お知らせ

2018.09.06
時之栖サッカーフェスティバル2018の報告
女子チームは、リーグ戦に向けたレベルアップのため、時之栖サッカーフェスティバル2018に参加しました。

1日目

遠征初日は雷雨のため、試合が中止となりました。

2日目

vs 日本航空高A ○2-0
前半 1-0 嶋垣莉沙
後半 1-0 橋本千尋
vs 帝京長岡高A ●2-4
前半 1-2 石淵萌実
後半 1-2 石淵萌実
2日目は日本航空高校、帝京長岡高校との試合を行いました。両試合ともラインコントロールについてや、前線と最終ライン・サイドの縦関係それぞれの場面での守備時の連携の部分での課題が多く上がりました。
1試合目は2-0で勝ちきることができましたが、前半は攻め急いでしまったり、遠征前から取り組んで来た3人目の動きのところでサポートを作れなかったりしました。後半は複数の関わりを持って、いい距離感を保ちポゼッションできるシーンも増えたように思います。
2試合目は前半サイドの速い選手に対して後手を踏んでしまい、クロスを簡単に上げさせてしまうなど相手に攻められる苦しい展開で、2-4となりました。2試合とも収穫の多いゲームでした。
3回生 三浦玲実
食事 テーピング
しっかり食事をとって、試合に備える 身体のケアについて学ぶ

3日目

vs 帝京大学可児高A ●1-2
前半 0-1  
後半 1-1 宮田夏実
vs OSAレイアFC ●0-3
前半 0-3  
後半 雷雨のため、後半5分で中止
3日目は雨と風がある中で、帝京大学可児高・OSAレイアFCの2チームと試合を行いました。
1試合目は前半0-1で折り返し、後半に1点取り返したものの試合終了間際に失点を許し、勝ちきることができませんでした。この試合では、接戦をものにするという難しさを改めて感じました。常にコミュニケーションを絶やさず、高い集中力を持ち続けることで、1試合1試合勝ちにこだわっていきたいです。
続く2試合目は自分たちのペースをつかむことができず、前半に失点を重ねてしまいました。ハーフタイムに守備のはめどころを話し合うことで後半開始から改善が見られましたが、途中で雷雨のため試合中止となりました。
夜の振り返りミーティングでは、組織で連携した守備を行うために、守備のはめどころを全体で話し合いました。
2回生 橋本千尋
帝京可児戦 食事
帝京大学可児戦スターティングメンバ― 食事の時間は、学年関係なく楽しいひととき

4日目

vs 東京国際大 △1-1
前半 0-0  
後半 1-1 オウンゴール
最終日は東京国際大学さんと試合を行いました。
どしゃ降りでピッチコンディションが悪く、思うように攻撃できない中、セットプレーからオウンゴールを誘い先制することに成功しました。
しかし試合終了間際のセットプレーで失点を許してしまい、勝ちきることができませんでした。
遠征期間、ミーティングを行いプレーの意識統一を図ってきていたので、集大成を見せたいところでしたが、天候の影響で思い通りのサッカーができず、さらには結果も引き分けに終わってしまい、納得いくものにはなりませんでした。
この5日間を通して、勝負どころで勝ちきれないのが今のチームの現状です。この結果を真摯に受け止め、1か月後に迫るリーグまでに個人のレベルアップを行い、チームの総力に繋げたいです。そして今度こそ今年度のチームの集大成をみせ、1部昇格を実現できるよう取り組んでいきたいと思います。
最後になりましたが、この遠征に携わって下さった皆様、本当にありがとうございました。
4回生 池田奈津美
雨 課題
どしゃ降りの中、しっかりと準備を進める 収穫とともに多くの課題も見つかった遠征となった
女子チーム全員
Copyright(c) 関西学院大学体育会サッカー部 All Rights Reserved.