ご挨拶

古塚恵太郎監督からのご挨拶

古塚恵太郎監督
本年度より監督を拝命致しました、古塚でございます。
平素は関西学院大学サッカー部に対し、格別のご支援・ご声援を賜り誠にありがとうございます。

関西学院大学サッカー部は来年2018年に創部100周年を迎えます。
この節目を前に又監督就任にあたり、長きに渡り引き継いでこられた伝統に改めて敬意を表すると共に、これまでサッカー部の為に御尽力頂いた諸先輩方に深く感謝申し上げたいと思います。

さて、チームにとって本年は、監督交代、組織変更等変化の年になります。
4年生を中心に話し合いを重ね、今年のスローガンを「挑戦」としました。
まさに挑戦者として戦いに挑みます。

皆様、今年一年の関西学院大学サッカー部に是非ご期待ください。

下田義起主将からのご挨拶

下田義起
今年度主将を務めます、下田義起です。
いつも、私たち学生に多大なるご支援、ご声援をありがとうございます。

昨年はとても悔しい結果に終わってしまいました。私自身、プレイヤーとして何も貢献できなかったことに対する、悔しさと、気恥ずかしさと、複雑な心境でした。更には、当事者の学生だけではなく、関学サッカー部を卒業されたOBの方や、日々支えてくださる皆様も同じように悔しがられる姿を見て、改めて結果で恩返しをしなければならないと、強く感じました。

私は、2回生の時から学年リーダーとして、自らの学年をまとめてきました。そんな私の言動は、学年からの信頼を得ることに繋がり、4回生となる今、主将を務めることになりました。今まで主軸として活躍もしたことのない無名の私が主将を務めていいものか、すごく悩みましたし、実際に心配に思う声があがっているのも事実です。しかし、今年度の私の同期をまとめられるのは、誰よりも同期と向き合ってきた私しかいない。この同期達と歴史に残るようなチームを作りたい。そういった思いが勝り、主将になることを決意させて頂きました。

今年度も、関学サッカー部は、目的と目標を達成すべく活動していきます。
これらを設定したのは私たち4回生です。決めたことには責任を持ち、私を中心とする4回生が関学サッカー部らしい一体感を創造し、必ず成し遂げます。

今後とも、関学サッカー部へのご声援をよろしくお願いします。
Copyright(c) 関西学院大学体育会サッカー部 All Rights Reserved.