部員ブログ

2015-5-8
Last year(佃 直樹)

本気で大学サッカーに打ち込むことが出来る時間があと1年を切った。

大好きだった先輩が次々に卒業していく中、気がつけばもう4回生だ。

この3年余り、関学サッカー部に所属して本当にいい経験をさせてもらっている。

それは、試合に勝ったりすることだけでなく苦しく辛い経験も含めてだ。

振り返ってみれば後の経験の方が多いように思える。

僕は理工学部なので疎外感が常にあって、実験などで練習に出られない悔しさと戦い、それを他人と比べてしまい泣きながら学校に通っていた時期もあった。

たった30分しかグラウンドに立つことを許されない日もあった。

でも、たった30分でも僕にとっては1日の中で1番の楽しみで生きがいを感じる時間だった。

そこには本気でサッカーに打ち込む仲間がいた。

どんな環境であっても関学らしく、全力で取り組んでいる仲間がいた。

何度も腐りかけたけど、グラウンドに行けば強くなれた。前向きになれた。

今までサッカーを続けていて本当に良かったと感じている。

微力ながら、関学サッカー部に貢献出来ることを幸せに思う。

だからこそ最後の1年、全身全霊で取り組み、目標を達成したい。

様々な想いを持つ仲間と共に日本一を掴みたい。

そして何より、本気でサッカーが出来る喜びを噛み締め、日々大切にしようと思う。

4回生 佃 直樹

2015-5-1
自分がやらねばならぬこと(坂口 直人)

今自分は何のために関学体育会サッカー部のコンダクターとして活動しているのかわからなくなることがある。11年間続けてきたプレーヤーとしての活動より意義を見出せているのか。選手を辞めてまでやる価値のあることをしているのか。怪我予防のテーピングを巻いているが、それが好きなわけではない。学生コーチとして練習メニューをつくり練習を行っているが、それが好きなわけでもない。上回生がいるにもかかわらずコーチとしてメンバーを決めるのは自分。ましてや自分は高い実績があるわけでもなく年間を通して1番下のカテゴリーであった。不平不満が出てもおかしくはなく、おそらく表に出ずとも裏では出ているだろう。当たり前ではあるがお金ももらえず、自由な時間もない。ではなぜ自分はコンダクターとして活動しているのか。この部員ブログを書くにあたって深く考えてみた。

答えは選手時代にも思っていたことと変わらず至ってシンプルだった。「本気でやってみんなと最後に笑いたい」。どれだけ考えても自分がコンダクターとして関学に関わっていく理由はそこに行きついた。去年もそうだった。選手からスタッフに変わったとき、モヤモヤした中で、とにかくがむしゃらに選手のために全力でサポートをしようとしていた。成山監督からは「お前の本気の気持ちがチームを動かす」と言われた。当時は半信半疑だったが、その意味は時間が流れていくにつれてわかっていった。本当に本気でチームのためを思ってやることで変わってくれる選手がいる。そしてその選手達がそうでない選手たちを巻き込んでいく。いつの間にか自分がみていたC3チームは、Iリーグという大会がなくとも本気でサッカーに取り組む集団になり、自分たちで目標を設定し、1つのチームとして動くようになっていった。Cチームのみで運営したKGリーグでは、最後にC3のチームが優勝し、みんなで喜んだ。その時自分は心の底からコンダクターをやってよかったと思った。

今年はコンダクターとして、学生コーチとしてC1チームにつくことになったが自分がやるべきことは変わらない。プレーヤーのように試合でゴールを決めたり、体を張ってゴールを守ったりなどチームに直接貢献することはできない。しかしそれと同じくらい本気でチームのためにサポートし続けることはできる。ラストイヤーの4回生には笑顔で終わってほしい。来年チームの顔となる3回生には笑顔で自分たちのシーズンを迎えてほしい。2回生にはサッカーに集中できる今年の1年を笑顔で終えてほしい。1回生には関学サッカー部に入ってよかったと笑顔で1年を終えてほしい。そして最後に自分自身が笑顔で1年を終わりたい。

3回生 坂口 直人

2015-4-29
怪我を乗り越えて… (望月 隼人)

サッカーには怪我がつきものですが、こんなにも怪我に悩まされる選手は多くないはずです。中学では、合計すると約1年サッカーができませんでした。高校では怪我は少なく、「大学に入っても怪我なく上を目指していこう」、そう思い入部しましたが、足首の怪我で2ヶ月、右膝半月板損傷で手術をし9ヶ月離脱しました。大学でも約1年間サッカーができませんでした。Aチームで試合に出ることを目標にやってきたことが否定されている気がしました。厳しい練習で、倒れそうになりながらも思いっきりサッカーをしている仲間を横目に何周グランドを走ったか数えきれません。「なんで俺だけこんな目にあうのか」何度もこう思いました。何度も泣きました。努力は嘘をつかないなんて言葉は嘘だと何度も思いました。しかし、ボロボロの身体であろうが痛かろうが私はサッカーがやりたいです。上を目指したいです。いつになるかわかりませんが痛みを感じることなく思いっきりサッカーがしたいです。

夢を追い、目標に向かって努力できる陰では多くの支援があり、サッカーができることは本当に幸せであることを人の何倍もわかった私の学生サッカー人生だと思います。そういった方に恩返しするには結果が大事ですが、全力でサッカーに取り組み、ひたむきな姿をみせることも大事だと思います。そうすることで結果もついてきます。「ボロボロになってもチームのために走りたい」そう思える仲間が関学にはいます。そういう姿を見せれば刺激を受け、もっと頑張ってくれる仲間がいます。自分が頑張れば「あいつらも頑張っているからもっと頑張ろう」そう思うAチームの仲間がいます。関学サッカー部はそういう組織です。怪我をし、多くを経験をしてきた私にしかできないことで貢献し、周囲に良い刺激を与えられる存在になり、最高の仲間と日本一になります。そのようにして学生サッカーに別れを告げたいです。

感謝の気持ちは、もたなければならないものではなく心の底から本気でもつものです。怪我を通して人間的に誰よりも成長したサッカー選手になります。それを関学サッカー部に還元し、存在価値を示したいです。人生の大半を注いできたサッカーに嘘はつきたくありません。納得できるサッカー人生にしたいです。私のサッカー選手としての生きざまを多くの方にみてもらい、関学サッカー部は日本一になり、少しでも多くの方を感動させたいと思います。個人としてもまだまだ上を目指していき、最高の学生サッカー人生だったと心から言えるよう残りの期間を本気で過ごしたいと思います。

4回生  望月 隼人

2015-4-24
楽しめる環境 (福冨 孝也)

2012年1月14日。その日、僕はセンター試験を受けに関学に来ていました。自分の進路のために、受験勉強の成果を出すために、とても気合いが入っていましたが、試験科目を間違えるという大失態を演じてしまいました。「何してんねん」と何度も思いました。しかし、その大失態は僕が関学、そしてサッカー部に入る運命だったのです。

僕は元々、大学ではサッカーを続けるつもりはなかったのですが、昔からのサッカー友達が関学に多くいること、そして、どうしても高校で経験できなかった高いレベルでのサッカーをしたくて、入部することに決めました。

関学での練習初日は乳酸というきついメニューでした。「きつい」などの弱音を吐いている人が多かったのを覚えています。僕もきつかったのですが、それよりもサッカーが上手い人たち、サッカーを死ぬ気でやっている人たちと一緒にサッカーをできている喜びの方が大きかったです。その気持ちは今でも変わりません。「きつすぎて倒れるんちゃうか」と思うような関学の厳しい練習では、いつも高校時代のことを思い浮かべます。あの時の緩い雰囲気でサッカーをするより、倒れてでも厳しい雰囲気でサッカーをする方が自分には向いているし楽しい、と。僕が経験したような高校時代を過ごした人は関学サッカー部には本当に少ないと思います。そのような経験をしたからこそ、今、サッカーを本気で楽しめる環境にあるということに喜びを誰よりも感じているし、みんなにもそのことを感じて欲しいと思います。

関学は、他大学に比べても非常にレベルが高く、どのカテゴリーも真剣にサッカーに取り組んでいます。サッカーを本気で楽しむ環境はどのカテゴリーも整っています。実際、去年の紅白戦は非常にレベルが高くて、おそらくAチームの人は全員、紅白戦がメチャクチャ楽しかったと思います。Aチームだけではなく、全カテゴリー、全選手がサッカーを本気で楽しめるようになったら、関学の掲げている目標を達成できると確信しています。

4回生  福冨  孝也

2015-4-22
本気になれること(才野 裕太)

この部員ブログを書くにあたって、これまでの自分の大学サッカーとはどんなものだったかと考えました。みんな同じかもしれませんが、僕自身もAチームで試合に出ることをイメージして入部をしました。しかし、自分が思い描いていた理想と現実は違いました。自分に対する評価に納得がいかないというより、上のカテゴリーの選手との実力差を突きつけられたという感じでした。しかし、そのような状況でもサッカーを続けているのは、本気でサッカーをしたいという思いがあるからです。大学時代は自由な時間が多く、様々な経験ができると思います。その中でなぜサッカーをしているのかと考えると、やはり、サッカーに本気で取り組むということが、いま一番やりたいことだからです。そして、関学サッカー部は本気でサッカーに取り組むことができる環境であるからこそ、関学サッカー部でサッカーしていると思います。あと一年本気でサッカーができることをかみしめながら悔いが残らないようにサッカーをしたいと思います。

関学での大学サッカーも4年目となり、ラスト一年となろうとしています。チームの目標は日本一です。自分がこれまで所属したチームは、日本一を狙えるチームではなかったので、日本一を目指すチームに所属していることを誇りに思います。けれども150人近く部員のいる関学サッカー部の中で日本一になるためにどういう風に貢献したらいいだろうか。
関学サッカー部にはそれぞれ役職があり、そこでの取り組みもチームに貢献するためのひとつの手段だと思います。その役職の取り組みをしたから、試合に勝ったとか、その結果がでたのはこの取り組みをしたからというふうに直接的にチームの結果になるわけではないと思う。けれども、役職でやっていることがチームの日本一につながっていると信じてやっていきたいと思います。

チームが日本一になったとき、自分は日本一を心の底から喜べるか。自分自身がピッチに立っていなくてもピッチの選手と同じように日本一を味わうことができるか。正直それは日本一になってみないとわからないと思います。だから、日本一になったときにやってきてよかったと思えるようサッカー部に向き合いたい。
そして、小学3年生からいままで13年間続けてきたサッカーのラストイヤーとして、サッカーに本気でいたい。

4回生  才野 裕太

Copyright(c) 関西学院大学体育会サッカー部 All Rights Reserved.