お知らせ

2015.11.25
Iリーグ2015【関西】表彰のご報告
Iリーグ2015【関西】の表彰で、以下の通り各賞を受賞しました。
B1 ■年間総合第3位
■Aブロック優勝
 関西学院大学B1
 今年度、ブロック優勝、年間3位になることができて嬉しく思います。1年間の積み重ねにより、このような結果を得ることができました。しかし、年間3位と全国大会に出場できず目標としていた全国制覇できなかったことは大変悔しいです。
 それでもこの1年間戦ってこられたのは、チームメイト、スタッフ、OBの方々、関西学生サッカー連盟の方々など携わってくれた全ての人たちのおかげです。
 1年間ご声援ありがとうございました。
(コメント/鉄田悠貴)
■Bブロック3位
 関西学院大学B2
B2
 今年はBチームとしてIリーグ全国優勝と言う目標を立て、活動してきました。しかしB2としてはリーグ3位と言う結果に終わってしまい、非常に悔しい気持ちです。勝たないといけない試合を落としてしまうなど、リーグ戦の間に何度も苦戦を強いられることもありましたが、最後まで戦い抜けたのはB2チームを応援してくれた仲間であったり、運営などをしてくれた仲間がいたからです。
 1年間ご声援ありがとうございました。
(コメント/阪口博哉)
C ■Cブロック3位
 関西学院大学C
 ブロック3位という成績を思い返すと悔しさが募る一方ですが、それでも様々な方に対しての感謝の気持ちでいっぱいです。
 あと一歩のところで決勝トーナメント進出を逃し、Iリーグは非常に悔しい気持ちばかりが残りました。学生主体でのチームの可能性を大いに感じるとともに力不足も痛感させられました。
 残りの期間、インカレ決勝まで全力で精進し、主体的に取り組み続け、関学サッカー部全員の力でインカレ優勝を成し遂げたいと思います。
 1年間ご声援ありがとうございました。今後ともご指導ご声援のほどよろしくお願い致します。
(コメント/望月隼人)
■Bブロック フェアプレー賞
 関西学院大学B2
フェアプレー
 今年度、フェアプレー賞を頂くことができ、大変嬉しく思います。日々の練習での激しくもノーファウルといった、厳しい練習がこのような素晴らしい結果として証明されたと思います。今後とも、激しいプレーの中でもフェアプレーを心掛けて、日々の練習、試合をより良いものにしていきたいと思います。
(コメント/尾上朋大)
安達大樹 ■アシスト王(11アシスト)
 安達大樹(MF・3年)
 今回、このような賞を頂くことができましたが、チームとしてIリーグ全国大会出場という結果を残せなかったことが何より悔しいです。
 私のアシストの多くはセットプレーによるものです。それは今シーズン、チームとしてセットプレーにこだわり、試行錯誤を重ねてきた結果であると思っています。シーズンを通してセットプレーのキッカーを任せてくれたチームメイトには本当に感謝しています。
 今年1年Iリーグの運営や応援でチームを支援してくれた方々、本当にありがとうございました。
■ベストマネージャー賞 ベストマネージャー
 今回このような賞を関学として受賞することができ、大変嬉しく思います。武部、高橋実行委員、ミスなくメンバー提出などをしてくれたマネージャー、学生主体で運営するIリーグにおいて協力してくれた監督、コーチに感謝します。
 特に会場運営においては、Iリーグにも出られないCチームのメンバーもグランドに何時間も残り、上のカテゴリーの試合の運営をしてくれました。何人もの部員が今年のスローガンである「Keep Going」のように関学らしく、正しいことをし続け、体現したことがベストマネージャー賞として形に残ったことに繋がったと思います。これからもこの賞を関学が受賞することに対して、驚きが無くなるようにしていきたいです。
 この賞を形として残してくれたCチームに対して、恩返しをしないといけないと改めて強く感じています。残り2週間のCチームの活動期間で3つのことを私自身しなければならないと考えました。1つ目はCチーム内で行われているKGリーグの応援や運営の手伝いをすること。2つ目は少しでも公式戦の雰囲気に近づけるためにも、普段応援してもらっているA・Bチームの人達を巻き込んで少しでも多くの人に応援に来てもらうこと。3つ目は普段の練習からCチームのサポートをすることです。当たり前のことですが、このようなことをこれからも続けて、恩返ししていきます。
(コメント/石本大祐)
Copyright(c) 関西学院大学体育会サッカー部 All Rights Reserved.