必死に練習に取り組みつつ、Aチームのリーグ戦で応援するのはもちろん、関学とは関係のない試合でボールボーイ、運営の準備、四回生には係の仕事もあります。このような部員の存在が強い関学を、学生主体の関学サッカー部を作り上げているのです。これを試合に出る選手が理解していることが関学サッカー部の伝統であり“日本一を取らなければいけない理由”ではないのか、ということに気付きました。

そして僕は一年生から試合に出させてもらってきて、今年がラストイヤーです。三年間試合に出続けてきて、まだ一度もチームに日本一をもたらすことができていません。僕にはスタンドから応援してくれる部員たちの期待、関学サッカー部を応援してくれている方々の期待、OBの方達の期待、様々な人の期待とプレッシャーを背負ってピッチに立つ責任があります。「周りなんか気にせず自分のプレーをすればいいよ。」とアドバイスをくれる方もいます。でもそれではダメです。『いろいろな方の期待とプレッシャーを背負いきって結果を出す。点を取り続け、日本一にチームを導く。』これが四年目で僕が絶対達成しなければいけないことです。仲間たちと最高の景色を見るために、僕は最後の一年、覚悟を持って闘い、ここまで自分を成長させてきてくれた関学に対して感謝の気持ちを形で表したいです。

4回生 呉屋大翔

2015-4-10
ただ可能の限界を(荒井拓海)

チームスポーツをする以上チームを代表して試合に出られる人数は限られていて、レベルが高くなったりチームの人数が増えれば増えるほどその人数は一握りになります。これは否が応でも突きつけられるものであり、選手の宿命だと言えます。今までチームを代表して試合に出場していた自分は大学サッカーでこの問題に直面しました。試合に出場できない人はチームに貢献していないのか。存在意義は薄れるのか。これはサッカーをやる上で切っても切り離せないものでした。大学サッカーでの長い時間、目の前の練習や試合が自分にとって、もっと言うとチームに対してどんな意味があるのか納得できず、サッカーに対する情熱さえ失いかけました。

関学サッカー部を通じて出した結論は「Aチームで試合に出ることとCチームで頑張ることには同じ価値がある」ということです。どのカテゴリーにいても、たとえそれがどんなに小さな練習試合であっても、関学サッカー部を代表してチームを背負い最後まで全力で戦い抜くこと、行動規範の中に関学サッカー部に所属しているという誇りがあること、これは3回生のときC1チームの主将を経験させてもらい感じたことです。

Aチームで試合に出場する選手よりそうではない選手が圧倒的に多い中で”彼ら”が何を考え、どう振舞っているかでその集団の価値は大きく変わると思っています。そして大多数を占める”彼ら”の存在がチームを鼓舞し、チームの成績に直結することを今まで何度も見てきました。”彼ら”が真摯に取り組みやっていることはチームにとって目に見えない間接的なものではあるものの、チームへの貢献に直接的につながるものであると信じています。それが関学サッカー部の強さの真髄であると思っています。だからこそ今年度副将として一人ひとりが関学を背負ってやっていることを、学生主体で行う可能性を、関学サッカー部の魂を後輩に残していきたい。さらに強いものにしたい。そこに関学サッカー部で自分の学生サッカーを終えることの意味があるような気がしています。

こういうと自分がやっていることへの正当性を主張したいだけなのかもしれません。しかし、自分が集団にとって必要とされる存在に成長し、人から信頼され役割(ポジション)をもらうために人間性を高め続けることはこれから生きていく上で必ず必要とされるのではないでしょうか。それがサッカーをやる上で常々言われ続けてきた「サッカー選手である前に一人の人間であれ」のひとつの答えだと思っています。
中学生のときから必ず試合前に自分に言い聞かせている古代ギリシャの言葉があります。「わが魂よ、不死を求むることなかれ、ただ可能の限界を汲み尽くせ」刻々と近づいている引退まで持っているもの全てを出し尽くしたい。

 

4回生 荒井 拓海

2015-4-8
目指し続けた場所(槙島 隆介)

関西学院大学サッカー部には、隣り合うカテゴリー同士で対決を行い、上のカテゴリーが負ければメンバーの入れ替えが行われる「ダービー」という制度があります。

先日、そのダービーに勝利し、試合後「Aチーム昇格」を告げられ、入学前から目指していた目標を一つ達成することが出来ました。素直に嬉しかったです。

しかし、ふと考えてしまいました。「日本一という目標に貢献するには、Aチームで厳しいポジション争いをしていくことと、Bチームでキャプテンをさせてもらいチームを引っ張り、Aチームが気を抜けないような強いチームを作っていくことのどちらが良いのだろうか。」とても贅沢な悩みだと思います。 Bチームでキャプテンをさせてもらった期間は、チームがまとまっていくのが目に見えて分かりとても楽しく、やりがいがありました。大学サッカーをBチームで終えたいと思えるくらい昨年同様に今年も最高のチームです。しかし、僕のこれまでの大学生活を振り返ると、今回のAチームに昇格するチャンスを手放すわけにはいきませんでした。

Aチームで活躍したいという思いを持って入学してから、嬉しい事よりも辛い事をたくさん経験しました。入学早々、長期離脱をしてしまい、その怪我が治ってもまた怪我をしてしまう、という事を繰り返し、入学してからの2年間はサッカーを満足にプレーする事が出来ませんでした。ようやくプレー出来ると思った3年目では、転がってきたボールに着地し両足捻挫という嘘かと思うような怪我の仕方をしてしまい、またもや長期離脱。本当に辛かったです。しかし、その時に気持ちが折れずにリハビリに励むことが出来たのも、「Aチームでプレーしたい。」「プレーしている姿を家族、支えてくれた人達に見てもらいたい。」という思いがあったからです。

目標であったAチームでプレーするからには今まで以上の覚悟と責任を持って、また、支えてくださっている方々への感謝の気持ちを忘れずにラスト一年全力でプレーしたいと思います。

4回生 槙島 隆介

2015-4-4
信じられるもの(黒川瑞穂)

小学生から大学生まで、唯一続いているもの、それがサッカーです。人生のほとんどの時間をサッカーに打ち込み、サッカーを楽しむことが生活の中心でした。当然いろいろなタイミングでサッカーを辞めることもできました。中学生になるとき、高校に入学するとき、大学生になり親元を離れるとき、 、、、しかし必然であるかのようにサッカーをすることを選び、ボールを蹴っていることが当たり前でした。サッカーをするためにいろいろなことを犠牲にし、サッカーを自ら辞めることなど考えたこともありませんでした。

しかし今年サッカーを辞めました。
ほとんどの同期部員がラスト一年サッカーをやり切ろうと決めたとき、一年早くサッカーを辞めました。
怪我で選手として辞めなければならなかったわけでもなく、誰かに辞めさせられたわけでもなく、もちろんサッカーが嫌いになったわけでもありません。

選手ではなくスタッフとして、プレーヤーを辞め、主務になることを決意しました。

そう決意した理由は一つです。
関西学院大学体育会サッカー部がなによりも好きであるということです。
今まで自分が生きてきた中で一番尊敬できる集団だったから、胸を張れる集団だったからです。それは別にスポーツとしての結果といった表立ったことよりも部員、スタッフに対してです。サッカー部の目的、目標のために必死になっている人たちがいます。口先だけではなく、自らの役職に責任を持ち、必ず日本一を体現しようとする部員がいます。僕は彼らのことを本気で信じることができました。
それなら、その舞台を準備しよう。日本一を獲得するための練習環境、組織作りをしよう。そう思えました。自分がサッカーを辞めることなど、みんなと目標を追い続けられるのであればなんの犠牲でもないと思えました。

僕が主務になったことでチームの目標に近づけるかは分かりません。ほんとうは違う人が主務をした方が良かったのかもしれない。僕より頭のキレる部員はいくらでもいます。
でも主務になりたいと思った。部員を思う気持ちがあれば能力なんて関係ないと思った。一部員としてではなく、もっと密接にサッカー部の目標に関わっていきたかった。それは本当に信じられる部員がいたから。だから僕はサッカーを辞める決断が出来ました。

関西学院大学体育会サッカー部は僕をここまで思わせてくれました。
そんなサッカー部の目標は日本一です。日本一になって称賛を浴びたいとか、友達に褒められたいとか、そんな甘いものじゃありません。全部員の自信に繋がる一年にしたい、関西学院大学体育会サッカー部の部員全員が日本一の集団に相応しいことを証明したい。ただそれだけです。

関学サッカー部に関わるすべての人たちを幸せにし、サッカー部としての目的、目標を達成するために、今年の一年の全てを捧げたいと思います。

4回生 黒川 瑞穂

2015-4-1
学生サッカーとの別れ(井筒 陸也)

プロになる人もならない人もいるけれど、ほとんどの四回生が今年本気のサッカーから離れ、そして全員が学生サッカーから卒業します。
だからと言って、サッカーとの縁は決して切れません。四年に一度のW杯イヤーに寝不足になるのは死ぬまで変わらないし、いつかはヨーロッパで生のサッカーが見たい、本気でそう思います。

けれどこれから先、赤の他人とここまでの絆を作ること、サッカーを通して自分と向き合い想いや感謝を伝えること、観る人の心を震わせ感動させること、自分は学生サッカーを止めてなお、そうしたことが出来るだろうか。学生サッカーから離れることは、誰もが持ち合わせてはいないような特別な手段を失ってしまうことなのかもしれません。だからこそ、その学生サッカーと別れる準備を、悔いのないようにしなければならない。

インカレで優勝しても後悔が残ってはダメなのです。今までサッカーをしてきてよかった、このメンバーに出会えてよかった、親に感謝している、自分はサッカーを通して成長できた、こういう言葉は本当に最後までとっておこう。出来れば口にせず、自分の胸の中でそっと感じていればそれで十分だと思う。使い古された言葉で区切れるほど、僕たちとサッカーの関係は希薄ではないのです。
仲間との絆はサッカーで深め、親への感謝は自分のサッカーで伝え、自身の成長は最後の瞬間までボールを蹴り続ける中で感じ、そこに嘘がないようにしないといけない。最後の一年、最後の一秒まで、これまで自分が、人生の中で一番の時間を費やしてきたサッカーに真摯でいたい。サッカーが好きという気持ちに嘘がないことを証明できる一年にしたい。

主将として自分の進路を、全ての時間を、彼女を(いない)犠牲にしてでも全力で頑張りたい。

4回生 井筒 陸也

42 / 42« 先頭...102030...3839404142
Copyright(c) 関西学院大学体育会サッカー部 All Rights Reserved.