お知らせ

2018.03.21
TRAUM CUP2018東日本 in SPRINGの報告(Bチーム)
Iリーグに向けて、チームのレベルアップを図るため、TRAUM CUP2018東日本 in SPRINGに参加いたしました。

1日目

vs 順天堂大学 ◯3-2
前半 1-2 山見大登(渡邉英祐)
後半 2-0 上田寛(木下哲郎)、中村匡克(渡邉裕斗)
遠征初日は順天堂大学との試合でした。
立ち上がりは前からの守備が上手くいき、開始早々先制点を決めることが出来ました。しかし、徐々に相手も慣れて来てボールを回され押し込まれるシーンが多くなり、我慢しきれずに失点してその悪い流れを断ち切れず、追加点を与えてしまいました。
後半は徹底して前から守備をかけ、後ろも連動し球際を負けないようにするという意識統一により、ボールを相手の高い位置で奪うことができました。これが実を結び、より早くゴールに向かうことができてチャンスが増え、結果的に3-2で勝利しました。
しかし2点とも防げた失点だと思うので、このような状況を無くすこと、点を決めきるところで決めきって、もう少し有利に試合を進めることという課題が見つかりました。
夜のミーティングではレクリエーションなどを行い、様々な学年の先輩とコミュニケーションをとることでお互いのことをより深く知ることができました。
新入生 小林 洵
宿舎 試合前
遠征スタート 意識を合わせて初戦に臨む

2日目

vs 東洋大学 ●2-4
前半 1-1 山田新汰(柿本大成)
後半 1-3 中村匡克(柿本大成)
vs 中央大学B ○8-0
前半 4-0 山見大登(渡邉英祐)、山見大登、山田新汰、山見大登(臼井貫太)
後半 4-0 山田新汰(山見大登)、山見大登(木下哲郎)、山見大登、成岡敬章
2日目は東洋大学と中央大学Bと試合を行いました。
1試合目の東洋大学戦は立ち上がりからハイプレスをかけて、先制点を奪うことができました。しかし相手の修正に対応することができず、逆転を許して負けてしまいました。
決勝トーナメントに進むためには、2試合目は大量得点で勝つことが必要でした。そのため試合前のミーティング、アップから入念にコミュニケーションを取り、臨んだ結果8-0と大勝し、1位で予選リーグを通過することができました。
この遠征を通じて、ひとりひとりがチームのためにいまなにができるのかを考え続け、周りに発信していくことができました。これを今回の遠征だけで終わらせるのではなく、継続して更にチーム全員が成長していけるようやっていきたいと思います。
1回生 柿本大成
入場 ミーティング
決勝トーナメント進出をかけ、負けられない 夜は全員でミーティング

3日目

vs 中央大学A2 ○4-2
前半 1-1 山見大登
後半 3-1 山見大登(渡邉裕斗)、中村匡克(柿本大成)、神谷直希
vs 早稲田大学 ○3-0
前半 2-0 山見大登(佐藤陸)、中村匡克(藤井万生、福重瑛貴)
後半 1-0 中村匡克(柴田祐輔)
遠征3日目は中央大学A2、早稲田大学との試合となりました。
決勝トーナメント1回戦の中央大学A2戦では、立ち上がりに失点してしまう苦しい展開でしたが、守備では前からの連動したプレス、攻撃ではサイドを起点としたくずしにより逆転勝利することができました。
準決勝・早稲田大学戦では、1試合目の反省を活かして立ち上がりに得点し、試合を優位に進めることができました。しかし、3-0となったときに守りに入ってしまい、ロングボールが増えマイボールの時間が少なくなりました。試合後、勝っている試合であっても相手や味方の状況を観て、プレーの判断をしないといけないという反省が上がりました。
試合終盤に失点してしまうことや試合の流れを読み、判断する力が課題と感じた一方で、1試合目の反省を2試合目に活かせたことや試合に出ている選手だけでなく試合に出ていない選手も一丸となって戦えるようになってきたことなどチームとしての成長も感じることが出来た1日でした。
2回生 高見英佑
新入生 ゴール
新入生もチームになじんできました ベンチメンバーもともにゴールを喜びあう

4日目

vs 順天堂大学 ◯9-0
前半 2-0 渡邉裕斗(山田新汰)、中村匡克
後半 7-0 渡邉英祐(柿本大成、小林洵)、山田新汰、山見大登、中村匡克(上田寛)、神谷直希、中村匡克(上田寛)、中村匡克(柴田祐輔)
遠征最終日の決勝戦は順天堂大学との対戦でした。この遠征の集大成として遠征で学んだこと、気づいたこと、成長したことを表現しようと試合に挑みました。
試合を通して前後半で終始相手を圧倒し、守備の面ではブロックを作り、取りどころを明確にして相手からボールを奪うことができ、攻撃に関しては相手のミスや気の緩みを見逃さず、大量得点で試合を終えました。
優勝という目標を達成するために1人1人が考え続けて行動に移し、チーム全員が同じベクトルに向いていたからこそ優勝を勝ち取ることができたと思います。
3回生 柴田祐輔
円陣 新人賞&MVP
気合いを込めて試合に臨む 新人賞&得点王の山見と、MVPの佐藤
私たちB1チームは、優勝という素晴らしい形で今大会を終了しました。遠征中の目的を「勝つための基盤作り」と掲げて大会に臨み、最高の結果で終わることができましたが、結果以上にたくさんの収穫がありました。
ミーティングを通じ、「勝つために何が必要なのか」を議論し、思考を止めず一人ひとり考え続けました。その結果、闘う姿勢やピッチ外がいかに大切かを再確認し合える良い時間を共有できたと思います。そのようなミーティングを繰り返すことで、日に日にチームが良くなっていくのを実感しました。試合に出場する選手、ベンチの選手関係なく、全員がチームの勝利を最優先に考えられるようになり、チーム力は一段と上がりました。
現状Bチームは4回生の人数が少なく、下級生が多いチームです。4回生がどう下級生を引っ張り、リーダーとなれるかがこれからの鍵を握っていると思います。今大会のように結果を出し続け、Bチームから1人でも多くAチームで活躍する選手が出れば良いかと思います。
最後に、今大会に携わって頂いた方々に感謝申し上げると共に、これからの関学サッカーが素晴らしい組織であれるよう、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。
3回生 佐藤 陸
Bチーム全員
Copyright(c) 関西学院大学体育会サッカー部 All Rights Reserved.