お知らせ

2018.09.16
時之栖サッカーフェスティバル2018 アンビションズカップ・サマー《前期》の報告(関学1)
チームのレベルアップを図るため、時之栖サッカーフェスティバル2018 アンビションズカップ・サマー《前期》に参加いたしました。

1日目

関学1 vs 城西大 ●0-2
前半 0-1
後半 0-1
関学1の御殿場遠征初戦の相手は城西大学でした。
朝からバスで移動したのちの試合と言うこともあり、心身共に試合の入りが難しくなることが予想されました。
開始7分で失点を喫し、前半は関学1らしさを出せずにそのまま時間が過ぎていきました。HTに一点ずつ返そうと意気込み後半に臨みましたが、後半9分に失点し、またしても出鼻をくじかれ0-2で敗戦となりました。 相手が関東の大学ということもあり、ふだん試合をして頂いている相手とは戦術等が異なり、終始自分たちのペースが掴めませんでした。しかし、そういった状況を打破できる個の力が必要だと痛感することが出来ました。
遠征1試合目で敗戦という結果になりましたが、成長には繋がる試合になりました。
1回生 板東 律
城西大戦 食事
気合を入れて初戦に臨む 食事の時間は楽しいひととき

2日目

関学1 vs びわこ成蹊スポーツ大 ●2-7
前半 1-2 山下皓大(清翼空)
後半 1-5 板東律(北尾涼)
関学1 vs 駒澤大2 △1-1
前半 0-0
後半 1-1 藤井万生
遠征2日目の第1試合はびわこ成蹊スポーツ大学1と対戦しました。前半先制したにも関わらず、逆転され2-7で負けてしまいました。内容としては、セットプレーや連続失点をしてしまうなど、課題の多く残る試合となりました。
2試合目の駒澤大学2との試合は、遠征に来てから初めてチームとしての良さや形がでたゲームとなりました。先制されるもその後追いつき、同点で終了となりました。勝ちきれなかったという課題は残りましたが、球際や走り勝つという部分では全員が意識し取り組めた一戦となりました。
3日目以降は下位リーグへの出場となってしまいましたが、切り替えてIリーグに繋がる試合をできるよう取り組みます。
2回生 清 翼空
ハイタッチ 晴天
勝利を目指し、全員でメンバーを送り出す 晴天に恵まれた遠征となった

3日目

関学1 vs 上武大2 ○2-1
前半 0-0
後半 2-1 藤井万生、大津歩睦(若尾海)
関学1 vs 流通経済大 △2-2(PK4-5)
前半 1-0 藤井万生
後半 1-2 大津歩睦
3日目の第1試合は上武大学2とのゲームでした。前半は相手のペースに合わせてしまったのか、自分たちのサッカーが出来ず、0-0で折り返す形となりました。しかし、ハーフタイムに意見を出し合ったことで後半は主導権を握り、PKと連続得点で勝つことが出来ました。
2試合目の流通経済大学戦は、前半サイドが起点となり先制してハーフタイムを迎えましたが、後半になって疲れが出始めピンチが増えていき、失点、そして追加点を許してしまいました。それでも諦めず後半ラストに追いつきましたが、PK戦で敗れました。
この遠征ではここまで内容と結果、共に良い試合がないので、最終日はその両方にこだわっていきたいと思います。
3回生 熊谷秀迪
流経大戦 水分補給
流通経済大戦スターティングメンバ― 暑さが続くので、水分補給をしっかりと

4日目

関学1 vs 大阪産業大2 ○3-0
前半 3-0 板東律(満田翔)、松井詢(丸山倫)、板東律(丸山倫)
後半 0-0
遠征最終日は大阪産業大学と試合をしました。
序盤から守備や切り替えのスピードで相手を上回り、自分達の得意とするショートカウンターから得点をすることができました。後半も全員が集中を切らすことなく3-0の勝利という結果で遠征の最終試合を終えました。
シーズンが始まってから結果が出ていましたが、今回の遠征ではチームとして上手くいかないことが多く、目標としていた優勝にも程遠い結果となりました。しかし、今回の多くの敗戦を通して、自分たちの弱さと向き合うきっかけを得られました。どうすれば勝てるのかをもう一度全員で考え続け、遠征の中で個人としてもチームとしても成長することができたと思います。遠征での悔しい経験を忘れることなく今後に繋げていきます。
最後に今回の遠征に携わって下さいました全ての方々に感謝を申し上げます。
4回生 山下皓大
最終日 ミーティング
遠征を勝利で締めくくりたい 全員で意識を合わせて試合に入る
C2関学2チーム全員
Copyright(c) 関西学院大学体育会サッカー部 All Rights Reserved.