お知らせ

2018.04.13
筑波遠征の報告
女子チームは、リーグ戦に向けたレベルアップのため、3/30~4/1に行われた筑波遠征を行いました。

1日目

vs 茨城フットボールアカデミー ●1-2
1本め 1-0 石淵萌実
2本め 0-1  
3本め 0-1  
遠征初日は茨城フットボールアカデミーと練習試合を行いました。朝からの長時間移動で少し疲れはありましたが、全員で盛り上げてしっかりとアップを行い試合に臨みました。3本の試合を通して攻守にわたり様々な場面でチャレンジするプレーが多く見られたことは、チームにとって今後のプラス材料になると思います。
1本目は1-0で勝利することができましたが、2、3本目はどちらも0-1と1点差の試合をものにすることができず、自分たちの練習の甘さが目に見える結果となってしまいました。日々の練習から常に試合を想定したトレーニングを積み重ねて行くことが大切だと改めて感じたので、今後の練習に生かしたいと思います。
夜のミーティングでは試合の映像を見ながら課題・成果を明確にし、2日目に向けて改善策を考えました。
2回生 中戸楓果
準備 初戦
入念に準備し、初戦に臨む いよいよ遠征スタート

2日目

vs つくばFC ●0-5
前半 0-2  
後半 0-3  
2日目は、午前中につくばFCと40分×2の試合をさせて頂きました。
チャレンジリーグのチームとあって、フィジカル、スピード、テクニック、全てのレベルが高くトップチームとの差を痛感させられました。いつも対戦しているチームとはプレースタイルが違う相手に対応できるようになるまで時間がかかり、合計0-5で負けてしまいました。私たちの課題が目に見えてわかる試合となりました。
午後からはチームビルディングとして学年対抗でレクリエーションを行いました。学年関係なく真剣勝負をすることで、サッカーだけでは見られない一面をお互いに知ることができました。同学年はもちろん、他学年との絆も深まり、充実した時間を過ごすことができました。
3回生 渡邉菜々
ミーティング 食事
試合前に全員でミーティングを行う しっかり食事をとって、試合に備える

3日目

vs 筑波大学 ●1-7
前半 0-2  
後半 1-5 石淵萌実
筑波遠征最終日は、筑波大学と45分ハーフで練習試合を行いました。同じ大学生の相手でしたが、1-7という大差で負けてしまい、実力の差を痛感しました。
新しい守備の仕方などをチームとしてチャレンジしていく中で、相手のサッカーによって試合中にやり方を変えることができるように、もっとチーム全体での理解を深めていく必要があると感じました。また、組織として勝つためには、一対一で負けないことが求められるので、個の力をより上げていきたいと思います。
格上の相手と試合をしたことによって、自分たちの課題が明らかなものになりました。それらを一つずつ克服していき、チームとして確立された状態でリーグ戦に臨めるよう取り組んでいきます。
最後になりましたが、この遠征に携わって下さった皆様、本当にありがとうございました。
4回生 津石尚子
アップ 課題
最終戦で、これまでの成果を出したい 遠征で出た多くの課題をチームとして克服していく
女子チーム全員
Copyright(c) 関西学院大学体育会サッカー部 All Rights Reserved.