部員ブログ

2015-6-12
サッカーと向き合う (山内 馨介)

僕はこれまで何回も思ったことがあります。「なんで試合に出られないんだ。どうしてあいつが試合に出ているんだ」。ひどい時には「自分の出てない試合は別に負けてもいい」そう思うことだってありました。自分は下手だから、まだ未熟だからとわかってはいるものの、心のどこかで「自分はできる、本当はやれる」ということを勝手に思い込んでいたからです。そんな自分を正当化しようという気持ちがねたみや愚痴となって言葉として出てしまっていました。ですが、これは現実から目を背け、事実と向き合えずに逃げているだけだと気づきました。使えるから試合に出られる。そうでないから試合に出られない。ただそれだけのことです。

どこでどのように努力していたとしても、評価する人は他人であるのだから、自分の気持ちは関係ありません。ではなぜ、自分の気持ちが伝わるかどうかわからないまま、いい評価を受けられる保証もなく、見られているわけでもない努力をしているのか。

理由はただひとつ。サッカーが本当に好きだからです。本当に好きだからこそ、上手くいかない時はやめたくもなるし、自分が出てない試合は面白くありません。これは真剣にやっているからこそ、出る感情ではないかと僕は思います。自分で言うのもなんですが、”どうしてあいつが出てるんだ”や”自分が出てない試合は負けてもいい”などは本心ではありません。

本当は試合に出ている上手い人達がカッコよくて、羨ましくて、しょうがないのです。「自分もああなりたい、ピッチに立って活躍したい」。そう思っているのです。自分だけが辛い思いをしているわけがありません。試合に出ている人達は、自分のしていることよりも数倍努力しているからこそ試合で使われるし、目に見えない所で他人以上のことをしているからこそ上手いのです。

そのような人達が多いことが、現在、関学サッカー部が日本一を目指すことができ、強い理由の一つです。日本一という言葉は簡単には使えません。ですが、いまのチームは自信を持ってそう言えると思うし、全員がそのことに向けて真摯に動ける組織だと思っています。試合に出ている人が、こういう人たちの思いも背負いながら戦っているからこそ、応援する側も必死で支えるし、心の底から勝ってほしいと願います。

Aチーム~Cチーム、試合に出ている人出ていない人、考えること、思っていることは人それぞれ違うのは当たり前です。ですが、一つだけ一緒なのは、大好きなサッカーで勝ちたいということです。このことはみんなが変わらず持っているものだと思います。それが合わさった時に、勝利というものが生まれ、おのずと日本一というものが見えてくるのではないでしょうか。いつかその日が来るまで、たとえ試合に出られなくても、好きなサッカーに嘘をつかずに、真剣に向き合っている自分でありたいです。

3回生 山内 馨介

2015-6-10
関学サッカー人として (浅井 輝)

高校サッカーが終わり大学サッカーに進むことに迷いはありませんでした。関西学院大学サッカー部でサッカーができる喜びがあったからです。父がサッカー部のOBということもあり、幼い頃からたびたび試合を観戦していた、憧れのチームで自分もプレーすることができるからです。そんなチームで「レギュラーとして試合に出る」という強い希望を持って入部しましたが、現実はそんなに甘いものではありませんでした。公式戦どころか練習試合にも出られない。カテゴリーもなかなか上がれない今まで経験したことのない絶望と日々戦っていました。しかし、本気で上を目指す仲間、本気で日本一を目指すチームに刺激され初めて真正面からサッカーと向き合い、真摯に取り組めるようになりました。

関学サッカー部という日本一を狙えるチームに所属していることに誇りを持っています。日本一を狙えるチームは全国に多くあります。しかし、チームの上から下までが本気で日本一のために貢献しようと一生懸命に取り組んでいるのは関学だけではないでしょうか。私が主将をしている一番下のカテゴリーは学生コーチが指導していて定期的な公式戦もないチームです。しかし、選手たちがどんな練習でも、どんな練習試合でも関学サッカー部の代表という誇りを持ち全力で取り組んでいます。たまには弱音を吐くこともあるものの、日々飽くなき向上心を持ってサッカーに向き合い関学サッカー部の底上げをしています。私は間違いなくこのチームがサッカー部の根幹であり土台だと思っています。そして、私たち土台が頑張ることこそが関学サッカー部の強さに繋がると信じています。関学サッカー部は土台を非常に大事にしてくれます。だから、私はサッカー部が大好きでサッカー部の日本一のためになにがなんでも貢献したいです。

大学サッカーができるのもこの一年が最後です。サッカーでも人間的にも大きく成長させてくれた関学サッカー部に恩返しがしたい。そのために、最高の仲間たちと日本一を達成しなければならない。素晴らしい環境でサッカーができていることに感謝して、関学サッカー人として、残りの期間に全力を捧げたいと思う。

4回生 浅井 輝

2015-6-5
最高の親孝行を (阪口 博哉)

正直、高校2年生までは大学に行ってもサッカーをやるつもりは全くありませんでした。しかし、サッカーを続けていく中で、大学に行ってもサッカーをやりたいと思い、関学に入学しました。

入学すると、自分が描いていた状況とは全く違っていました。すぐに怪我をしてしまい、復帰をしても、調子が上がらない日々が続きました。その当時をふりかえってみると、サッカーに対してあまり真剣に取り組んでいなかったと思います。だけど、周りの人達が本気でサッカーをし、目標に向かって真剣にサッカーをしている姿を見て、自分もサッカーに対して取り組む姿勢が変わってきたと思います。

そして、昨年はB1チームとして、Iリーグ関西制覇、全国大会準優勝という貴重な経験をさせてもらいました。皆、試合に出ている時はサッカーが楽しいと思うけど、試合に出られていない時こそ、自分を見つめ直して、努力することが大事だと改めて思いました。

今サッカーがやれているのは、周りの人達の支えのお陰です。そしてなにより両親の支えがあって今までサッカーが続けられています。小、中、高、そして現在までずっとサッカーをやってきて、経済的な面で凄く負担をかけていると思います。大学からは一人暮らしをさせてもらって、そこで両親の存在、ありがたみなどがわかりました。そんな両親に対して、大学ラストイヤーの今年、何がなんでも目標である日本一を取って、最高の親孝行をしたいです。

4回生 阪口 博哉

2015-5-29
支える (武部 亜紀)

関学サッカー部には選手、スタッフ問わず尊敬できる人がたくさんいます。先輩だけではなく、同じ学年や後輩がチームのことを一番に考えている姿を見て、とても刺激を受けています。

私は高校時代にマネージャーをしていて、大学でも続けたいと思い、入部を決めました。

大学は高校と違って、プロを目指す選手もいる環境の中で、そんな選手のテーピングを素人の自分がしていいのか、と不安になりました。
しかし先輩は物怖じする事なく、テーピングやアップ、リハビリをこなしていて「私もいつかあんな風になりたいな」と思うようになりました。

私は誰かに指示をするのが得意ではありません。
一時期、本当に部活を苦痛にしか思えず、久々に会った母から「あまり笑わなくなったね」と言われ悲しくなりました。家族にも優しくできないのに、部活で選手を支えることなんてできないと思い、やめることを考えました。しかし、もう少し頑張ってみようと思い直して部活を続けていると、私の考えたリハビリメニューを一生懸命こなす怪我人の姿を見て、逆に自分が励まされたり、メニューをうまく伝えられず詰まった時には、選手が助けてくれたりしました。
私が選手を支えなければいけない立場なのに、逆に支えてもらってることに気づき、残りの大学生活、この人達のために頑張ろうと思いました。

自由な時間はほとんどありませんが、今過ごしている部活の時間はかけがえのない時間だということに4年目にして気づきました。

この出会いを大切にしてサッカー部で受けた恩を、後輩に引き継ぐという形で返せるように、毎日を大切に過ごしていきたいと思います。

4回生  武部  亜紀

2015-5-27
意志あるところ道あり(安達 大樹)

熊本、福岡、兵庫という地でサッカーをしてきて、出会った仲間は数知れない。これまで同じチームとして戦った仲間を忘れることは絶対にない。僕は運よく出会いに恵まれていたのかもしれない。今でも年末には同期の仲間とサッカーを楽しんでいる。1人でも多くの仲間ともう1度サッカーをしたいという気持ちもある。もし、このブログを読んでくれた友人がいれば、これまでの感謝の気持ちを込めて「ありがとう、またサッカーしようぜ」と伝えたい。

そして、大学サッカーを通して、また素晴らしい出会いに恵まれた。関学でサッカーをして、意識の高い集団が本気になって取り組むサッカーがこれほどおもしろいのかと衝撃を受けた。自分たちで納得いくまで話し合い、打開していく。お互いのイメージをすり合わせ、共有する。真剣な意見のぶつけ合いが自然と信頼関係を生む。本気で取り組まないやつには容赦なく、厳しい言葉が飛び交う。関学ではA~Cチーム関係なくあたり前に行われていることである。「類は友を呼ぶ」高校時代によく言われた言葉である。同じような意志をもった人物は自然と集まる、という意味である。まさに関学は全国制覇という意志をもった集団に変わりつつある。僕はBチームでサッカーをしている。本気でサッカーに取り組むことにAチームも、Bチームも、Cチームも関係ない。本気でサッカーに取り組む集団の強さ、そしてその素晴らしさを証明したい。そのためには関学サッカー部が結果を出し続けなければならない。自らで考え、行動し、結果を出す。学生サッカーに限界はない。

「努力に勝る天才なし
意志あるところ道あり」
(東福岡高校 校訓)

これほど熱くなれるサッカーに本気で取り組めるのもあと2年を切った。
全国制覇という意志を持ち続け、向上し続けること。そこに道が開けると信じている。

3回生 安達 大樹

 

Copyright(c) 関西学院大学体育会サッカー部 All Rights Reserved.