部員ブログ

2015-9-25
光と影(清水 寿)

私が愛して止まないサッカーは、今までの私のサッカー人生を少なからず光り輝かせてきた。タイトルの大きさは別としてチームで優勝というものに昔から触れてきた。一ヶ月前、関学サッカー部は数ある大学サッカー部が目指す全国の頂点に立った。関学サッカー部は「全国制覇」という偉業を成し遂げ、幸いなことに私も一部員として、Aチームの歓喜の輪に入ることができた。創部初の日本一を成し遂げ、本当に嬉しかった反面、自分がほとんど関わっておらず、メンバーでもないのにこんなに喜んでもいいのか?と疑問が残り、自分がサッカー部に何かをしたから優勝したんだとは胸を張って言えなかった。それがすごくもどかしく、悔しかった。

この葛藤が自らの気持ちに様々な考えを生んだ。これから関学サッカー部にどのような形で貢献し、価値を見出して行くべきなのか?ということだ。私なりに考えた結果、謙虚さを忘れず、今よりもずっと関学サッカー部を愛し、味方、相手選手、親、周りの環境など全てに感謝を示し、尊敬する気持ちを忘れず、常に新しい事へチャレンジすることで今よりも更なる進化、成長が望めるのではないかと考えた。

しかし口ばかりでは誰も認めてはくれない。行動を起こさずに現状に満足し、文句ばかりでは今の自分を変えることはできない。自らを律して影の部分を無くし、胸を張ってサッカー部のために自分は行動できていると言えるのは自分の取り組み次第である。なので私は、これから残り少ない大学サッカー人生を輝かせ、悔いなく過ごす為の努力をして行き、関学サッカー部のために尽くしたい。

3回生  清水  寿

2015-9-18
目標と目的 (能瀬 泰行)

私のサッカー人生は、後悔が数多くあった。しかし、全てが失敗だったわけではない。中学、高校と全国を狙えるチームに所属していたものの、自分の代では不甲斐ない結果を残してきた。いつも目標である全国制覇を成し遂げるのは他の学年だった。もちろんチームが優勝するのはとても光栄なことであり、嬉しいことである。しかし、どうしてもピッチ上と応援席での喜びの度合いが違ってくるのは選手であれば当然のことだと思う。心のどこかに悔しい気持ちがある。

そして私は最後のチャンスである、「大学サッカーで全国制覇」という目標を達成すべく関学サッカー部に入部した。入部して二回生となった今年、チームは全国制覇を成し遂げた。比べることではないが、関学サッカー部での優勝は今までのなかで一番嬉しかった。自分はピッチに立っていなかったが、心の底からチームを応援し、優勝の瞬間チームが一つになれた気がした。そう思えたのは、関学サッカー部が素晴らしい組織であると感じたからだ。全部員が日頃の練習から全力で取り組み、学生主体でチームを動かしていく。私はこのような素晴らしい組織の一員であることを幸せに思う。

残り二年のサッカー人生であるが、私は関学サッカー部という全国制覇を狙えるチームに在籍している。もちろん優勝の瞬間をピッチで味わいたいという目標は選手全員の思うことであり、選手である以上その目標を失ってしまってはいけない。これは一つの目標に過ぎない。私がこの歳までサッカーを続けているのには目的がある。それは、大好きなサッカーを通して、多くの仲間と出会い、様々な経験をし、一人の人間として成長をする事である。サッカーをする上で、幼い頃から多くの犠牲を払ってきた。しかし、このことに決して後悔はしていないし、今までのサッカー人生で多くの貴重な経験をさせてきてもらった。支えてくれた周りの方々への感謝を忘れずに、この関西学院サッカー部で有終の美を飾りたい。

2回生 能瀬 泰行

2015-9-16
本気になれる場所(長沖 弘子)

ずっと憧れていた関西学院大学に合格することができ、これからの大学生活、何をして4年間を過ごそうか迷っていました。留学やバイトをして友達と旅行に行くという選択肢もありました。そこで友達に誘われてサッカー部の入部説明会に行きました。すると今までに見たことのない雰囲気や本気の集団に出会えました。そして、マネージャーの体験をし、サッカーの経験などありませんでしたが、この場所に身を置き、このチームに貢献したいと思い入部を決めました。そこから私の新たな生活が始まりました。すべてが初めてのことで戸惑い、ついていくことに必死でした。正直辞めたいと思ったことはあります。しかし選手の最後まで戦う姿が、私に戦うということを教えてくれ、ここまでやってこれました。

仕事にも慣れ、周りに余裕ができてきたころに、マネージャーのやっていることは直接結果に結びつかないし、いてもいなくても変わらないんじゃないか?と思えてきました。実際練習や試合で、ボトルに水を入れたり、ドリンクを作ったりと正直誰でもできる仕事内容です。しかし、学年が上がるにつれ見えてきたものがあり、私たちのサポートも試合に結びついていることを実感しました。そして影響力のあるマネージャーになろうと思いました。3回生の時に会計を務めピッチ外の面から引き締めようと思い制度を厳しくしました。最初は不安がありましたが、だんだんと選手も協力してくれ、その経験は私の自信へと繋がりました。

関学サッカー部には尊敬できる仲間が沢山います。全員が目標に向かってそれぞれの形で全力で貢献しています。だからこそ全員の力で日本一を掴み、笑って終わりたいです。そのために残された時間はもうあと4か月ほどしかありません。何気なく過ごしていく生活の中で、選手のためにできることは沢山あります。一日一日を大切にして本気でサッカー部と向き合っていきたいです。

4回生  長沖  弘子

2015-9-11
厳しさの中で楽しさを (菅原 翼)

自分の人生の中で唯一続けられていることはサッカーだけだ。
自分は今まで、楽な事と辛い事の選択肢があれば、喜んで前者を選んでいた。その場の楽しみだけの為に辛いことを避け続けてきた。自分の都合が悪ければ、他人や自分にだって嘘をついてきた。そのせいなのか、継続できている物事は全くない。自分の中では、辛い道を選ぶ事も必要だとわかっていたが、いつも楽しくて楽な道ばかりを選んでいた。
しかし、サッカーだけは違かった。サッカーを始めて13年目になるが、思い返せば断然辛いことの方が多かった。サッカーをやめることだって何度もできた。だが、今までこうしてサッカーを続けられてるのは、恵まれた仲間や環境に幾度となく助けられて来たこともあるが、サッカーなしでは送れない人生を送りたい気持ちが強かったからである。それは、唯一本気で打ち込めたサッカーから、得たものを人生に活かし続けて行くことだと思う。また、これが自分自身の家族や指導者や、今まで自分を支えてくれた方への、感謝の表現の仕方にも繋がると思う。

しかし、今の自分はまだまだ未熟である。最初にも言ったが、嫌な事をいつまでも避けていけるほど、世の中はそう甘くはない。だから自分は今年から、プレイヤーとしてサッカーをやりながら、チームの仕事もする、特殊な役職である「サブコンダクター」になった。自分がやらなくても、他にやってくれる人はいたと思う。だが、自分の中の、いつまでも逃げてしまう甘さを潰すいい機会だと思い、この役職につかせてもらった。仕事をしていくうちに、チームへの思いや、自分自身の成長を感じられるようにもなり、今では以前よりもサッカーと真剣に向き合えるようにもなった。

3回生の自分にはまだサッカーを通じて成長できる時間がある。だから、残りの時間、嫌なことから目を背けず、全力でサッカーに打ち込み、自分自身と向き合い続け、チームに貢献していきたい。
そして、今まで自分を支えてくれた全ての方に、サッカーを通じてできた自分の人間像で、感謝の気持ちを表していきたい。

3回生 菅原  翼

2015-9-4
成長(森 信太朗)

私は子供だった。実力もないのに天狗になり、練習は手を抜き世の中を舐めていた。技術さえあれば試合に出ることができると考えていた。しかし、関学サッカー部は私が考えている程甘くはなかった。試合に出場できないことへの不満もあったが、なによりサッカーを頑張ることの楽しみを忘れてしまっていた。今考えればなんともったいないことをしてしまったのだろうととても後悔している。

2年生の終わり頃、私は練習態度の悪さを理由に成山監督から退部処分を言い渡された。翌年3ヶ月間雑用を行い、選手に戻ることができたが、サッカーから離れていた約半年間で私の中の考え方がガラリと変わった。忘れていた「純粋にサッカーを楽しむ気持ち」や、「共に苦境を乗り越えてきた仲間達と何かを達成した時の喜び」を、その期間で思い出すことが出来た。その思いを常に意識し、一日一日の練習を大切にサッカーに取り組めるようになった。

4年生になり、ベンチスタートが多く、出場機会がないこともあれば、残り15分だけ出場することもあった。しかし、サブでも常にスタメンの選手と同じ気持ちで試合に臨めるようになっていた。
遠回りをしたが、私には必要な試練だったと今は思える。成山監督やサッカー部の仲間達にはとても迷惑をかけたが、チームのために貢献することにより、成山監督と仲間達にも恩返ししていきたい。

4回生 森 信太朗

Copyright(c) 関西学院大学体育会サッカー部 All Rights Reserved.