お知らせ

2016.02.23
スポセン合宿の報告(C1チーム)
C1チームは2/9~12に関西学院大学スポーツセンタで合宿を行いました。

1日目

今回のスポセン合宿のテーマは「相互理解」です。1日目は、練習前にミーティングを行いました。ミーティングでは合宿の趣旨の説明や新4回生の今年に賭ける思いを発表しました。練習はオフ明けという事もありそれほど負荷の高くないメニューで、良い雰囲気で行う事ができました。
スポセンに入館後入浴、夕食を挟みミーティングを行いました。夜のミーティングでは「自己理解を深め、それを生かしたチームへの貢献の仕方を考える」、「チームメイトについて考え、発言する事で今後、より本音でぶつかり合える関係になっていく」などを目的とし、自己分析・他己分析を行いました。
最初に自己分析を長所短所について行い、次は班ごとに班員一人一人の長所短所について考え、発表し合うという形式で、2セット行いました。
普段のサッカー中以外であまり関わらない選手からの意見も聞く事が出来、考えさせられる部分も多く、実りあるミーティングになりました。
3回生 坂下泰士・北村征也
ミーティング1 ミーティング
合宿の主旨を説明 互いのことを発表しあう

2日目

合宿2日目は午前中にピロティでランニングトレーニングと筋トレを行いました。
午後の練習では紅白戦を中心に行いました。まだまだ成長半ばではありますが、初日よりも質の高いコーチングやプレーが見られお互いを高め合うことができました。
夜のミーティングでは、「自己紹介」をしました。一人ひとり異なる質問内容に対して率直な思いを語ることで部の活動以外の面もさらけ出し、学年を超え互いをより理解するきっかけとなりました。
相互理解を深めることでチームメンバーとして、お互いにストーリーを共有することや人物像が見え、信頼しあえる仲になり、まとまりのあるチームに近づくことができました。
3回生 松岡 哲・中本 樹・濱崎優志
夕日 自己紹介
一日を共に過ごし、互いの理解を深める 全員の前で自己紹介

3日目

スポセン合宿3日目は、朝練は行われず、午後からのトレーニングのみとなりました。
午後のトレーニングでは、疲労も見える中お互いが声を掛け合い切磋琢磨し、いいトレーニングが出来たと思います。
その中でもお互いに要求する声が増えてきたのはこの合宿を通じての成果だと感じました。
そして、夕食の後、レクリエーションとして「ディベート大会」を行いました。議題は、サッカーとサッカー外についてでした。
相互理解の面において、全員が考え、発言し、その考えをメンバーで共有する事ができ、狙い通りの結果が得ることができたと思います。
これを活かし、普段の練習や試合から、学年関係なく意見しあえるような関係を築いていきたいです。
3回生 日内地亮・赤星雄祐・中牧圭啓
ピロティでトレーニング 合宿のしおりを使ってミーティング
ピロティでトレーニング 合宿のしおりを使ってミーティング

4日目

スポセン合宿最終日では午前中に地域清掃を行いました。活動中はコミュニケーションを取りながらも熱心にゴミを拾うことができ、合宿での共同生活がいい影響を与えてくれたように感じます。また、日頃から多くの方々に協力してもらい、自分たちがサッカーに取り組めていることへの感謝の気持ちを持つきっかけにもなったと思います。
午後からはグランドにて紅白戦を行いました。コミュニケーションを活性化させることを目的として行われたレクリエーションが両チームともに現れ、紅白戦が緊張感ある試合となりました。
スポセン合宿での共同生活を通し相互理解が深まったことが、個人としてもチームとしても良い刺激になり、それが現れた最終日となりました。
3回生 村上博亮
清掃1 清掃2
地域の清掃 小さなゴミも見逃しません
3泊4日のスポセン合宿では『相互理解』という大きなテーマのもと4日間の活動をしました。合宿では主に日中は練習し、夜はレクリエーションを行いました。練習は、チーム全員が意見を言い合うこと、勝負へのこだわりを意識する事に重点をおき、取り組みました。レクリエーションは、他己分析、自己紹介、ディベートを行いました。レクリエーションを経て、他人から見える自分を知ること、自分のことを相手に伝えること、物事を考えて発言することができました。
スポセン合宿を終えて、確実にチームメイト、一人ひとりの距離は縮まりました。この合宿での経験を、ピッチ上で表現することが大切であるので、日々の練習から意識して取り組んでいきたいです。C1チームとして上のカテゴリーへ多くの選手を輩出すること、チームとして強くなりIリーグで結果をだすことを目指し、日々精進していきますので、こらからもご指導ご声援の程よろしくお願い致します。
3回生 菅原 翼
メンバー全員
Copyright(c) 関西学院大学体育会サッカー部 All Rights Reserved.