部員ブログ

2017-11-27
厄介者 (稲本 樹)

厄介者といえば私の代名詞。

はい、こんにちは、はじめまして。Bチームマネージャーをしています、稲本樹です。今回部員ブログを書かせていただくこととなったので、なにか印象に残ればと思い”厄介者”という題をつけました。

この題の通り、私は厄介者です。まずは名前です。私の名前は”稲本樹”と書いて”いなもといつき”と読みます。この世に生まれて21年、出席確認、一度も女性として呼ばれたことはありません。もう慣れっこです。2回連続間違えられたときは、そっと背筋を伸ばして綺麗な笑顔で「はい」と手をあげます。また、サッカー部となると、男性で同じ漢字で”たつき”や漢字は違っても”いつき”といった似たような名前の人もいます。いつきと呼ばれたらどっちかわかりません。厄介です本当に。でも嫌いじゃないです、この名前。なぜかは教えません。

さて、名前だけ厄介なのかと言われたら全然違います。中身も大変厄介者です。私が1回生の頃に4冠を成し遂げた井筒元主将には、問題児と言われ続けました。そりゃそうです、右も左もわからない1回生が主将に向かって反抗しまくりだったからです。その厄介者の監視は、代々主将に引き継がれている模様です。他にもあります。選手と言い合い、泣きながらの喧嘩もしましたし、先輩にも言い方がきついとか何回も同じことで怒られるし、そのくせにメンタルが弱くて身体をすぐ壊すし、これほどにも手がかかる厄介なマネージャーは私ぐらいです。

でも、私は今すごく感謝の気持ちでいっぱいです。
今年Bチームを任せてもらえるとなったとき、正直不安だらけでした。このBチームは試合のときは2チームに分かれます。でもマネージャーは私1人です。遠征で大変なときは1日に試合が4本。公式戦も他大学からのハシゴ。といったようなことは当たり前。もうこのシーズンも終わりかけになった今、こんな大変な日常を振り返ってみると多くの人に支えてきてもらったなと実感しています。他のカテゴリーのマネージャーには私の代理であったり、私が来るまで自分のチームと並行して準備を手伝ってもらったり、トレーナーには私が少しでも負担が減るようにたくさん助けてもらいました。

最初の頃は一人で抱え込みすぎて、選手との衝突がたくさんありました。後輩がしっかりしてくれないと言って衝突したことが懐かしいです。今では驚くほどしっかりしていて頼もしい後輩です。先輩には私のことをしっかり指摘されながらも、アフターサポートまでしてもらって、今では包容力満点の先輩たちです。同回生は、お調子者が多いですが1番笑顔溢れる人達ばかりでいつも笑わせてくれます。スタッフ陣は本当に頼もしいばかりで、私が1人でもやってこれたのは彼らのおかげです。本当にありがとう。みんな私の自慢のチームメイトです!

そして、もう1つ。私はみんなに謝らないといけないことがあります。全国を決める決勝トーナメント、B1、B2、両チームとも行くということはできなかったが、全国が決まってからは、全員が全国優勝を狙おうと激しい練習をこなしてきました。吐きそうになるぐらい走り込みました。闘志むき出しで中には練習中にぶつかり合うシーンも見てきました。みんな本気で練習していました。そんな中、私は1人勝手にプレッシャーを抱え込みすぎて体調を崩しました。やらなければならないのに身体が上手いこと言うことを聞きませんでした。3回生になってまで私は何をやっているんだと全国まで時間がないのに本当に情けない気持ちになりました。本当にごめんなさい。

ある日、チーム全員で個々に思うことを40秒間思いつく限り書き出すといったことをしました。私の欄には、頑張り屋とかいじられキャラなどが書いてありました。でもやっぱり最も多かったのは、1人で抱え込みすぎということで、そこからもっと自信を持っていいという意見もありました。やっぱりみんな見ていてくれた、もっと頼って良かったんだと。また、ここで1つの発見がありました。ずっと言われ続けた言い方がキツイと言ったところが、誰1人書かれていなかったのです。なんだかすごい嬉しかったです。何年もみんなに言われ続けたことを少し改善できたんだって。厄介者だけど、それを見捨てずに支えてくれた人のおかげでこうなれたんだと。

最後まで迷惑かけてごめんなさい。いっぱいありがとう!迷惑かけたぶん厄介者なりに最後まで全力でサポートします!!笑顔で終わりましょう!!

男子チーム3回生 稲本 樹

2017-11-26
封印されし者の左足 (星野 遼河)

正直言って、日常生活において左利きというのは色々と大変である。ICOCAはタッチしづらいし、バッティングセンターでは打席にすら立たせてもらえない時もある。だが、サッカーをする時だけは違った。みんなと違うことが有利にはたらいた。ここまでサッカーを続けてくることが出来たのも、そのお陰であると強く思う。左利きに生んでくれた両親には感謝している。

自分の1番の武器は何かと聞かれたら、私は迷うことなく「左足」と答える。チームメイトである上尾のプレースキックや、中野のドリブル、中井や中大路の強烈なシュートには本当に目を見張るものがある。しかし、そのような選手たちを常に間近で見てもなお、自分の左足だけはどこでサッカーをしても通用する自信がある。幼稚園の頃から、父と練習したインフロントキックでCKを直接決めていたし、小学校の頃は右サイドからカットインしてシュートを打てばほぼ決まった。中学生の頃はアップでラボーナキックをクロスバーに当てていた。今でも、気がつけば左足の前にボールがある。18年間という長い年月、いわば今までの人生を懸けて磨きをかけ続けてきた。

しかし、本気でするサッカーで、その左足を活用するのは残り僅かとなってしまった。サッカーから離れる覚悟は9割出来ているが、左足を今後活かせないことだけは本当に寂しい。そして、今後劣化してしまうことを考えると辞めたくないと思うこともある。だからこそ左足を存分に活かし、今年の目的でもある「観る人に感動を与える」プレーを魅せたい。関学を勝たせたい。

遊戯王デュエルモンスターズオフィシャルカードゲームで有名なカード「封印されしエクゾディア」のように、左足が封印される日も迫ってきた。もちろん、右足にも頑張ってもらうが(主に軸足として)最後は己の左足でIリーグのタイトルを獲る。

男子チーム 4回生 星野 遼河

2017-11-25
私にとってサッカーはプレーすることが全てだった (山口 嵩弘)

「何のためにサッカーをするのか」
「サッカーは手段でしかない」
関学サッカー部に入部してから、このような言葉を幾度となく言われてきたし、言ってきたと思います。
2年前の入部説明会で当時の主将である井筒陸也さん(現・徳島ヴォルティス)が「ただサッカーがしたいからとか、今まで続けてきたサッカーを高校で辞めるのが嫌だから、といった気持ちで大学サッカーをするなら入部しなくていい。それならサークルなり社会人でやればいい。」とおっしゃっていたのを今でも覚えています。サークルや社会人チームのことを軽視しているわけでは決してないですが、今なら少しは理解できていると思います。
当時は、上記のことを言われても何もピンとくるものはなかったし、むしろ「サッカーはサッカーでしかないやろ。サッカーしたいからするんやん。」と考えていました。そういう意味では今年の一回生は少し怖いです(他意はありません)。

私は、去年の4月に大怪我をして2回生時には2ヶ月ほどしかプレーをしておらず、復帰約2週間後にはコンダクターという立場のスタッフとなりました。その約10ヶ月の怪我期間と今年1年間のスタッフとしての活動を通して、サッカー然りそれ以外の物事についての見方や価値観がとても変わりました。
今までは、チームが勝利しても自分のプレーが良くなければ全く嬉しくなかったし、他人のために頑張るプレーをするなんて考えられませんでした。
しかし、サッカーをプレーすることから離れて多くのことを学び、感じました。今では、同期が活躍しているのを素直に喜べるし、選手同士がプレーについてああだこうだと言っているのを見るだけで嬉しいです。
とはいえ、とてつもなくプレーしたいし、おれならもっと出来るのに、やるのにと思ったり、ピッチに立っている選手たちに嫉妬することだってもちろんあります。

そこである時こう考えたことがありました。なぜ今まで自分のためだけにプレーをしてきて、「サッカーはサッカーでしかない」としか思っていなかった自分が、プレーをしていないのに満足感があり、仲間の姿を見るだけで喜べるのか。おそらくですが、サッカーをする「目的」が見つかったからだと思います。自分は「感動するためにサッカーをしているんだ。」と改めて気づくことができました。私の中での感動とは「喜怒哀楽」のことで、力強い親子の物語や良い映画を観た後のよく言われる感動とは、少し違うと思っています。

勝った時の「喜」や「楽」といった感情だけでなく、上手くいかない時の「怒」や負けた時の「哀」といった感情、それらを感じるために自分はサッカーをしているんだと思います。サッカーには喜怒哀楽が存分に含まれています。だからこそ、あそこまで世界中の人々が熱狂し愛し、時には人生を賭けてまでサッカーと向き合うのだと考えています。

私は、海外サッカーではよく見受けられる、小さい子供から若い女性、老人の方といった様々な世代の人達がたった一つのプレーで熱狂し、チームが負ければブーイングをし、タイトルをギリギリで逃せば涙を流し、当たり前のようにキッズたちが相手サポーターを野次ったりと、そういう姿にずっと憧れています。あのスタジアムの熱気や空気、一体感は言葉にできないものです(実際に現地で体感したことはありませんが)。

そういったものを、関学サッカー部で成し遂げたいです。この文章が掲載される頃には、今年それが出来る機会はもうBチームのIリーグ全国大会しか残っていません。今年のBチームなら実現できると確信しています。私は今年のBチームが大好きです。あと1週間もすれば今年のチームが終わると思うととても寂しいです。今のこの時間がずっと続けばいいのにと考えてしまいます。

今年、Aチームがインカレに出場することができなかった、C1チームがIリーグ関西年間総合優勝決定戦に出場することができなかった、C2チームは公式戦の舞台で戦うことができなかった、女子チームもインカレに出場することができなかった、それら全ての悔しさを背負ってBチームは仙台で躍動してきます。私はそれを最高の準備をして後押しします。万全な状態で選手たちをあの舞台に送り出します。この3150(最高。最近流行りの若者の言葉、最高の語呂合わせ)なチームが最後まで3150であるように全力で戦います。そして私は、みんなの輪の中か一歩外なのかはわかりませんが、今までになく感動していたいと思います。

男子チーム3回生 山口 嵩弘

2017-11-23
決意表明 (石井 佑樹)

今年のKGリーグで3回生コンダクター・西田健人率いるニシヤンホワイト主将の石井佑樹です。今回は、KGリーグ最終戦に対する決意表明をします。

 今年C1チームは「Iリーグ決勝トーナメント進出」という目標を掲げていながら、目標達成はおろか、なかなか勝てずA・B・C2チームにほとんど刺激を与えることができなかったと思っています。特に自分は、全ての試合に出させてもらっていながら、チームを勝利に結びつけられず、不甲斐なさを感じています。

 これまでを振り返ってみると、今年のC1チームに1番足りなかったものは「勝負強さ」だと私は考えます。「後1歩足を伸ばせば」「後1m走っていれば」「後もう少し頑張っていれば」という「後ちょっと」という練習での日々の甘さが積もりに積もって、Iリーグやダービーなど勝負の懸かった試合で勝てなかったことに繋がっているのだと思います。

 KGリーグが始まって西田に主将を任せられた時に、私は全てにおいて勝負にこだわることを決意し、メンバーに対しても厳しく言ってきました。今シーズンの限られた時間でも、とにかく勝負にこだわることで、1日1日成長することはできると思っています。

 私にはこのKGリーグで果たしたい目標が2つあります。それは、「全勝優勝」と「西田コンダクターを優勝させる」ことです。今年1月26日、西田はプレイヤーからコンダクターという立場に変わりました。KGリーグが始まり、1つのチームを見ることは初めての経験で不安も大きいと思います。その不安を少しでも小さくし、西田に来年、大きな自信を持ってチームを引っ張っていってもらうためにも私が優勝に導くしかありません。

 最終戦。相手はC1井上コンダクター率いる、4回生中心のチームです。今年はほとんど4回生の力になることができなかった分、最後に勝負にこだわる姿勢を見せつけ、勝利することで恩返しをします。

男子チーム3回生 石井佑樹

2017-11-22
旅はまだ途中 (満田 翔)

今シーズンも残りわずかとなった。今季を振り返ると、自分としてもチームとしてもあまり満足のいく結果が出ていない。

そんな中、今年もKGリーグ(関学Cチーム内で行われる部内戦)が始まった。私が所属するターキーレッグスは初戦で惨敗を喫し、チームとして最悪のスタートを切った。応援に駆けつけてくれた人達にも申し訳なく思ったし、チームの雰囲気はかなり落ち込み、個人的にも唯一の三回生でありもっとやれたのではないかと責任を感じた。

四回生が多くいるこのチームで私に何ができるのか。そう考えた時、チームがどんな状況でも戦い続けることだし、声を出し続けることであると思った。リーダーシップがさほどない私だからこそ、プレーや気持ちの部分でチームを支えなければいけないと感じた。

しかし、私の力だけでは足りない。どんなに一人が尽力しても組織を動かすことは難しい。皆が同じモチベーションで挑むことで大きな力になる。一人の百歩より百人の一歩。KGリーグのグループリーグでは皆の気持ちの部分が表に現れ、全員の力で一位・二位決定戦に駒を進めることができた。

人には必ず、得手不得手があり、人それぞれに活躍できる場所がある。今年の目的に「一体感の可能性」という言葉が記されてあるが、まさにそこだと思う。私はKGリーグ最終戦にこれらの意志を持って挑む。それが、関学サッカー部の力になると確信しているから。関学サッカー部を一つの船と考えるなら、私たち一人ひとりはその船のクルーである。それぞれの役割が違えど、全員の指針が一緒ならば船は前に進む。

全国大会を控えるBチーム。目指す場所は全て同じであるはずだ。全ては笑って終えるために。
今年の関学はまだ終わらない。
だって旅はまだ途中だから。

男子チーム3回生 満田 翔

Copyright(c) 関西学院大学体育会サッカー部 All Rights Reserved.