お知らせ

2018.02.21
愛知・滋賀遠征の報告(Aチーム)
天皇杯予選とリーグ開幕に向けてチームのレベルアップを図るため、愛知・滋賀遠征を実施いたしました。

1日目

vs FC刈谷 ○4-2
1本め 1-1 宇都木峻(曽木友樹)
2本め 1-1 柿本大成
3本め 2-0 柄脇雅伸、徳田竣希
今回の遠征では、天皇杯での対社会人を想定した戦いをすることと、チームメイトの特徴を理解するという目的のもと行われました。遠征中は返事をするという礼の部分に留意し、またチームの中での自分の立ち位置についても考えました。
遠征1日目はFC刈谷と試合を行い、3本通して勝つことができました。
今回の遠征でのテーマはビルドアップです。試合前のミーティングで全員で話し合い、共通意識をもって取り組みました。チームとして、個人として課題が多く見つかったので、これからにつなげて修正したいと思います。
夜のミーティングでは、今日の試合の振り返りをして明日の試合で意識することを再確認しました。
1回生 徳田竣希
刈谷戦スタメン ミーティング
FC刈谷戦スターティングメンバ― ミーティングで今日の試合を振り返る

2日目

vs MIOびわこ滋賀 ●2-5
1本め 0-2  
2本め 0-0  
3本め 0-2  
3本め 2-1 宅野海里(橋本泰志)、徳田竣希(南島彰人)
2日目はMIOびわこ滋賀と対戦させていただきました。この日はビルドアップ、前線でのボール奪取、試合の入りをテーマとして試合に挑みました。
1、2本目は開始早々に失点してしまい、試合の入りとしていいものとは言えませんでした。テーマを意識するあまり、本来の戦う姿勢などが欠けていて、失点を重ねる結果となりました。
3、4本目は、1、2本目の反省からビルドアップを工夫し、攻撃することが出来ました。ですが、自分たちのミスから失点したり、カウンターを受けてしまうことが多く、課題もたくさんありました。
この試合を通じて、改めて試合の入り、戦う姿勢の大切さを実感しました。しかし、新しい形でのビルドアップに挑戦し、いい形を作れたことは良かったです。また、選手同士でのコミュニケーションも増え、試合の中で課題を解決する力もついたと思います。
2回生 宅野海里
食事 MIO戦スタメン
学年入り混じっての食事 MIOびわこ滋賀戦スターティングメンバ―
今回の遠征を通して、個人、チームとして多くの課題と成果を得ることが出来ました。
遠征の目的でもある天皇杯予選での社会人チームとの戦いに勝利するために、試合やミーティングを重ねて、チームとしての共通理解を深めることが出来ました。
一方で、上のレベルで戦う為の個人のレベルアップとチームとしての共通理解の浸透は必要不可欠な課題であると改めて認識しました。
残りのプレシーズンで一段と成長する為、日々の練習からこの遠征で得た経験を活かし、3月25日から行われる天皇杯大学予選に向けて良い準備をしていきたいと思います。
最後になりましたが、今回の遠征にご協力頂きました関係者の皆様に心から御礼申し上げます。ありがとうございました。
3回生 海口彦太
円陣
Copyright(c) 関西学院大学体育会サッカー部 All Rights Reserved.