お知らせ

2018.06.20
第41回 総合関関戦の報告
 6月17日、関西大学千里山中央グラウンドにて、関西大学との総合関関戦を行いました。多くの部員と観客の皆様に応援に駆けつけて頂き、深く御礼申し上げます。独特の緊張感のある中で、試合を経験することができ、貴重な経験となりました。

 総合関関戦に向け、攻守においてハードワークし闘えるチーム、前からプレスをかけ続け、高い位置で奪い、縦に速いチームを目指して日々厳しい練習に取り組んで来ました。
試合は課題であった立ち上がりに、相手を裏返すことが出来ずにペースを握られ、立ち上がりにコーナーキック、サイドの裏を突かれ、立て続けに失点し、前半は0-4とされてしまいました。後半早々に一点を返し、猛攻を仕掛けましたが、後半終了間際に失点し、1-5での敗戦となりました。
この試合の相手は格上であり、攻守に闘う姿勢を見せること、そして立ち上がりに失点しないことを確認して試合に入りましたが、徹底できず、実力差を見せつけられてしまった試合となりました。

 我々、関学サッカー部は「共に闘う人の原動力であり続ける」を目的に掲げております。チームのほとんどが下級生であり、公式戦の機会が少ないC2チームだからこそ、日々の練習、練習試合、ダービー、限りあるすべての時間に全力を注ぎ、チームの勝利、そして一人でも多くの選手が上のカテゴリーで活躍する事が皆様の原動力に繋がる事を信じて、これからも精進して参ります。

 最後になりましたが、今回の総合関関戦の開催に尽力していただいた体育会本部の皆様、OBの皆様、関西大学の皆様、応援に駆けつけて頂いた皆様に深く感謝申し上げます。
今後とも、関学サッカー部への熱いご支援、ご声援をよろしくお願い致します。
4回生 米田隆太
集合写真
Copyright(c) 関西学院大学体育会サッカー部 All Rights Reserved.