お知らせ

2017.02.05
2017年度 スタートミーティング報告
1月28日10時からスタートミーティングを行い、サッカー部の新体制や方針を発表しました。
毎年、4回生はスタートミーティングに重きを置き、多くの話し合いを重ねます。今年も私たちが成し遂げなければならないことを目的・価値観・目標・スローガンとして掲げました。また、役職や規則についても見直し、日本一を獲るための組織を整えました。
以下がスタートミーティングの詳細です。

目的

観る人すべてに一体感の可能性を示し、感動を与える

価値観

結果にこだわる    →  関学サッカー部らしさ
つながり  
感謝の体現  
学生の主体性  

目標

関西学生サッカーリーグ 優勝
関西選手権 優勝
総理大臣杯 優勝
インカレ 優勝
Jリーグチーム撃破

スローガン

挑戦

私たちが何のために活動するのか、何を成し遂げなければいけないのか、にあたるのが目的です。今年は「一体感」という今年ならではの特徴を出し、私たちサッカー部に関わる「すべて」の人に「感動を与える」という使命を目的に掲げました。
この目的を達成するために、今年のサッカー部が大切にする考え方、つまり価値観を設定しました。結果にこだわる、感謝の体現、学生の主体性は今までの関学サッカー部が大切にしてきたことを引き継ぎ、そこにつながりという今年らしい価値観を加えました。
また、目的を達成するための道しるべとしての目標に向かい、日々考え努力することこそが目的に近づける手段です。目標は達成するためにあるのではなく、目的を達成するためにあるということです。
そして、目的を凝縮したものとして掲げる今年のスローガンは「挑戦」です。監督が変わり、男子チームと女子チームが一つになり、チームとして大きく変わる今、挑戦し続けることが私たちの目的達成に近づくと思い、挑戦を掲げました。

役職

今年は、目的を達成する上で大切になる価値観の実現のために役職を設けました。なんとなく昨年までの役職を引き継ぐのではなく、なぜ役職が存在しているのかという部分から考えました。フィジカル・スカウティング・ファミリー・プロジェクト・アクティビティ・プロモーション・審判・コンプライアンスのリーダーがそれぞれの役職の存在意義や活動内容を発表しました。
今年も役職活動に全力で取り組み、部員全員で関学サッカー部を支えます。今年ならではの新しい活動を取り入れ、ひとりひとりがサッカー部の一員であるという帰属意識を強く持てるような組織にしていきます。
スタートミーティング スタートミーティング

規律

関学サッカー部が健全に目的、目標の達成するためにも、明確な規律を明記しました。部員が主体的に動くことと、自己の利益を優先して勝手な行動を起こすことには違いがあり、後者のような部員が増えれば組織は機能しません。そこで、部員一人一人が責任と自覚を持つことを改めて伝えました。
サッカー部が日々使用している施設や、備品、用具の使い方なども、全体で共有できるようにスタートミーティングの資料に規律として明記しました。
スタートミーティング スタートミーティング
最後に、古塚監督をはじめスタッフの方々からお言葉をいただき、主将・下田がスタートミーティングを締めました。
今年の関学サッカー部は常に挑戦し続け、さらなる進化を遂げる年になります。関学サッカー部として一体感の可能性を示しすべての人に感動を与えます。
これから目的という一つの方向へ全部員が向かうためにとても良いスタートミーティングとなりました。
スタートミーティング
Copyright(c) 関西学院大学体育会サッカー部 All Rights Reserved.