部員ブログ

2015-11-13
ここだからできたこと(鉄田 悠貴)

私は入学してからAチームのすべての試合をスタンドから見てきた。高校3年の2月から大学の練習に参加し、運のいいことにすぐAチームに上げてもらった。その後、少し経ってからBチームに落ちたものの「こんなにすぐAチームに上がれたし、またすぐ戻れるだろう、4回生になるまでにはAチームで試合に出れるだろう」そんな風に思っていた。しかし、関学サッカー部はそんな考えの奴にチャンスが来るほど甘くなく、それ以来一度もAチームに上がっていない。

自分の思いとは裏腹になかなかAチームに上がれない中、他の大学の試合を見たり、他の大学で活躍している同期を見て、自分の力不足にも目を向けられず「俺も関学じゃなかったら試合に出られたのにな」なんてことばかり考えていた。また、学年が上がっていくにつれ、同じカテゴリーからAチームに多くの仲間が上がっていった。そんな仲間を見る度「なんで俺だけ」と思っていた。そして、その悔しさを上手くサッカーで表現できず、手を抜いたり、コーチの指示を無視することで、他の人たちとの違いを出そうとしていた。今考えると子供だったし、本当に多くの人に迷惑をかけてしまった。

しかし、そんな自分に対しても、何度も何度も正面からぶつかってくれた当時コーチをされていた前田さんや、腐りそうになった自分を救ってくれた先輩や同級生のおかげで、人よりすごくたくさんの時間がかかったが、嘘のない自分の弱さに向き合えるようになったと思う。

Iリーグも負けてしまい、私が今からAチームに上がり、インカレに出場するという可能性もほとんどないと思う。けれど私には関学サッカー部にまだまだ返しきれていない多くの借りがある。だから残り2か月、遅い足を思いっきり回転させてグランドを走り回り、大きな頭でチームの事を考え、音痴なことは気にせず喉がちぎれるくらいの大声でグランドの仲間に声援を送り、自分ができる事で恩返ししていきたい。

4回生  鉄田  悠貴

2015-11-11
挑戦し続ける理由 (難波 圭輔)

辛い時、苦しい時、逃げ出したくなる時、ふと『自分はなぜ挑戦し続けているのか』考えてしまうことがよくある。

私は、高校を最後にサッカーから離れようと考えていた。満足のいく結果で終えることができたわけではなかったが、それなりにやりぬくことができた。だから悔いはない。そう考えていた。

だが、大学では関西学院大学サッカー部に入部した。“なりゆきで”という言葉を使ってしまうのは良くないが、特別熱い志や大きな理由があったわけではなかった。
しかし、入部して自分の考え、覚悟の甘さに気づかされた。関学サッカー部は、部員一人ひとりが本気でサッカーに向き合い、チームのために何ができるかを考え、自主的に行動する。私が今までに経験したことのない、遥かに意識の高い集団だった。このままでは、自分一人取り残されていく。そんな気がした。
周りについていくことで必死だった。それでも、辛い練習を共に乗り越えることでかけがえのない仲間ができた。日々の積み重ねが自分の可能性を広げてくれることを感じることができた。関学サッカー部という環境は、大学生活を充実させるとともに、人間的にも私自身を成長させてくれる。チームが全国制覇を成し遂げた今、そのチームの一員であることを誇りに思うと同時に、このチームに貢献したいという思いがより強くなった。さらに、サッカーに対する熱い志、明確な目標もしっかりと持つことができた。

そして今、私の周りには共に闘う仲間がいる。期待してくれる人がいる。応援してくれる人がいる。支えてくれる人がいる。だから自分は頑張る。頑張り続けなければならない。

これが私の挑戦し続ける理由だ。

2回生 難波 圭輔

2015-11-6
さあいまこそ楽観主義に!!(関 駿輔)

私が「サッカー部を一度退部した」という事実を知らない部員も少なくないのではないかと思う。規律に反した私は、なぜ「退部」という事の重大さに最後まで気付かなかったのか。それは自身の心の持ちようにあったと考えている。

突然だが、ここで2匹の蛙の話をしよう。
「ある日、2匹の蛙がミルクの入った壷のふちのところで飛び跳ねていました。突然、ミルク壷に落ちてしまいました。1匹の蛙は、ああもう駄目だ、と叫んで諦めてしまいました。そしてガーガー泣いて何もしないでじっとしている内に結局溺れて死んでしまいました。
もう1匹の蛙も同じ様に落ちたのですが、何とかしようと思って、もがいて足を蹴って一生懸命泳ぎました。すると足の下が固まりました。ミルクがチーズになったのです。それでピョンとその上に乗って外に飛び出せました。」

この2匹の蛙は「楽天主義」と「楽観主義」による違いがあると私は考えている。前者の蛙のような「楽天主義」は、何が起こっても大丈夫、何が起こっても悪い事は起こらない、失敗するはずがない、と思うだけで何もしない。そうではなく、後者の蛙のような「楽観主義」は、現実をありのままに見て、とにかくできることをやろうと思って、できることを努力する。
私はこの違いが非常に大事であると考えている。いわば、当時の私は「楽天主義」で、もう2度と同じ過ちを犯さないだろう、なんとかなるだろう、とばかり考えていた。過ちに対して反省もせず、挙げ句の果てに人のせいばかりにしていた。
しかし、いざ「退部」になった時に自分自身の考えの甘さに気付いた。「楽天主義」であった私は、現実を受け止め反省し、このままではいけないと思った。そして「楽観主義」の蛙の様に、行動を起こす事で再びサッカー部に帰ってくる事ができ、課題に対して反省し行動を起こす重要性を学んだ。

最近関学サッカー部は、負ける事が少なく勝つ事が当たり前になってきている。しかし、ここ数試合思うような結果に結びついてはいない。このような時だからこそ、「楽天主義」でどうにかなるだろう、どうせ勝つだろう、どうせ優勝するのだろう、と思っていては前者の蛙の様になって死んでしまう。そうではなく、「関西制覇・日本一」という目標を掲げている以上、しゃかりきにでも、全部員が「楽観主義」になってできることをしてみる。そうすれば、事態は変わり、目標に近づく事ができると思う。

私のように一度退部している人間が、このように偉そうな事を言える立場ではない上に、自身がやっているかと言われると疑問ばかり残る。けれども、このサッカー部に在籍している以上、残り約1ヶ月、自分の使命を最後まで果たし続けて「関西制覇・日本一」に貢献したい。

4回生  関 駿輔

2015-11-4
仲間のおかげで(高橋 諒)

10年以上サッカーを続けてきた。小学校、中学校、高校、大学。いつだってサッカーが中心の生活で、進路だってサッカーを一番に考えて生きてきた。もちろんサッカーが好きだということはある。しかし、いつからかは忘れてしまったけれど、サッカーが好きだからという理由だけでサッカーをやってきたのではないと感じる。サッカーのために、色々な犠牲も払ってきたし、今だってサッカーの無いオフの日がくればうれしいと感じる。それに夏の暑い日にハードな練習をしているときは、サッカーなんてなかったら夏がどんなに楽しいだろうかということをここ10年以上毎年感じる。また、現実的に考えて、プロにもなれないし、お金も時間も使ってサッカーをしていることに何の意味があるのだろうと考えることもたまにある。けれど自分はサッカーをやめなかった。今回部員ブログを書くにあたってなぜサッカーを続けてきたのだろうということを考えてみた。結局、核心に迫るような答えは見つからず、すっきりはしていないけれど、多分仲間のおかげであるだろうと思う。

いままでの人生で年代ごとに色々な組織に所属してきて、そこで仲間ができた。友達とも違うなんか特別な感情を持った存在で、こいつらとは死ぬまで付き合いを続けて行きたいと本気で思える。サッカーはチームスポーツであり、お互いが仲間のために走り、体を張る。そう考えてきたけれど、この部員ブログを書いて、改めて自分は仲間のためというより、仲間のおかげで動けているのではないかと感じてきた。

来年には最上級生になり、自分たちが関学を引っ張っていかなければいけない。サッカーのプレーで頑張るのはもちろんのこと、オフザピッチでもチームの仕事をやらなければいけないと感じている。今までの自分だったら組織全体のことなんて考えずにサッカーさえやっていればいいと思っていたけれど、今は本気で自分がやってやろうという気持ちに満ち溢れている。こういう風に自分が考えることができるようになったのも、また仲間のおかげであると思う。仲間のおかげで今の自分があるしこれからも成長できる。

最後にこの場を借りていままでの人生の仲間たちに感謝の気持ちを述べたい。そしてこれからもよろしく。

3回生  高橋  諒

2015-10-31
あと2か月(小林 成豪)

先日たまたまテレビで、ラグビー日本代表の試合をみました。南アフリカ戦をみた時、私はとても感動しました。なぜワールドカップでまだ一勝もしていない日本代表が、世界ランク3位の南アフリカに勝てたのか考えた時に、もちろん世界一過酷な練習量も要因だと思いますが、最後はやっぱり精神力の強さだと思いました。日本は全員が勝ちたいという気持ちを持っていたし組織力が凄かった。そしてなにより一生懸命プレーすることが、観ていた人に感動を与えたのだと感じました。

関学はサッカー部員の誰もが関西リーグ制覇や日本一と言う目標を掲げていますが、私個人は毎日の練習を全力でプレーすることを目標に挙げます。その結果日本一や、ラグビーの日本代表の試合のような感動を与えるプレーができると信じ、残り2ヶ月の学生サッカーを頑張っていきたいと思います。

私は、四年間関学のスタメンで出場していますが、なかなか勝てなくて辛い思いをした時も、チームメイトに励ましてもらい、ここまでくることができました。またサポート役に徹してくれている仲間もいます。誇りと責任を持ち、そして監督、スタッフ、家族など今まで支えてくださった人々に感謝し、関学サッカー部のためにも全身全霊で正々堂々とピッチの上でプレーすることを約束します。

4回生 小林 成豪

Copyright(c) 関西学院大学体育会サッカー部 All Rights Reserved.