KGリーグ チーム紹介

クレセントブルー クレセントブルー
クレセントというのは三日月のことです。KGリーグにおいても、関学らしく誇り高く戦い続けること、残りのシーズンを三日月戦士として最後まで全力を尽くすことで、C1としての存在価値を示し続けたいという想いを込めています。
公式戦ではありませんが、AやBに負けず劣らず関学らしさ全開で残りの期間やり抜くという気持ちでこのチーム名になりました。
KGフラッグス KGフラッグス
Cチームとして残り2ヶ月何ができるのか。それはチームとして選手としてレベルアップをすることと、トップチームへの応援です。
絶えまない変化を意味するFlux(フラックス)と、応援の象徴とされる旗・Flag(フラッグ)の2つをかけあわせて、KGフラッグスというチーム名にしました。
絶えることなく個をチームを磨き続け、関学を変化させ続けるという想いと、旗として自らを掲げ、最後まで関学の応援をし続けるという意味を持っています。
AMW AMW
「All member win」の頭文字をとってこの名前をつけました。C2は一人一人の技術が低いため、勝つためには全員でチームとして戦うことが必要です。これまでも個人ではなく、チームとして戦うことを大切にしていたので、チーム名でその想いを表しました
不死鳥 不死鳥
これまで続けてきたサッカーに対してどんな状況に立たされたとしても、最後まで自分の力を出し切り役割を全うすること、また、その上で勝負に負けない、がむしゃらに頑張るという気持ちを表現するチーム名です。
Copyright(c) 関西学院大学体育会サッカー部 All Rights Reserved.