お知らせ

2014.12.23
第63回全日本大学サッカー選手権大会の報告
 今年度はここまで総理大臣杯ベスト4、Iリーグで準優勝という結果を残してきましたが、目標である日本一には一歩及んでいませんでした。インカレは全部員が日本一を獲りたいと気合十分に挑んだ大会でしたが、準優勝という結果に終わりました。去年の4回生の悔し涙を胸に戦いましたが、またしても悔しさの残る大会になってしまいました。しかし、目の前で優勝されるという経験を味わった来年の関学は、この気持ちをバネに今年届かなかった日本一を達成してくれると信じています。
 4年間関学でサッカーをやらせていただいて強く感じたことは、我々選手は支えてくださる人がいて初めて集中してサッカーをすることができているということです。OB、OG、学校関係者の皆様が常に応援してくださり、学生スタッフやコーチングスタッフがサポートしてくれたことが、今年一年の結果に結びついたと思っています。それに対する感謝の気持ちを言葉ではなく、結果で示したかったのですが叶わなかったことを申し訳なく感じています。来年、よりよいチームとなり、日本一を掴みとるためにも、また皆様のお力が必要になると思いますので、来年もご支援ご声援のほどよろしくお願い致します。
 一年間本当にありがとうございました。
主将 福森直也
集合写真
Copyright(c) 関西学院大学体育会サッカー部 All Rights Reserved.