部員ブログ

2017-6-7
勝ちたい (首藤 美祝)

5月7日に関西学生女子サッカーリーグが開幕し、春季リーグ全7試合中5試合が終了した。
女子の関西学生リーグは、春季リーグと秋季リーグがあり、秋季リーグで上位(昨年は4位以内)に入ると、12月に開催されるインカレへの出場権が与えられる。春季リーグ1部で8位になると自動降格、7位は入れ替え戦へと進み、そこで負けると秋季リーグは2部で戦うことになる。
今年の目標である「インカレ初出場」という目標を叶えるためには、春季リーグ1部残留が絶対条件だ。
しかし関学サッカー部女子は開幕4連敗。前節は接戦をなんとか勝ちきって今期初勝利を挙げたが、現在勝点3で順位は7位。

リーグが始まる前は、「早く開幕してほしい」そう思っていた。しかしいざ始まってみると、公式戦という緊張感の中で毎週戦える楽しさと同時に、勝つことの難しさ、そして何より大きな悔しさが募るばかり。1試合終える度、残りの試合への不安と焦りが増していく。

試合映像を見直して「なぜあんなプレーをしてしまったんだろう」、「ここは違う判断の方がよかったのではないか」など、反省や後悔は尽きない。しかし終わってしまったものは変えられないので、次の試合のためにどう修正し、準備していくか。
私たちには練習を常に観てくださるようなコーチがいない。グラウンドも限られたスペースしか使用できない中、4回生が中心となって考えてくださったメニューをこなしている。また、男子チームの方が私たちの試合映像を観てアドバイスをしてくださったり、練習でも時おり指導していただいたりして、自分たちの現状を見つめ、改善している。

しかしこれまでの試合、サッカーの技術以前に気持ちの部分で負けてしまうことが多かった。
サッカーというスポーツをしている以上、誰もが勝ちたいと思っているだろうが、対戦相手、目の前の対峙している選手、そして自分に対して、どれだけ勝ちたいと思えるか。負けたくないと思えるか。その気持ちが少しでも劣ってしまうと、その時点で負けてしまうだろう。
私自身、精神論や根性論というものはあまり好きではないが、気持ちがなければしんどいときに走り続けることができないし、いくら技術があっても勝てない。
サッカーをやっている理由は人それぞれだが、「勝ちたい」と思う気持ちはとても大切だと思う。その貪欲な気持ちが、私たち女子チームにはまだまだ足りない。

そして、鶴監督や荒川コーチ、4回生が揃って口にする「スタメン、ベンチ、ベンチ外、スタッフ関係なく、全員で戦おう」という言葉がある。チームが1つになるためには、自分のため、チームのために、どれだけ本気になれるか。
私は現在レギュラーとして試合に出ているが、中学・高校時代はほとんど公式戦に出場したことがなかった。試合に出られない悔しさは強かったし、「チームのために」とは素直に思えない気持ちは大きかった。
関学サッカー部は素晴らしい人たちばかりだし、「チームのために」という気持ちはみんな持っているが、もっともっとやれるはずだ。みんなで高い志を持ち、同じベクトルを向くことができれば、今よりずっと大きな力を発揮することができると思う。

練習や試合で常に選手をサポートしてくださるスタッフさん、多くのアドバイスをしてくださる男子チームの方々、毎試合応援に来てくださる保護者の方々。たくさんの方々のサポートのおかげで、私たちは成り立っている。感謝を伝えるためには、結果で示すしかない。

私はDFというポジションにも関わらず、軽いプレーや失点に繋がるミスをして、チームに迷惑をかけてしまっている。
しかしこのブログを書くことを通して、試合にかける気持ちを再確認させてもらった。
「勝ちたい」。この気持ちを姿勢で示し、残りの試合、必ずチームを勝利に導く。1部残留、そして、インカレへ。

勝つよろこびを、みんなで味わいたい。

女子チーム 2回生 首藤 美祝

2017-5-31
魂の伝承 (能塚 銀也)

今回4回生、C2チームのキャプテンとして部員ブログを任され、まだ引退まで半年以上あるが少し寂しさが込み上げている。この感情に自分が関学サッカー部のことを心から好きで、虜になっていることに気づかされる。

良い機会であるので、人生の、大学サッカーの先輩として、後輩に伝えたいことを記そうと思う(普段口下手なので)。

それは「部員一人ひとりの取り組みが結果に結びついている」ということである。
「チームの日本一という目標を達成するために、どうやって組織に貢献するのか」という言葉は私自身、関学サッカー部に入部してから、耳にタコができるほど聞いたことがあるし、誰もが知っているだろう。大学サッカーで日本一になるチームとはただ単に上手くて、強い選手のいる組織ではなく、この言葉を理解し、行動することができる本当の意味で強い「人間」が多くいる集団であると私は感じている。そして、それが大学サッカーの可能性であり、醍醐味であると思う。だからこそ、関学サッカー部は「人間」的成長に重きを置いて活動している。

下級生であればあるほど、この意識を持つことは難しいだろう。入学したての1回生なら、なおさらだ。正直、自分自身が1回生の頃にそのような意識を持って日々の活動に取り組めてはいなかった。自己の評価や立ち位置に一喜一憂し、自分中心で物事を考えていた。「日本一になるためにどうやってチームに貢献するか」ということなど少しも考えられてなかったと思う。振り返ってみれば、あまりにももったいない1年だったと感じている。

だからこそ後輩には、そのような思いはさせたくない。確かに公式戦のピッチに立つことができるのは一握りの選手で、その他のメンバーは日本一に貢献できないと考えてしまうのは自然なことなのかもしれない。しかし、そんな考えで終わってしまうのはやめてほしい。この可能性に満ち溢れた大学サッカーという環境を最大限に楽しんでほしい。日本一になるためには必ず部員全員の力が必要であることを理解すべきだ。

しかし、恋愛と一緒で「○○のために」という感情は相手のことが好きでなければ湧きあがらない気持ちであると思う(大した恋愛はしたことないが)。だからこそ私は、関学サッカー部を好きになり、チームのために行動することができる人間が増えるように、部員一人ひとりと向き合い、つながりを大事にしたいと考えている。4回生として、現在はC2チームのキャプテンとして、1回生から4回生まで全員が帰属意識を持ち、チームに貢献したいと思ってもらえるようにこの一年を捧げたい。それが自分にしかできない組織への貢献であり、日本一を達成するためには必要だと信じているから。

そして、私はチームのためにどんな練習も試合も、応援だって手を抜かないと決めている。自分自身の一つひとつの取り組みが組織のためになると信じている。公式戦のないC2チームの選手であっても、これだけサッカー部に貢献できるということをピッチ、スタンドで表現してみせる。

最後に個人としては必ずIリーグに出場し、日本一に貢献する。チームとしては総理大臣杯、インカレの日本一を達成する。この大好きな関学サッカー部で、最高の同期と、(少し生意気だが)可愛い後輩と共に最高の景色を見たいから。

4回生 能塚 銀也

2017-5-24
「自分に次はない」(藤原 樹)

「四冠の関学は終わった。」
私はそう思う。決して弱くなったと言いたいのではない。二年前からメンバーがガラリと変わった今、「四冠の関学」は、「新たな関学」へと進化していかなければならないという危機感を私は抱いている。現状維持は衰退の始まりで、組織が結果を残し続けるためには変化し続けなければならないのだ。
 
新たな関学を作っていくためにはまず、四冠の関学が終焉したことを自覚する必要がある。もし自覚できたとしても過去の栄光と現在を比較して苦悩したり、新たなことを受け入れられない時期が来る。今の関学はそんな終わりと始まりの間で、もがいている状態にあると思う。

このように、サッカー部を進化させるためには、174名の部員一人ひとりが変わることが必要だと考える。ここでいう「変わる」とは、サッカー部の現実をありのままに受け入れ、各個人が今の発想や行動を、今年度の目的・目標達成のために最善となるように変えるということだ。

ただ、変化には犠牲がつきものだ。何かを犠牲にしなければならないこともこれからたくさん出てくるだろう。それでも大好きなサッカーで真剣勝負ができる喜びや、自分たちの周りには支えてくれる人たち、応援してくれる人たちがたくさんいることを考えれば絶対に頑張りたいと思うし、色んなことを犠牲にしてでも必ず結果で応えたい。

私は今年の春、チームのみんなの信頼を裏切るようなことをしてしまった。自分の浅はかな行動で、チームを目的から遠ざけてしまったことに対して、反省してもしきれない。正直、口だけの人間と思われているかもしれない。それでもチームが一体感を見せ日本一になるためにどうしても伝えたいと思い、部員ブログを書いた。
 
地に堕ちた信頼はあと二年かかっても取り戻せないかもしれない。それでも、チームの目的を達成するために、自分のちっぽけなプライドなんか捨てて、たとえ嫌われようとも私ができるベストな行動だと思ったら、何だってする。

もう私に次はない。こんな自分を変えたい。関学サッカー部で変われなかったら一生変われない。

私は本当に、覚悟を持った男になりたい。

3回生 藤原 樹

2017-5-17
関学サッカー部の一員として (青木 駿)

4月9日、天皇杯兵庫県予選決勝、私はピッチに立っていた。試合の重大さを分からず、ただただ公式戦に出場できる喜びだけが私を動かしていた。

試合は後半ロスタイムに同点に追いつくもPK戦の末、敗北を喫した。悔しがる先輩たち、そして、熱く応援し続けてくれている声援のなかで、ようやくその重みに気がついた。「負けられない」「勝ちたい」その気持ちが沸き上がるとともに、自分も関学サッカー部の一員であるということを強く実感した。

私が関学サッカー部に入部した理由。それは、部員一人ひとりがチームのために何をするべきなのかを常に考え、行動する主体性とその一体感に魅力を感じたからだ。

実際に活動していくなかで、さらに多くのことに魅了されている。日々の練習では、常にプレーの質、一つひとつの結果にこだわり、互いに要求し合い、激しく厳しい環境を自分たちで作り上げている。練習以外の面では、清掃活動やサッカースクール、講演会や木鶏会など、様々な視点からサッカーと向き合うことができる。そして何より、関学サッカー部には熱く温かい心をもった人達が大勢いる。

関学サッカー部は、日本一になるのにふさわしいチームであるということ、一人の人間として、学生として、人間的に成長できる環境があるということを私は確信した。

私が入部してからまだ数ヵ月しか経っていない。しかし、多くの刺激を受け、たくさんの感動を覚えた。一つの組織が同じ目標に向かって本気で取り組むことの素晴らしさ。自ら考え、行動することの偉大さ。「このチームで勝ちたい」そういう気持ちがさらに強くなった。応援してくれる人、支えてくれる人、そして仲間のためにも、この気持ちを忘れず、チームのために出来ることを体現し続けたい。

この大学四年間で様々なことに挑戦し、色々な面で自分を成長させたい。そして、関学サッカー部の主体性、一体感の中で、勝利に貢献し、日本一という目標を達成する。

1回生 青木 駿

2017-5-10
いま、ここ (竹本 将太)

過去を振り返ると多くの挫折を思い出す。小学校のチームでは全国大会出場を目指したが、準決勝で敗れて、それは叶わなかった。中学時代は横浜市大会でさえも勝ち上がることはできなかった。高校時代は無名校だが、全国大会出場に向けて本気で取り組んだ。しかし、総体予選も選手権予選もあと1勝で全国というところで敗れてしまった。あの時こうしていれば…と何度も後悔した。

同時にいつも未来への漠然とした不安があった。高校に入ったらすぐに試合に出られるだろうか。チームの掲げる県制覇を成し遂げられるだろうか。大学では本当にやっていけるのだろうか。関学は強豪で、なにひとつ実績のない私では一度も試合に出ることなく終わるのではないか。どのカテゴリーでもスタメン争いは熾烈を極め、Aチームに上がる事は到底叶わないかのようにも思えた。

遠い過去や未来のことでなくても、前の試合でなぜあのようなミスをしてしまったのか。次の試合では無失点で勝てるだろうか。日々様々なプレッシャーに押し潰されそうになりながら過ごしていた。

そんな不安を常に抱えていた私だったが、「嫌われる勇気」という本の一節を読んで考え方が一転した。

『人生は連続する刹那であり、過去も未来も存在しません。あなたは過去や未来を見ることで、自らに免罪符を与えようとしている。過去にどんなことがあったかなど、あなたの「いま、ここ」にはなんの関係もないし、未来がどうであるかなど「いま、ここ」で考える問題ではない。』

当たり前のことに気づかされた。ごちゃごちゃ考える前にとにかく目の前のことに真剣に取り組む。毎日の練習、その中のワンプレー、筋トレや食生活、睡眠に至っても、全てにおいてその時の最善を尽くす。

先日、Aチームへの昇格が決まった。与えられたチャンスにワクワクする気持ちもあり、早く関西学生サッカーリーグのピッチに立ちたいという焦りのようなものもある。だが、迷う必要はない。私のやるべきことは、「いま、ここ」に全力を尽くすこと。この瞬間を全力で生きること。それだけだ。

2回生 竹本 将太

Copyright(c) 関西学院大学体育会サッカー部 All Rights Reserved.